« 重い路面への対応が…… | トップページ | ジャパンカート 5月号 »

2010年4月20日 (火)

レーシングカートテクニック Vol.3

As_karttechvol3_1先週既に買っていましたが、読んだのは今週に入ってからでした

目玉記事は、日本のトップドライバー5人の新東京サーキットでのセッティング煮詰めでしょう。
実際に我々もレーシングカートの練習でドライバーからフィードバックを貰ってセット変更を色々するのですが、トップドライバーのそれは決まった時間内で確実に成果の出せるものでした。
各ドライバーのセッティングシートも出ています。エンジンがKT100SECなので、たとえば各ドライバーと体型や重量が近いSSクラスの方であれば、ハーフウェットコンディションでの目安に出来るかなーどうかなーといった感じです。

ウチはSクラスなので記事が全部練習に活かせるワケではありませんが、セッティングシートのチェック項目が非常に良い参考になりました。

他にもMAXエンジンの攻略法や全日本カート選手権の記事など、かなり読み応えのある仕上がりになっています。ビレルがKF2にエンジンを出していたなんて初めて知りました

この本で特に大事だなと思える記事は「コーチング入門」だと思いました。
今回はパッシングが題材になっていますが、これがなかなか使える記事で、普段なんとなく言葉やイメージで掴んでいるパッシングのポイントを、この記事中では具体的な図と走行ラインで紹介しています。
ウチはここのページにタブを付けて、ドライバーに繰り返し読ませようと考えています

私もかつてそうでしたが、何で抜けない?をドライバーに言い続けたことがあります。しかし、こうすればいいじゃん、的な話が出来ず、結局それは私もドライバーもフラストレーションを溜め続けるだけでした。私がレーシングカート経験者ならアドバイスの一つでも出来たでしょうけど……。
今回の「コーチング入門」では、スムーズなパッシングが出来る、その裏付けも文章に起こしています。パパがそこを読んで理解すれば、指導できないというジレンマをある程度解消し、ドライバーが一緒になって追い抜きというアクションを考える、良い土台になる記事だと思います。

これを実践で検証するためには他のドライバーに一緒に走って貰えるのが一番ですが、イメージトレーニングよろしく頭の中で追い抜きを思い浮かべるだけでも勉強になると感じました。

全然話は変わりますが、ウチの近所のGSで値上げがあり、軽油の値段が105円/L→117円/Lに変更されました。今年のGWで高速1,000円が終わりになるので、その特需を見込んでの値上げかと思った次第です。
うーあー勘弁して欲しいです

|

« 重い路面への対応が…… | トップページ | ジャパンカート 5月号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーシングカートテクニック Vol.3:

« 重い路面への対応が…… | トップページ | ジャパンカート 5月号 »