« 惨敗です | トップページ | まるごとわかるカートガイド2010 »

2009年5月18日 (月)

NTCチャレンジカップ(第3回)

いやー本当にぱっとしないレースでした。

前日の練習(5/16, 土曜日)はところどころパラパラと雨が降るだけで基本的にドライセット。
息子は午前中で目標タイムを大きく上回ったので、午後はエンジンを交換してレースにどっちを使うのかのチェックとチームメイトとの併走などをして確認と調整を繰り返していました。
レース当日(5/17, 日曜日)は雨になるだろうという天気予報に合わせてセッティングを変更して、練習はおしまいです。

レース当日は予報の通り雨でした。ただし車検中に雨足は弱くなり、息子の公式練習時には雨は気持ち程度に。次に雨がまとまって降るのは15時以降との事でした。

息子の参加するSクラスは22台出走予定。公式練習10分→タイムトライアル(TT)5分→予選ヒート10周。15時以降の雨の前に全レースを終わらせるべく、本来20周の決勝ヒートを15周に短縮する旨がオフィシャルによってアナウンスされタイムテーブルが確定し、レーススケジュールが始まりました。

公式練習……雨はほとんど上がりましたが、しっかり路面はウェットです。。
息子はラバーの水の上に乗ってコースアウト。1周で公式練習終了!Σ( ̄□ ̄;
ばっちり芝刈りしたので、芝を洗い流すのが大変でした ;´Д`)

ここからが大変でした。
雨は上がって他のクラスの走り込みによって路面はどんどん乾いていき、クルマのセッティングをドライに振らないと行けません。
フロント側のセッティングに手間取った私はリアのトレッドやハブの交換まで手が回らず、ほぼレイン向けセットにドライタイヤを履かせてTTに息子を送り込むことになりました。

TT結果……12番/22台
ハブの変更を済ませていればもうちょっと上に行けたかも知れないというチームのメカさんの指摘はズバリその通りで、息子の足を私が引っ張ってしまうことに。本当に申し訳ないです。

予選ヒート……11番/22台
セッティングを完全ドライにしてコースに送り出したのはいいのですが、エンジンが掛かった後の始動が遅すぎる……ローリング中に大きく遅れ、後続のクルマにも迷惑をかけつつレーススタート。
ローリングの失敗をそのまま引きずってレースに突入の息子は5周くらいで5〜11番グループに追いつき、そのままグループしんがりのチームメートとのバトルすることに。チームメートとバトルしている間に前にクルマに大きく離され、1ケタグリッド獲得ならず。

決勝ヒート……15位/22台
今度もエンジンが掛かった後の始動が遅すぎ、ローリング失敗。しかも今度は、後方のクルマ達が「ローリングが遅いクルマは置き去りにする」ことを勉強したので息子はローリング中に最下位に!!Σ( ̄□ ̄;。
そこで復帰禁止区間までに元のポジションに戻れず、再ローリング時も復帰禁止区間までに戻れずに、結局19番目くらいのポジションから決勝ヒートをスタートする羽目に……_| ̄|○
何とか懸命に追い抜きを掛けるのですが、新東京の6コーナーが他ドライバー程処理が巧く無く、そこ以外のコーナーで息子が他ドライバーを抜いても6コーナーであっけなく抜かれてしまいます。
何番か順位を上げた後、一進一退を繰り返しているうちにチームメイトと他2台に最期は抜かれて16位フィニッシュでした。
その後、優勝したクルマがNGとなったらしく繰り上げで15位に。
ぱっとしない成績でレース終了となりました。

実際、上位を走っていた2台/22台はリザルトNG、1台/22台はクラッシュで消えたので、順当だったら18位/22台で、ほぼ何の変化も無かったことになります。
Sクラスに参加する他ドライバーのウデが上がっている今、これが息子と私たちの真実の順位なんだなということを、噛み締めました。

オヤジのドライ⇔レインのセッティグ変更の遅さ克服は、当面の大きな課題となります。
F1並とは言いませんが、メカニックはセット変更を素早く行ってドライバーをコースに送り出すのが務めです。TT時にそれを全う出来なかったのが本当に悔やまれます。

エンジン始動後にゆっくりとしか前に進まないのはここ半年ずっと同じ感じです。
ローリング時のアクセルの踏み方は教わっている息子ですが、エンジン始動時に何かあってアイドリング状態が長くなるとエンジンがカブッてしまい、半周しないとエンジンが息を吹き返しません。
エンジン始動直後のアクセルの踏み方に問題があるのでしょうか?キャブ調整をドライバー共々突き詰めないと行けません。

6コーナー対策……これが目下のところ、上のエンジン始動後のアクションと合わせて息子の課題となる様です。
今さっきまでセットとラインを息子と一緒に確認しておりました。

雨の時のライン取りですが……もうこれは経験しかないです。息子も飛んで行って「あそこ(のライン)に入ると」ヤバい!というのが身でもって判ったと思います。

ただ、チームメイトとのバトルがあり、情報交換があり、メカさんのサポートとアドバイスがあって、と好材料と反省の両方をいただける、ありがたいレースウィークとなったと思います。
他の方々から見ればまだまだ低レベルな努力到達点かもしれませんが、目の前に置かれた課題を一つ一つクリアすべく、頑張る次第です。

さて、明日以降のカート練習は……ちょっと未定です。
練習したい週に息子は修学旅行へ行っちゃうんですよね〜(^_^;)。
場所は日光らしいです。おみやげは要らないからエンペラーに勝って来い!!(違)

|

« 惨敗です | トップページ | まるごとわかるカートガイド2010 »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・、そうやって課題を見つけるモノなのですね。

ウチのはそれ以前の問題が山済みですが、
今のうちに、オヤジのスキルもあげるべくトレーニングしますです。

応援してまふ。
これからも頑張って下さひ。

投稿: towaneo2008 | 2009年5月19日 (火) 00時12分

お疲れ様でした。
天候の変動はツライですよね〜
何もかも不十分のまま望む感じ。。。
ちゃちゃっとしたいもんです!

しかし、このクラスはカブらせないようにするのが難しそうですね。
次回、上げるのを期待してます!

投稿: Rakuen | 2009年5月19日 (火) 18時45分

→ towaneo2008さん
ウチも課題は常に山積なのですが、直接の敗因となった部分を叩いてちょっとずつ改善させています。対処療法の繰り返しみたいなものですが、スキルを忘れなければずっと改善の効果は維持できますからね。
メカニックにはスピードと正確さが要求されます。今回のレースで身に滲みました。
凸頂点目指してお互い頑張りましょう(^_^;)

→ Rakuenさん
急な天候の変化はツラいです。ただ、レインセットで出すかドライセットで出すかは私も周囲の空気を先読みしていればもうちょっと時間を得られて納得のいく変更が出来たかと思います。ドライバー同様私もKYでした(;´Д`)
カブらせない様にするための、アクセルの踏み方があるはずなので、そこを治す練習が必要です。
次こそ上位進出を狙って頑張ります。

投稿: いぶき | 2009年5月20日 (水) 03時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NTCチャレンジカップ(第3回):

« 惨敗です | トップページ | まるごとわかるカートガイド2010 »