« 昨日はサッカーでした | トップページ | 官公庁オークション? »

2009年6月 2日 (火)

ドライバーは常に謙虚に

「交差点に入ったときは赤」と供述 横浜3人死亡事故 - asahi.comより
http://www.asahi.com/national/update/0603/TKY200906020417.html

昨日の夜に起こった事故ですが、日頃から都筑図書館を利用する為当該交差点を車で何度も通過している身としては、「どうしてこんなトコで事故ッてンの?」て感じです。

既に、例えばミクシィのコミュニティなどでも色んな人が色んなコトを言っているので、私からは当該事故に関して書くことは有りません。

ただ自身に再確認したことは、「ドライバーは常に謙虚であれ」ということです。

自分ルールなんてものが在ってはいけません。調子に乗ってもいけません。
臆病になれという事でも有りません。そして車に乗るな何て事もありません。

ただひたすらに、横断歩道手前の歩行者、追い越そうとする自転車、そしてすれ違う車やバイクを意識し、敬意を払うだけで、少なくとも自身に起因する事故は防げると思うのです。

この事故を他山の石として、我々だけでもああはなるまいと気を引き締める次第です。

最後になりましたが、亡くなられた方々の御冥福をお祈りします。

|

« 昨日はサッカーでした | トップページ | 官公庁オークション? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

確かに・・・。こんなとき、若者が!的なことを
マスコミさんにやられると、
超若者にモータースポーツをさせている我々は、
追い詰められるかも知れませんネェ・・・。
危険である。ということを教える必要性を再認識です。

投稿: towaneo2008 | 2009年6月 3日 (水) 12時04分

 てか、この手の事故を起こす連中に有りがちな意識が『免許を取った人間は自動車を運転する権利がある』とか云うモノ

 免許=一般には禁止または制限されている行為を、行政官庁が特定の場合に特定の人だけに許すこと。(Goo辞書より)

 つまり、免許を取れた人に与えられてるのは許可であり、権利を保障されているわけでは無いと云うこと
 使い様によっては人を充分殺す能力が有るモノの取り扱いを許可されただけで、自由に運転する権利を与えられたのでは無い…それだけ危険なブツに手を出していると云う意識が完全に欠落してる訳です

 だから免許の条件である『交通法令を守る』と云う基本的な事も疎かにしてる訳で…今後、免許取消しは当然として、一生『人殺し』の烙印を受けて白い目で見られてください>犯人

投稿: 毘沙門天松茸 | 2009年6月 3日 (水) 13時18分

こんばんわ。職場で昼休みに昼寝していたらカートのチェーンが伸びる夢を見ました。あー早く練習したい。

→ towaneo2008さん
事故を起こした大学生は4月に免許を取得したばかりなので、交通法規は忘れていることなんて無いと思うのですが、何の魔がさしたんでしょうかね。
若年層の事故で以て車のイメージが悪くなるのは嫌なのですが、これをきっかけに車の免許取得年齢を引き上げられるとますます車離れが広がりそうです。
我々は日頃から走る凶器を扱っていることを改めて認識する必要が有ると思います。

→ まったけちゃん
この大学生は黄色信号で止まった車をわざわざ車線変更して抜いて赤信号へ変わった交差点に突入した様なので、私も同情の余地無しと考えます。
日頃から「交差点なんて突っ切ってしまえば何の問題も無い」なんていう発想でいるのではないかと勘繰りたくなりますね。
これからこの大学生と親族は大変なことになるはずです。1名1億円として3億円の保障は保険から充当されるのか。量刑は未成年ということを考慮して執行猶予が付くのか。車は父の会社所有のものらしいので、親族の監督責任はどう問われるのか。
ああはなるまい、と気を引き締めるに至りました。

投稿: いぶき | 2009年6月 4日 (木) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライバーは常に謙虚に:

« 昨日はサッカーでした | トップページ | 官公庁オークション? »