« プロドライブ、WRカー売却!! | トップページ | 雪です »

2009年2月26日 (木)

売れると判るモノだけが残る……

いささか旧聞になりますが、

講談社、過去最大76億8600万円赤字 11月期決算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000789-yom-bus_all

不況による広告収入の落ち込みも有るでしょうけど、みんな雑誌やコミック買わなくなったのかなー?

「ネギま!」の赤松センセイの日記によると、「総売り上げ8億6千万円のネギまOADは、もともと続行以外の選択肢がなかったということでしょう。」とのこと。合わせて、休刊・廃刊は相次ぎ、意欲的な企画は減り、売れるモノだけが粛々と進むんだろうな、とも。

マンガは夢を魅せる娯楽なハズなんですけど……世知辛いッスね〜(^_^;)。

何かと「ネギま!」と比較して欲しがっている(?)「絶望先生」はどうなんでしょうね? 比較しちゃうと絶望するから、してはいけない?(^_^;)

|

« プロドライブ、WRカー売却!! | トップページ | 雪です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まだ、漫画の方が生き残れる可能性があって若干の余裕があるみたいですけどね。一般雑誌の方なんかは取材時の雑費の経費が落ちなかったりして、現在のクオリティーを保つ為には社員が持ち出しみたいなことをやらなきゃいけない状況なのに、部数がヤバいことになってるみたいですから…。
明日は我が身w

投稿: やさそばちん | 2009年2月26日 (木) 12時07分

ども、目黒のさんまです。
不景気になれば、どこを真っ先に削るかと言うと娯楽・遊興で、手っ取り早いのは雑誌を買わないことです。立ち読みや拾い読みで済むものは、そうすると。

売れると分かるモノだけが残るのは、仕方のないことでしょう。ネット全盛期の時代に、やはり雑誌はメディアとしては古いので。古いメディアについては、新聞やテレビも同じようなことが言えます。

       ☆sanmawater 目黒のさんま★

投稿: 目黒 | 2009年2月26日 (木) 16時16分

こんばんわ。明日(今日?)は二日酔い確定です

→ やさそばちんさん
微妙にアレですね(^_^;)。
一般雑誌の範疇がどれくらいなのか、ちょっとピンと来ませんが、雑誌を販売すると売上を享受するのは会社なのに、会社が経費を出してくれないというのは納得行きません。
しかし、そこまでしても売れてくれないというのは何か悲しいです。

マンガも淘汰は有るでしょうけど、作者を拾ってくれるケースもある一方で、結構な数の作者が廃業する可能性もあります。売れると判るモノだけが残る→売れる雑誌しか残らない→描き手は溢れて野に下る、といった具合。
明日は我が身という言葉が響きます

→ 目黒のさんまさん
娯楽・遊興の一端であるマンガ購読は切れるかもしれませんが、例えば私に有益な内容(車の雑誌やお気に入りのマンガ)がある本に対して、私は対価は払いたいのです。
立ち読みで済ませたいという人の気持ちも解りますが、我々がさくっと読むその記事のためにどれだけの手間と人手が掛かったかということは、少しでも気に留めて置いて貰えればと思う次第。

売れると判るものだけが残る、の怖いところは、例えば近い将来週マガの「ネギま!」に皆飽きてしまったとき、新しいジャンルの開拓や企画を切っていた故に読者を繋ぎ止める事に適わなくなる、といったことです。
生き残る事で雑誌各社は精一杯なのは判りますが、新陳代謝をしないということは結果腐って行くだけだということをどっかで気にしてほしいものです。

投稿: いぶき | 2009年2月27日 (金) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売れると判るモノだけが残る……:

« プロドライブ、WRカー売却!! | トップページ | 雪です »