« 疲れました@新東京 | トップページ | 隊列復帰が難しい »

2009年7月13日 (月)

NTCチャレンジカップ(第4回)

結構大変なレースウィークだったです。

タイムが上がらない不調は、6月のNTCカップからずっと続いており、練習でもなかなか払拭出来ていませんでしたが、それは今回のレース前日となる7/11(土)でも変わっていませんでした。

ただ、きっかけは本当に妙なところから転がって来るもので、初めてKT100SEC+大人シャシーに乗るのドライバーのセッティングが新東京に合っていなかったにもかかわらず息子と0.5秒程度しか差が無かったので、思い切ってスプロケット回りを本来の新東京のセットとは大きく外したものにしてみたろころ、タイムアップに成功しました。

090711_151303このまま上向き加減で調子が良くなるか……といったら残念ながらまた落とすのが息子で、話を聞くとどうも路面の出来上がりというか、変化に対応出来ていない様子。アクシデントはその最中に起こりました。

スピードが上がらない息子がモナコヘアピンでインを刺され、後続車が横っ腹に追突。息子の左足に乗り上げたらしく、ブレーキを踏むと痛むとのことで、練習はここで終了となりました。
そんなガバガバにインを開けていたら、飛び込まれるに決まっているよ……>息子

とりあえず破損したゼッケンカウル、サイドカウルとバンパーを補修して、翌日のレースに臨みます。

1週間前の天気予報では雨だったのに、前々日の天気予報では曇りとなり、そしてレース当日の7/12(日)は薄く雲が張る程度で、日中からは日差しも出てピーカンとなりました(^_^;)。全ドライバーの体力を奪う、サバイバルを予感させます。

息子はプレッシャーの影響か朝から「おなか痛い〜(;_;)」な状態で、こういうところは私に似て本当にアレだなーと感じる次第です ショボーン(´・ω・`)

前日に一応一番迅かったセッティングで、今日のレースはスタートさせます。
息子の参加するSクラスは26台です。一番エントリーの多いクラスとなりました。

公式練習 : 10分
タイムは前日とあまり変わりません。ただ、まだ路面の食いつきが少ない感じなのでスプロケットを若干変更しました。
前日に息子が話していた「インに寄れない」「コーナーの途中に新しい凹凸が出来ていた」ことをチームのスタッフに伝えると、そこで問題解決の更なるヒントが与えられました。

タイムトライアル(TT) : 5分
スプロケット変更、タイヤの空気圧調整、やれることは全部やっておきました。
息子の走りはスタッフのアドバイスを得て大きく変わり、他のドライバーからすると大した事無いのかもしれませんがこの土日で一番良いタイムが一番いい周回で出ました。17位/26台。
これだったらリアのトレッドも変更してもうちょっとコーナリングに手を入れられるかなと思いましたが、挙動が変わると息子が気持ち的にダメになるのでセッティングはそのまま。

予選ヒート : 10周
ローリングスタート時にエンジンが掛からないトラブルが前回あったので、今回はあらかじめコースにクルマを入れる前に入念に動作チェックを行いました。その甲斐あってエンジンが掛からない・掛かっても前に進まない……なんてことは無く、メカニック的には良かったのですが、肝心のドライバーがローリングスタート失敗(-_-;)。スタート後2コーナーに入る前に、あっという間に下位に転落です。
こうなると焦って無理するばかりになる息子はオーバーテイクに失敗して順位を更に落とす始末。何やっとんじゃゴルァ!!ヽ(`Д´)ノ
あげく、6コーナーでチームメイトをオーバーテイクしようとインを刺したら、そのさらにインに後続車が入り、3台並んでコーナーに進入することに。で、インのクルマが曲がり切れず外に膨らみ息子の側面にぶつかり、息子が更に外側のチームメイトとぶつかり……息子とチームメイト2台がコースアウトして予選ヒート終了。3周しか出来ませんでした_| ̄|○

決勝ヒート : 20周

結果的に同士討ちとなり、しかも3周しか出来なかったので、決勝のスタートは25番目から。
今回は「一つでも順位を上げて帰って来い」と送り出しました。そうとしか言い様の無い順位ですしね〜(^_^;)。

ローリングスタートはまずますで、2コーナーに差しかかる頃には19〜20番目くらいまで順位を上げていましたが、ここでも接触事故!!後ろから当てられて、前走者に乗り上げてクルマの前が浮く程のアクシデントで、2コーナー大外まで他車を巻き添えにして飛んでいきましたΣ(゜□゜;)
幸いアスファルトの残っているところでクルマが止まったので、予選ヒートとは違って、最下位転落ながら再スタートを切る事が出来ました。

一度アクシデントを受けるとなかなかペースが上がらず、前方の車群に追いつけずに居ましたが、途中で数台が脱落したこともあり、更に下位グループで起きた「脱落したタイヤを避ける」アクシデントでグループのペースが落ちて差が詰まり、そこから息子は前を追おうという意志を強くした様です。

4台抜いて、もう1台抜けばTT順位まで戻れる……のが抜けない(^_^;)3周追いかけ回しましたが、ファイナルラップの6コーナーで仕掛けて失敗(^_^;)し、18位でフィニッシュ。暑くて長い戦いが終わりました(^_^;)。

レースは路面の食いつきにしっかり対応したトップ2台が抜け出し、ほぼ20周まるまる差しでの争いとなりました。
Yuta選手に勝って欲しかったな〜……でもKTで初表彰台。よかった。ウチらも追いつける様に頑張ります。

090712_114601夏独特の、タイヤが路面に食われる現象に見舞われてから、3日半掛けてセットの方向が判り、4日目にしてライン取りが判り、と何とかスランプから抜け出すキッカケが掴めそうです。

夏にしっかりKTで走り込むのは今シーズンが初めてですので、勉強した事を親子共々忘れないで、練習を続けます。

最後になりましたが、息子を応援して下さった方々、チームのスタッフ、チームメイト達に感謝します。
また、こんな駄文に最後までおつきあいくださった方々にも、深く御礼申し上げます。

次の練習は……7/26(日)の新東京です。

|

« 疲れました@新東京 | トップページ | 隊列復帰が難しい »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

激しいレースだったようですネェ・・・。
セガレ殿は怪我が無くて何よりですな。

しかし、子が走り、親が作るってのがカーとの
醍醐味だと僕は思うのですが、
まさに、その醍醐味の王道を進むような日
だったようですね!

投稿: towaneo2008 | 2009年7月15日 (水) 11時03分

お疲れ様でした。
夏場は難しいですよね。
激しさが良くわかりました。
頑張って下さい。

投稿: Rakuen | 2009年7月15日 (水) 11時36分

こんばんわ。コメントありがとうございます。
関東も梅雨が明けました。暑い日々が続きます。

→ トワネオさん
子が走り、親が作るのがカートの醍醐味では有るのですが、やっぱりオヤジの下手なセットよりプロのアドバイスが効きますね~(^_^;)。
それでも、セットが見つかった時の嬉しさが良くて、続けている様なものです。

→ Rakuenさん
昨年まで乗っていたコマーは路面の良グリップがタイムに与えるところを感じるまで行かなかったので、この夏は本当にイチからセットを勉強しています。
来年、Sクラスいかがっすか?(^_^;)

投稿: いぶき | 2009年7月15日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NTCチャレンジカップ(第4回):

« 疲れました@新東京 | トップページ | 隊列復帰が難しい »