« 今日はサッカー | トップページ | 今日は本社でした »

2009年6月29日 (月)

外環道延伸に首都高が参戦!?


久々に外環道関係のニュースを見ました。

外環道延伸に高速3社名乗り 事業受注で初の競合 - asahi.comより

御存知の通り、東京外環道は、埼玉県区間はすでに開通済み、東側となる千葉県区間も一部を除いてかなり進捗しています。
西側の延伸区間となる東京都内は関越道〜中央道〜東名を、IC/JCTを除いて全て大深度地下で通すという壮大なプロジェクトになっています。

で、どこが建設し、管理するかは決まっていませんが、外環道の埼玉・千葉区間をNEXCO東日本が運営しているので、私はてっきり東京都区間もN東だろうなとばっかり思っていました。
考えてみたら中央道や東名とも繋がるのだからNEXCO中日本が出てきても当然ですよね。

リンク先の記事では、合併施行方式で建設される同区間に首都高が名乗りを上げた事により3社が建設主体として競合する事と、同じく合併施行方式で建設が行われる予定の他区間の状況を紹介しています。

包括的な道路管理面からもNEXCO(東or中)が運営した方がいいという気もしますが、首都高っていうのもアリだと思います。
と、いうのも、外環道延伸区間は他の首都高速と直接は繋がっていませんが、首都高が延伸区間を押さえることで、10号練馬線や、東名まで繋がった外環道が南進する……などの新規事業の布石を十分打てる可能性が見えるからです。
実際、首都高中央環状線の山手トンネルは10号練馬線へ分岐を想定した設計が為されているらしいですし、外環南進へも接続候補となる川崎縦貫線や湾岸分岐線は首都高の道路です。首都高が西か南に事業を拡大するには、今回の延伸区間を持つ事はバックボーンの確保にもってこいだと思うんですよね。

料金形態はどうなるのか私はあまり興味ありません。
必要だったら路線単価が高くても時間短縮の効果を求めて利用します。
NEXCOで繋がっていないからいちいち料金所で料金を払うのは面倒かもしれませんが、どうせ開通の頃には十分に普及したETCで通過するでしょうからあまり悩む話でも無いでしょう。

今後も外環道の話は当分注目ですね。

|

« 今日はサッカー | トップページ | 今日は本社でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外環道延伸に首都高が参戦!?:

« 今日はサッカー | トップページ | 今日は本社でした »