« 疲れたので | トップページ | レース直後の月曜日は…… »

2010年2月15日 (月)

いつもどおりの……@NTCチャレンジカップ第1戦

昨日は新東京サーキットでNTCチャレンジカップ第1戦に参加しました。

前々日、土曜日にクルマのセットするため新東京へは顔を出していたのですが、雨が降っていたため出走しているクルマはまばらで、終日クラス分け無しの様でした。16:15には全車引き上げたんじゃないかな?(^_^;)

日曜日は朝5時に出発。市原市内に入ったら道路が凍っていて、赤信号でブレーキ踏んだら滑りました(^_^;)今シーズン初ABSです。

サーキットに着くと、深い霧と凍った路面に驚愕Σ( ̄□ ̄;
本当にこんなトコでレースするのか!?と思いましたが、何だかんだで日差しが出て、9時の公式予選開始時には霧は晴れ、路面も半乾きになりました。
そんなこんなで、レースのプログラム開始です。

2010年NTCチャレンジカップ第1戦
Sクラス 出走台数 : 23台

◆ 公式練習 : 10分
路面はセミウェットです。一番息子が嫌がる、こないだのジュニア占有とほぼ一緒な状況。レインタイヤでコースに出します。
……思ったよりも悪く無く、しばらくココの次くらいに迅いタイムで周回します。
少しドタバタしたのであまり厳密にセットしていなかったのですが、帰って来たドライバーに確認すると「こないだより全然イイ」らしいです。なるほど、セッティング1つ発見。
ウエイトを測ってみたら2kg足らず、急遽ウェイトを追加(^_^;)

◆ TT : 5分
他のクラスが走っている間に、少なくともレコードライン上は完全ドライになったので、息子のクルマもドライ用セットとタイヤに変更します。本当は皮むきをしたかったけど仕方無いです。
なるべく早くコースに出すつもりが、ハナから前走車に詰まってしまい、しかも貴重なTTの時間をバトルに費やすなど、ハタから見ているとガクーリな展開。結果11番手/23台で終了。
本人も反省していた様なのでガーガー言うのは止めました(^_^;)。

◆ 予選ヒート : 10周
今回からローリングスタートを厳密にチェックしようということになったのか、主催者側もブリーフィング資料を出してルールの徹底を図ってきました。
Sクラスのローリングは1回目で先頭の速度超過、2回目で後列の乱れがあり、3回目でようやく成功、スタートとなりました。
息子はポジションを落とす事無くスタート直後を切り抜けますが、クルマのセットが合っていないのか、全体的に車速が伸びません。コーナーはそんな遅く無かったと思うのですが……。
中盤で1台に抜かれ、残り2周というところで猛チャージを掛けてきたココにも抜かれて13番/23台でゴールとなりました。最後は後方の1台にもかなり迫られたのですが、何とか凌いだ様です。
クルマのセットを見直す事となりました。

◆ 決勝ヒート : 17周
リアのトレッドを調整する決断をし、それを実行した後、息子とクルマをコースに送り出します。
予選ヒートとうって代わって、今度は一発でローリングスタートが決まりました。とりあえず息子は順番を落とす事無くオープニングラップを凌ぎます。
セットを変更したのが効いたのか、それとも妻のアドバイスが効いたのか、全体的なタイムは向上している様でした……が他の車の方がまだ迅く、レース中盤の6コーナーでいっぺんに3台くらいに抜き去られます(;´Д`)
しかし、6〜7番手くらいのクルマがフタになり、カートが10台くらい数珠つなぎになったので、息子にもその後ろにも食い下がるチャンスが出て来ました。
とりあえず1台1台仕留めに入り、徐々に順位を上げて行く息子。しかし他車も負けていません、10位あたりのカートは各コーナーごとに順番を入れ替える激戦区で、そこに息子も参戦します。
そして悲劇?は起きました。6コーナーで仕留めたはずのクルマにモナコでインを差され、左側カウルに衝突Σ( ̄□ ̄; 再スタートを切るまでに、今まで抜いたクルマらに抜き返され、15位まで転落しました(;´Д`)
この時点でタイロッドも曲がり、もうまっすぐ走っていませんでしたが、最終ラップで前走2台が2コーナーで絡み、すぐ後ろまで迫っていた1台を辛くも凌ぎ、と13位/23台でチェッカーとなりました。

その後、息子より迅くチェッカーを受けたクルマの中から1台がNG、2台がマイナス1周のペナルティを課せられたらしく、タナボタではありますが10位/23台が確定したリザルトとなりました。

◎ まとめ
今回もオヤジ的に難しいレースになりました。リアのトレッド調整は、他のクルマが予選ヒート前に行っていたものを、ウチは決勝ヒートで行ったので、ここで少し損しました。しかし、どのタイミングで、どの辺を見てセット変更を他車が決断したのか、理解出来ていません。今後の課題になるであろうこの事象はしっかり記録に取りました。
コーナリグスピードは競っている他車と同じでも、直線の伸びで差が出るというのが気になります。立ち上がりが速くなれば伸びも良くなるはずなのですが……?ハードをもう少し手を入れる必要がありそうですので、そこはチームと相談です。
ドライバーは順位がぱっとしなかったことでがっくり来ていたかといえばそうでも無かったです。まぁ今のクルマでやれることはやったし、アクシデントは仕方無いかってトコロでしょうか?

レース自体はココが飛び抜けて迅く、0.5秒/周でマージンを築く勢いでした。結果は残念ですが、チャレンジカップはメじゃないという勢いは他チームやギャラリーにしっかり印象づけたと思います。

今年のNTCカップとNTCチャレンジカップは決勝ヒートが昨年までの20周から17周に短縮となりました。別に20周でもいいと思うのですが、まぁルールがそう変更されたのだから仕方無いですね。そして今回は減周に助けられています。もう3周あったら後ろ数台に抜かれていましたね。

またしても決勝10位です。なんかもう10位というのが定着しちゃっている感じです。1+0ならいいんですけど……(^_^;)。

息子を応援して下さった方々、チームメイトやスタッフの方々、ありがとうございました。次のレースはNTCカップのSクラスになりますが、引き続き温かい目で見守って下さればと思います(_ _)

P1010006

|

« 疲れたので | トップページ | レース直後の月曜日は…… »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!
大変なレースのようでしたが、調子は↑な印象ですね。

投稿: Ryotaro-P | 2010年2月16日 (火) 08時45分

→ Ryotaro-Pさん

コメントありがとうございます。
調子は上向いているとは思うのですが、何かもう1つ欲しいところです。
イケイケのRyotaro選手に比べれば、まだまだ……(^_^;)

投稿: いぶき | 2010年2月16日 (火) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつもどおりの……@NTCチャレンジカップ第1戦:

« 疲れたので | トップページ | レース直後の月曜日は…… »