« 2010年スタートです | トップページ | 走り始め2010@新東京 »

2010年1月 2日 (土)

ジャパンカート2月号

306リンドバーグ世田谷本店で買ってきました。
環八通りは正月2日目だというのに異常な混み方でした。外回りは、瀬田の交差点から第三京浜入口を越えて尾山台まで渋滞の列が伸びていた時間もありました(;´Д`)

さて、今回の特集は2010年向け最新レーシングカート図鑑でした。1冊の半分近くを新車図鑑で埋めています。レビューでも見開き2ページを使っています。
登場する車種はこないだの試乗会に参加したブランドがメインですが、その他にワイルドカートやTecno、マラネロも紹介されています。
試乗会で実際に乗れれば良いのですが、都合で参加出来なかった人達からすれば、今月号は結構参考になる記事かと思います。

ビレルの2010年型は本当に白カウルになるんですね。赤か青ってイメージが有るので、まだちょっと視覚的に馴染んでない気がします(^_^;)。
トニー組はラインナップに特に変更無しの様です。キープコンセプトってコトなんでしょう。

見た目で精悍さを感じるのはソディとギラードでしょうか。KGの最新型カウルの視覚的効果だと思われます。
ウチはカウルにDuoを使っていますが、もう白のゼッケンカウルが届く事も無さそうなので、またカウルが壊れる事になったら諦めてKGの最新型にします(^_^;)。

他に印象に残った記事は「カート40年の技術と歴史」ですかね。
サイドポッドやゼッケンカウルは1980年前半から装着される様になったらしいです。
そういえば、昔「サーキットの狼」でカートが紹介された時、そこで描写されていたカートは何のフェアリングも装備されていない、フレームだけのものでした。WIKIPEDIAで調べたらサーキットの狼は1979年で連載を終えている様なので、誌面でカウルの類がカートに付いていなかったのは、当時としては普通だったのですね。
なお、主人公の風吹裕矢はカートを見て初めは子供のオモチャ呼ばわりしていましたが、乗ってみてビックリだった様です(^_^;)

ウチは、大きな事故でも無い限り、今年の新車導入は無い……と思います。CORSEのシャシーは長持ちかもです(*^ー゚)b

|

« 2010年スタートです | トップページ | 走り始め2010@新東京 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

おめ!

いやぁ、仕事中なんですけど、
呼ばれてきたはずが事務所のカギを開けてもらい
IDを見せて入れてもらった状態で…。
まったく、出張族なめんじゃねーよって感じです。

そういえばSPIRITのオープンシャシを買いましたが
これも白でした…。
掃除がめんどくせぇってことで、黒にしたかったんですけど…。

投稿: towaneo | 2010年1月 3日 (日) 10時40分

→ トワネオさん

お疲れ様です。正月三が日から仕事なんて、欧米みたいですね(^_^;)。

SPIRITもカウルが白なのですね……ウチもそうですけど、白って掃除しないとヨゴレがどうしても目に付きます。毎回の清掃頑張って下さい(^_^;)。

ところでSPIRIT号のボディステッカーはやっぱりνガンダム風ですか?

投稿: いぶき | 2010年1月 3日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカート2月号:

« 2010年スタートです | トップページ | 走り始め2010@新東京 »