« オーストラリア2−1日本 | トップページ | レース前の準備でした »

2009年6月18日 (木)

「NIPPON : FOREVER IN OUR SHADOW」

昨日の続きになります。

タイトルのメッセージは、昨日のオーストラリアvs日本戦終了後にオーストラリアのサポーターから掲げられた横断幕に記されたものです。

09061801thumb468x351321直訳すれば「日本 : 永遠に俺らの影の中」。影が生まれるのは光を浴びる者がいるため→すなわち勝者はオーストラリアで、勝者の影に遮られて敗者に当たる光は無い、つまり影の中、と。ずっと、が付くくらいだから、日本は永遠にオーストラリアに勝つ事は無い、ということですね。

あのメッセージ、とっても粋じゃないですか。嫌いじゃないです。
勝ったから掲げられたメッセージですが、負けたらどうしたんだろ?秘密兵器は秘密のまま終了、なんてことになるのかな?(笑)

で。このオーストラリアのサポーターから掲げられた横断幕のメッセージでグダグダしている人へ。

認めちまいましょう。
俺らは奴らに負けちゃったんです。
負けた奴らは何言われてもしょうが無いんです。

勝った奴らが勝ち誇る。当たり前ですよね。
負けた奴らは、ぐうの音をも飲み込んで沈黙するしか無い。これも当たり前ですよね。

そして勝負に負けて悔しかったら、次の勝負に勝って奴らを見返すしか無いのです。

次にオーストラリアと当たるとすれば、グループリーグ突破後の決勝トーナメントの1回戦か2回戦でしょうね。そこで溜飲を下げるべく、今は耐えましょう。
そして「Australia : A loser swallowed to the shadow」という想いを突きつけてやりましょう。

明日から仕事がお休みになります。3連休は全部レーシングカート関係で消化される予定です。
6/21(日)の、NTCカップSクラスに参加します。宜しくお願いします。

|

« オーストラリア2−1日本 | トップページ | レース前の準備でした »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「NIPPON : FOREVER IN OUR SHADOW」:

« オーストラリア2−1日本 | トップページ | レース前の準備でした »