« 風邪がぜんぜん治らない | トップページ | 薄暗いのってちょっとイヤかも »

2008年11月14日 (金)

今週のネギま!

ナギ・パーティ英雄譚はいよいよ佳境に入りましたね。

味方の戦力が限られて「さあこれからどうするか」という時に、意志を貫こうとする姫様に導かれるのをナギが善しとしたところですけど、なぜか頭文字Dの25巻・ラリースト坂本氏と拓海クンの会話の、坂本氏の方のセリフを思い出しました。

「質の高いモチベーションは質の高い目的意識がなければ生まれてこない」
「ただ楽しいからとか好きだからとかという理由で走っているだけじゃムリだ」

当該シーンで、姫様からナギ(と、その一行)は質の高い目的を与えられ、戦うモチベーションを興したのだと感じました。

「目的意識」があるからこそ、「やる気=モチベーション」が出てくる。
「やる気が出ない=モチベーションが上がらない」ということは「目的」を見出せないまたは見失っている状態なのかもしれないです。
姫様があそこで後ろ向きなことを言い出したら、さすがのナギ・パーティも降りかかる火の粉を払うので精一杯だったかもしれません。

そんな下衆の邪推はさておき、「我が騎士ナギよ、我が盾となり剣となれ」の姫様の台詞とかしづくナギのシーンはちょっと感動しました。

ラストダンジョンは「墓守人の宮殿」。戦略上の拠点設置というよりも、ストーリーの演出で「汚れた聖域」を設けたのでしょうけど、そこに本拠を構えるのは賢明だと思いました。たいていお墓のある場所は神聖とされ、更にそこが高貴な人達の場所だったりすると普段から足を踏み入れる人は無く、完全にサンクチュアリにすることは容易だったと考えます。

ラカンの腕のキズは、この時に一度吹っ飛んだものだったのね。あぁ痛そうΣ( ̄□ ̄;)

坂本氏の
「質の高いモチベーションは質の高い目的意識がなければ生まれてこない」
「ただ楽しいからとか好きだからとかという理由で走っているだけじゃムリだ」
は、我が家のレーシングカート活動にも当てはまります。

頑張らないと。

だから練習が雨になってもくじけないっ!

タブン......

|

« 風邪がぜんぜん治らない | トップページ | 薄暗いのってちょっとイヤかも »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のネギま!:

« 風邪がぜんぜん治らない | トップページ | 薄暗いのってちょっとイヤかも »