« 都心のダウンヒル? | トップページ | へとへとです »

2008年11月 9日 (日)

仮面ボクサー

Themaskedboxerちょっと前に、ツタヤにて中古で買った本です。
初版が1989年、今回読んだ2版も1989年なので、私が社会に出たのと一緒ですね(^_^;)。
私が持っているのは表紙が微妙に違う気がするけど、まぁいいか(^_^;)。

さて内容は、ボクシングで世界征服を企む悪の組織を、コミッショナーである父を亡き者にされた息子がリングで戦うという内容です。
島本先生の熱血な描きっぷりは当時も当然健在です。初登場時のリングでの決め台詞は島本先生の作品でなければ活きてきません。

しかし……その主人公が実は超ヘタレで、「必要以上に気が小さい」「女々しい」という、リングの上で戦っている時とリング外で起こしている葛藤のギャップが大きくて、そっちの上で笑ってしまいます(^_^;)。

島本先生のマンガは「葛藤する熱血」だから面白いんだろうなーと感じた次第です(^_^;)。

さて、これからもう一眠りして新東京サーキットへ行きます。
お休みなさい (-.-)

|

« 都心のダウンヒル? | トップページ | へとへとです »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ボクサー:

« 都心のダウンヒル? | トップページ | へとへとです »