« 昨日は新東京でした | トップページ | 今日は誕生日 »

2008年5月 1日 (木)

頭文字D 第37巻

D37前巻から始まった長尾峠篇の、拓海クンと小柏カイのが決着します。

サッカーでもツボにハマるパス回しってあるんですよね。何かのきっかけでリズムに乗ると、何も合図を出さなくてもパスがダイレクトに回るし、出たところに味方プレイヤーが居る、そんな感じ。日頃の練習があってこそなんですけどね。多分に「藤原ゾーン」はリズムに乗った状態なんだろうという理解です。

ターンを早く終えればその分加速に回せる時間は増えるから、高橋兄の言う「4WDの様に……」は極端だとしても、かなりコーナーの脱出は早くなるでしょうね。レーシングカートもそこは一緒です。

カイのパパ、本当に何しに来たんだろうね〜

さて第38巻はいつ発売になうんだろ?本誌は結構休載しているみたいだし……

|

« 昨日は新東京でした | トップページ | 今日は誕生日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭文字D 第37巻:

« 昨日は新東京でした | トップページ | 今日は誕生日 »