« 親から子へ継がれるもの | トップページ | 今月の子竜物語 第5話 »

2010年1月28日 (木)

昨日のネギま! 277時間目

あああ、しばらく感想を書けないでいるうちに凄惨な状況に……Σ( ̄□ ̄;

何か知りませんが、突然湧いた「影の様な物体」にどんどん魔法世界の人達が消されて行きます。本屋を守ろうとしたクレイグとアイシャも黒いベールをかぶった奴に「かき消された」様に塵と化します。砲台が出てきたりクリオネみたいなのも出てきて、それらは素手でも破壊出来るけど、物体から発せられるビーム?に触れると、消滅してしまう、と。

ところで、エミリィが消される際にビームがゆえ吉の背中を貫いて当たりましたが、ゆえ吉は服が破れただけでボディは無傷の様です。これは一体……?

なんかもう怖くてマトモに今回は読めませんでしたが(-_-;)、ぽつぽつと「?」な部分がありますね。

この襲撃の目的は何か?何ゆえこのタイミングで襲撃をしたのか?……今のところ何もアナウンスは無いですね。フェイトが舞踏会に降り立った時点で始まりとは言えますが。ラカン対フェイトの決着は描かれていませんが、ラカンはフェイトを食い止められなかったかな?

誰をターゲットにしているのか?影の様な物体と黒いベールの奴とでは消せる対象が違うのか?……魔法世界の人達を消している一方で、黒いベールの奴は本屋を、クリオネみたいな奴はネギ・パーティを狙いました。
仮に魔法世界出身の人達だけが消されるとしたらタカミチ達もピンチになるし、そう考えるとアスナもヤバいって話になるのでしょうか?

そういえば、24巻冒頭でネギが刹那と楓にゲートポートの探索をお願いした際、アスナとこのかは行っちゃダメと釘刺していますが、これは単に危険だっていうだけでなく、黒いベールの奴の存在が暗にあったからなんじゃないかって気がしてきました。28巻でアスナが魔法世界の出身である事をこのかと刹那にネギは語っていますが、24巻から物語の中ではそんなに日数が進んでいないので、ネギは魔法世界に来てフェイトに飛ばされた後、割と早い段階でフェイト一味とアスナの出自を掴んでいたのかもしれません。
ラカンとの会話の中でそれは確証となって、28巻での告白ってことになるって考えれば時系列的にはギリギリ矛盾しないと思いますが……。

本編をしばらく追わないと、謎は払拭できませんね。
ここ何号か十分読めていないので、空いた時間はそっちに割く様にします。

|

« 親から子へ継がれるもの | トップページ | 今月の子竜物語 第5話 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のネギま! 277時間目:

« 親から子へ継がれるもの | トップページ | 今月の子竜物語 第5話 »