« 週末へ向けて準備 | トップページ | 脇腹痛いかも »

2008年6月19日 (木)

昨日のネギま!

ほんの2ページ程度ですが、アスナの素性について、さらっと流そうとするラカンと誤魔化さないで教えてて欲しいネギ君との攻防になっています。

どういう理由か判りませんが、彼女の記憶を操作してまで、過去の大戦に参加した人たちは彼女の過去をひた隠しにしようとする向きがあります。現世界の魔法使いがアスナの監視を行い易い学園に匿っている……と考えると「過去との接点を持たせない」「思い出さない」がアスナの幸せの条件、とも取れます。

そうなると、ネギ君が麻帆良学園に赴任し、アスナを魔法世界に引っ張って来たのはかなりの計算外だと思うのですが、そもそもネギ君の魔法世界行きを唆したのはナギ・パーティのアルなので、こうなることを判っていながらネギ君の魔法世界行きにきっかけを与えたのは理由があるはずです。

アスナの記憶の封印と彼女の幸せを願う事は、ナギ・パーティが解散する時の「証」だったのしれません。

時は流れ、タカミチはアスナにアスナ自身の全てを知って欲しいと思い始め(麻帆良祭・デート篇)、アルは自力で記憶を取り戻せる様な糸口をアスナに与えています(格闘大会篇)。多分にそれらはいくつかの伏線を解決しつつ、ネギ君を守るため、アスナが記憶を取り戻すのは止む無し……という流れになるのかな?

来週のネギま!はお休みです。

そーいやパルとカモ君が今週でようやくネギ・パーティに合流しましたが、魔法世界での動向は「一儲けしてた」で済まされています。まぁあのノートだったら何でも出来るでしょうから、特に彼女の苦労をクローズアップすることは無いのかな?微妙にパルが不憫な気がする(^_^;)

|

« 週末へ向けて準備 | トップページ | 脇腹痛いかも »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のネギま!:

« 週末へ向けて準備 | トップページ | 脇腹痛いかも »