« 昨日のネギま! 277時間目 | トップページ | マジョリン 第1巻 »

2010年1月29日 (金)

今月の子竜物語 第5話

暗竜の卵が飛んで来て、このままだと衝突するというのでコーセルテルは大騒ぎになっています(^_^;)。

受け止めるのは暗竜術士2名(マシェルとメリア)+クレイベルでもパワー不足な程。
さーどうする? という展開です。

メリアはもう暗竜を育てるだけの力が残っていないということ、そしてクレイベルはコーセルテルに起こりうる衝撃を緩和しようとすると消滅するかもしれないということで、暗竜の卵の受け取りには消極的でしたが、マシェル他子竜が受け取るのに前向きなことと、他の竜術士達も手伝えることは手伝おうという積極的な姿勢を示した事で、コーセルテル全会一致で受け取りを決める……という流れで物語が進みます。

竜術士のジレンマ……というか、今コーセルテルに居る竜術士は恐らく自身の能力の目一杯で子竜達をサポートしているので、そこにさらに力が大きい暗竜が降ってきたら育てられないんじゃないかという心配は解ります。かと言って卵をみすみす見逃すのか、何とかできないのか、という議論が、この回の中心になります。
意見を出し合って、何とかして合意点を見出そうとするコーセルテルの人たちに、現代民主主義の原点を見た様な気がします(^_^;)。

カディオにも暗竜の力を司る能力がある事、そのカディオにマシェル君の子竜七人が月の資質を引き出す様促される事が、この回のサミットと考えていい様ですね〜。

この物語はマシェル君トコの子竜七人が成長する過程を描くものだから、こういうイベントは子竜七人に色々な能力が備わっていく、という仕掛けの一環と考えていいでしょうね。

一方で、コーセルテルに居る人に衰えが見え始め、卵の受け取りが出来なくなるというところに、後継者問題が常に課題のアグリビジネスの様な寂しさが見え隠れしました(^_^;)

さて、次回は「卵ちゃんキャッチ大作戦」ですね。楽しみです(笑)

|

« 昨日のネギま! 277時間目 | トップページ | マジョリン 第1巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の子竜物語 第5話:

« 昨日のネギま! 277時間目 | トップページ | マジョリン 第1巻 »