« マジョリン 第1巻 | トップページ | 別冊宝島 地球連邦軍大事典 »

2010年1月31日 (日)

東日本Jr. 2010年の概要

2010年の、東日本Jr.の大会概要が公式ホームページでリリースされていました。

グランドチャンピオン大会開催のアナウンス : http://www.ejjka.com/pdf/top.pdf(PDF)

東日本Jr. 2010年の特別規則書 : http://www.ejjka.com/pdf/2010kiyaku.pdf(PDF)

東日本Jr.カート協会 : http://www.ejjka.com/

やっぱりというか何と言うか、今年からシリーズ戦を止める一方で、東日本Jr.でお馴染みのサーキットで開催されるレースに2回出場すれば参加できるという、年一回開催のグランドチャンピオンレースとして開催型式をリニューアルする様です。

なるほど、ビーマックスさんウェブサイトにある各サーキットの暫定カレンダー(PDF)の中で「東日本茂原?」となっていたのは、こういうことだったのですね。
各サーキット開催のローカルレースに参加すればそれが東日本Jr.選手権に繋がっていくというスタイルは……苦肉の開催案という気はしなくも無いですが(^_^;)、東日本Jr.の継続という意味を持たせるにはギリギリの落とし所だと思います。

サーキットごとに対象となるクラスがバラバラですが、ウチらが通っている新東京サーキットでの対象となるレースは、NTCカップのカデットオープンとSクラス、NTCチャレンジカップのミニROKクラスになります。
一方で、NTCウィークエンドレースのコマー60クラスは対象から外れていますが……これはナゼでしょう? 謎です。新東京のコマー60のレースは17台出ていたので、クラスを絞ることも無いと思うのですが……?

つい2年前まで、東日本Jr.といえばコマー60クラスがフレッシュマン・エキスパートとも20台オーバーでエントリーされていたのを思い出します。
2008年末のリーマンショックに呼応する様に台数が激減しちゃって、今はレース開催で集まるのはその半分ちょっと、といったところでしょうか? 少し寂しい気はしますね。
でも景気の回復とともに徐々に台数はまた増えていくと思います。その頃には、またシリーズ戦に戻って、各サーキットでジュニア世代の元気な走りが見られる、と願っています。

ところで、新東京サーキットのレース開催に有る5月5日のジュニアレース、ってどうなるんでしょ? 元々東日本Jr.開催のために空けておいたのだと思いますが……ノンタイトル戦を開催するのかな?(^_^;)

|

« マジョリン 第1巻 | トップページ | 別冊宝島 地球連邦軍大事典 »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

ちゃす
ただ今お昼ですが、ボケ-っとサーフィン。
当然ネットですけど。

NTCも混迷している感じですかぁ…
中部以西もスバルの位置付けがどーなんの!?
見たいな感じです。

今年新品のスバルエンジンを購入した人は
戦々恐々です。
マイクロマックスに変わるだの
この業界も、なんだかな~って感じ

黒幕は誰だ!?
ってなモンですね。

投稿: towaneo2008 | 2010年2月 1日 (月) 12時33分

→ トワネオさん

出張お疲れ様でした。

東日本Jr.を運営する側も「こんなハズじゃ……」と思っているでしょうけど、2009年シーズンの台数が集まらない(特にKT100SEC+大人フレーム)のが一番影響有った様に見えます。

スバルエンジン……キッズ→ジュニアのステップアップの流れで考えた時は極めて自然と思いますが、ローカルレースでスバルエンジンのクラスがどれくらい集まるかがカギになると思います。
黒幕というか、普及には各陣営の思惑が絡んでいると思いますが、結局は「みんなが持っているエンジン」に落ち着くと考えます。なので、集まるカテゴリというかクラスが自ずと決まってきます。

ウチの回りで見ると、コマー60→カデットオープンかMINIROK→KT100SEC+大人フレームとステップアップするケースが多い様に感じますが、大井松田や御殿場をメインで活動しているところはTRYかカデットオープン→TIA→KT100SEC+大人フレームって流れがある様です(あくまで私の主観です)。

それよりもタイヤですよタイヤ。ウチのクラスだとBSなのですが、買ったタイヤの代金の一部が某ハトヤマ家に入るのかと思うと、そっちにやるせ無さを感じます(; ̄△ ̄)

投稿: いぶき | 2010年2月 1日 (月) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本Jr. 2010年の概要:

« マジョリン 第1巻 | トップページ | 別冊宝島 地球連邦軍大事典 »