« KTで練習@NTC | トップページ | SEB presents 頭文字D ARCADE STAGE 4 original soundtracks »

2008年4月 6日 (日)

鶴ヶ城と戊辰戦争と

Tsurugajoimage001先日から一部地域で色々と問題になっています、TBSのクイズ番組の鶴ヶ城の回答の件ですが、TBS側が謝罪報道をするというところまで話がデカくなった様です。

戊辰戦争開戦から140年の節目で、この出題と回答は無いだろうなと。当然と言えば当然。
おそらくこの報道を持ってしても会津若松市民からはずっと文句を言われ続けるんだろうなと思います。

鶴ヶ城開城が遅れた理由はWIKIPEDIAにも書いてある通りですが、それがどこまで本当か判らないにしても(百科事典とはいえ人が書くもの。執筆者のバイアスは差し引く必要がある)、クイズ番組で正解とされた回答だけでは無いでしょう。
そりゃまぁ……TBS側からしたら「笑える回答」ということでウケを取れると思ったのかもしれませんが、この出題・回答に限らず、史実を扱う問題には必ず検証と配慮と場合によっては出題ボツにする判断が要るのを今後に活かしていかないと、組織としてTBSどうよ、という話になってきます。

「勝てば官軍(、負ければ賊軍)」という俗謡がありますが、旧会津藩に代表される「賊軍」のレッテルを貼られた人たちの名誉回復は、戊辰戦争終結48年後の戊辰戦争殉難者50年祭(盛岡で開催)で、原敬の「戊辰戦役は政見の異同のみ」にて成されています(asahi.comの2007年4月20日の記事)。

ただ、戊辰戦争、このケースは会津戦争ですが、若松市民のご年配の方々に取っては未だ持ってナーバスな話題らしいです。市民感情からもこの争いに関する憤怒の念は拭えず、20年前には萩市から持ちかけられた友好都市締結を蹴った経緯もある様です。
戦に勝った側が負けた側の気持ちを理解するのに、時間では計れないものがあるように感じる次第です。

鶴ヶ城はお花見には絶好のロケーションです。もう1週間もしたら桜は満開になるでしょうね。
話題に取り上げられたきっかけは何かアレですが、もし興味があったら鶴ヶ城と会津管内の街並を訪ねてみてはいかがでしょうか。明治維新の頃に想いを馳せるのもいいですし、会津管内の美味しいモノに舌鼓を打つのもいいです。
でも、鶴ヶ城のお堀に飛び込むとタイーホされる(?)ので気をつけて下さい(^_^;)

|

« KTで練習@NTC | トップページ | SEB presents 頭文字D ARCADE STAGE 4 original soundtracks »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴ヶ城と戊辰戦争と:

« KTで練習@NTC | トップページ | SEB presents 頭文字D ARCADE STAGE 4 original soundtracks »