« ドタバタの練習日(ARTAコマー80) | トップページ | こんな時期もあったんだね »

2008年6月24日 (火)

こんなもんかな?なレースデー(ARTAコマー80)

ARTAコマー80の2日目(22日・日曜日)はレースデーです。
前日の夜は一旦雨が止んだのですが、当日はしとしとと雨が降っています。

ARTAコマー80はKRPと共催のイベントなので、全ての進行は
コマー80→KRPカデット→KRPジュニア→ARTAチャレンジの順に進んでいきます。

6時半には開門しているのですが、10分程度遅れて入場した我々の前には殆どのチームがパドック内で準備を始めていました(^_^;)。
車検は7時から開始ですが、先にタイヤと計測器をARTAブースから貰ってきました。
タイヤは既にラップが剥がされ、ARTAのマーキングが行われています。ピットにそれらを持ち帰った後、計測器をフェアリングに装着し、コース上の車検場へ向かいます。
タイヤ無しでも車検OKで、フレームに封印するチェックのみ行われました。コマー80エンジンは封印済なので、チェックする必要が無いのでしょう。

ドライバーズミーティングが終わり、公式練習開始。雨足は弱まっていたものの、路面は濡れたままなのでレインタイヤを履かせて息子をコースに送り出しました。
路面がウェットなのでペースはそんなに上がりませんが、他のクルマと差がついているかと言えばそうでもなく、タイムは悪く無さそうです。
しかし1コーナー奥の電光掲示板は故障しているらしく。タイムは判りませんでした(^_^;)。

前日の、ローリングスタート練習終了後に重量を計ってみたら99.5kg程度あったので、3kgのウェイトを既に外しています。練習走行後の重量は96.5kgでした。

コマー80がタイムトライアルを始める頃にはすっかり雨が上がり路面もドライになったので、今朝配布されたスリックタイヤをクルマに装着して、息子には雨装備を全て解除させて、タイムトライアルに参加させました。

ペースの上がらないクルマに引っ掛かりはしましたが、抜いた後はペースを上げています。相変わらず電光掲示板は故障中なのでタイムは判りませんが、決して遅いワケでも無さそう。

妻がモニタでチェックした際には息子は12位。ビリでは無かったです(^_^;)。しかし……、

計量で、車体+息子の重量は、メーターの94kgと95kgを行ったり来たり。結局0.1kg足りず、重量で失格に!! ガ━━Σ(゚□゚;)━━ン!!
晴タイヤと雨タイヤの重量差のコトをすっかり忘れてたよ……_| ̄|○

私がヘコんでもタイムテーブル通りにスケジュールは消化されていきます。
予選ヒートです。ここからはローリングスタート。スタート順位は、後ろから3番目。タイムトライアルで、DNFとDNSのクルマがそれぞれ1台づつあった様でした。
前日、ローリングスタートの練習で中々キメられなかった息子ですが、本番ではどうか?

……お約束通り、失敗(^_^;)。なかなか難しい様です。まぁケツから3番目だから失敗してもあまり痛くは無いでしょう。

ただ、いつものレースと違うのは、スタートで失敗するとその後挽回するのは難しかしいところ、当日の息子はどんどん前の車に追いついて、何台かを抜き去り、自力で順位を上げるところを我々に見せてくれたところでした。
結果、スピンやコースアウトしたクルマもパスして12位でフィニッシュ。
これにはオドロキです。
ヒート後の重量チェックも、タイムトライアル後に1kg足してあったので、難無く通りました。

んー、息子のレース結果が良くないのは、ドライバー本人よりも親父メカニックの問題という疑惑はかなり深まってきました(^_^;)。

Sa360071コマー80の予選ヒートが終わってから雲行きはどんどん怪しくなり、午前中最後のヒートとなるARTAチャレンジの予選前に土砂降りが始まり、あっという間に路面がヘビーウェットとなりました。
昼休み中雨の勢いは止まらず、コマー80の決勝ヒートもレインタイヤで行うこととなりました。

