« 大井松田レースの雑感 | トップページ | ドリフトカート »

2008年4月22日 (火)

フローティングスプロケットハブ

先々週の練習で、最後に息子のカートはアクシデントで2コーナーを抜けたところで後ろから土手に突っ込んだのですが、どうやらそのときにベアリングと一緒にリアのスプロケットハブも衝撃を受けたらしく、少し歪んでいました(^_^;)。
Kkfloatingsphabレースでは新品のスプロケットを入れていたのですが、それでもリアシャフトを回転させると何かうねうねしていたので、やっぱりそろそろ交換時期なのかと思います。

色々な種類のスプロケットハブがあるのですが、私の興味を引いたのはフローティングスプロケットハブという、その名の通り応力が加わると浮動するスプロケットハブです。
リアシャフトは左右のタイヤをつなぐ1本の棒なので、コーナリング等の旋回中にたわみます。そのたわみがスプロケットに影響して、回転の抵抗になったりするのですが、このハブはたわみに応じて動いてくれるので、理屈から行くとリアの抵抗が減って回転が落ちないことになります。

しかし、普通のスプロケットハブと比較すると価格が約1万円程高いです。
もうコマーはメンテナンスモードなので、そんな高価なパーツを投入するのはどうなんだろうなーと思います……(^_^;)。

|

« 大井松田レースの雑感 | トップページ | ドリフトカート »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

わたしはピンをカートショップで加工してもらってフローティングにしてます。
最大のメリットはチェーンが長持ちすることです。

投稿: あひるちゃん | 2008年4月23日 (水) 08時05分

→ あひるちゃんさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。
やっぱりチェーンにストレスが掛らない分長持ちなんでしょうね。

とりあえず試すかどうかは考えてみます(^_^;)

投稿: いぶき | 2008年4月24日 (木) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021921/20483107

この記事へのトラックバック一覧です: フローティングスプロケットハブ:

« 大井松田レースの雑感 | トップページ | ドリフトカート »