雨装備をクルマに施し、息子をコースに送り出しました。
妻は息子に「スピンしちゃだめ」「前の車がスピンをしたらブレーキを踏まずに除ける」様アドバイスしていた様です。

またもやスタートは失敗。あっという間にドベ2になりました。しかしこれには伏線が有りました。最初のローリングでスタートせずもう1周となり、再度隊列を整えるのに神経を使ったであろう息子は、スタート時に前方のクルマのペースアップに反応が遅れた……様に見えました。で、行き場所を探している水溜まりに嵌まってペースが落ち、後方までズリ下がった、と。

レース開始直後に、6コーナーで4台がコースアウト。息子が言うには「水しぶきの中にクルマが消えて行った」んだそうです。単独スピンがトリガになり、巻き添えとなった様です。

水を少し吸ってしまったのか、なかなかペースが上がらない息子。もう前方のクルマに追いすがるのが精一杯な感じです。
ドライだったらスタートに失敗してもレース中に挽回出来ただろうと思いますが、ウェットでそれを息子に期待するのは酷でしょう。
スタートが全てになってしまいました。
ただ、スピンやコースアウトしたクルマに巻き込まれず、辛抱強く妻のアドバイスを守った息子は、ゴール後に2位の選手に1周減算のペナルティが発生したことで、確定順位が13となりました。

今回ARTAに参加するに当たって、事前練習は行えず(前週は行事で新東京へ行けなかった)、土曜日も午前中はエンジントラブで走れず。他のドライバーよりも習熟度が期待できない中、13位は、まずまずでわないかなーと。
レースになってくれればいいやと思っていたので、そういう意味では期待以上の成果です。

息子にはクルマのフィーリングを何度か確認していますが、晴雨に関係無く「今までで一番乗り易い」とのことでした。
雨の時は徹底的にフレームを柔らかくし、晴れの時はいつもよりフロントをちょっと固くし、と細かく調整したのですが、この日にこのフレームのツボを突くまで約2年掛かりました。

レースは終了したので、後片づけ開始。エンジンをフレームから剥がしてARTAの方々に返却しました。
前日のエンジン不調時に、メカニックの方が色々とを手を尽くして下されなければ、今日の結果は無かったと思います。本当にありがとうございました。

雨天後なので手間取りはしましたが、午後5時過ぎには撤収完了となりました。

参加する時は、正直言って「皆のレベルについて行けるのかな」と半信半疑だったARTAコマー80クラスでしたが、フタを開けてみると、今までで一番健闘したんじゃないかってくらい息子は頑張ったと思います。
エンジンはイコールコンディション。その上でクルマをしっかり仕上げれば、他のクルマやドライバーと遜色無く走れる息子を確認したことが、私にとって一番の収穫でした。

でもスタート失敗しているから、息子のガンプラは保留です(笑)。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。
プライベート参加の我々を、他チームにもかかわらず色々とお気遣いくださったことに、深く感謝致したく存じます。ありがとうございました。

今後も、息子と一緒に精進を重ねる次第です。

|

« ドタバタの練習日(ARTAコマー80) | トップページ | こんな時期もあったんだね »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
雨はたいへんですよねぇ
次は天候が良いといいですね!

遜色無く走れるという収穫は、今後の緊張感が減りますね!

投稿: Rakuen | 2008年6月26日 (木) 09時26分

→ Rakuenさん

コメントありがとうございます。
順位はパッとしませんが、ウチからしたらオドロキのポジションでしたです(^_^;)。
Rakuenさん家は7月秋ヶ瀬参加しますか?

投稿: いぶき | 2008年6月27日 (金) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなもんかな?なレースデー(ARTAコマー80):

« ドタバタの練習日(ARTAコマー80) | トップページ | こんな時期もあったんだね »