« 疲れちゃったので | トップページ | 5月5日はやっぱり暑かった »

2010年5月 6日 (木)

JUNIOR KART FESTIVAL@新東京

昨日のレースはジュニアカートフェスティバルと銘打っていたので、下は幼稚園児から上は中学生まで、子供ばっかりのレースでした。
いつも新東京で見掛かるコマー、ジュニアカデット、Sクラスに加えて、今回は月末のKRPの前哨戦も兼ねてキッズカートやスバルカデットも加わって、日頃なかなか新東京ではお目に掛からないカテゴリーのレースも目にすることが出来ました。

新東京JUNIOR KART FESTIVAL
Sクラス 出走台数 : 16台(エントリー台数も16)

◆ 公式練習 : 10分

路面状況を知りたかったので、最初の数周を高めのタイヤ圧で、ピットに一度入れてからの後半は低めのタイヤ圧でコースを走らせました。低めのタイヤ圧でドライバー本人のベストタイムに近い記録が取れたので、低めで出すことに。
この段階でドライバーはベストタイムの0.1s/周まで来ました。
路面のグリップに頼れないレースになるのかなと感じましたです。

◆ TT : 5分

タイヤ圧もセッティングも路面に合わせた準備をし、先頭でコースに出られるようにして、スタートさせました。
今回のレースの中心になると思われる、Shin選手やチームメイトのMari選手の間に入って走れたので、遅いクルマに引っ掛かることもなく、いいペースで周回することが出来たと思います。
しかし、3周目で出したタイムがペストタイムになり、それ以降は各車タイムが伸びなくなります。そういうわけで息子のタイムはしばらくの間電光掲示板の2番とか3番とかにいて、最後の最後まで4番だったのが、チェッカーフラッグ時に他車に4番に飛び込まれ、結果5番/16台になりました。
暫定PPはShin選手。
息子の方は、SクラスのTTでしばらくの間電光掲示板にタイムが残っていたらしく、びっくりでした。

なお、前回のレースではTT時にガソリンタンクのフタが取れてしまったので、今回からフタの上からガムテープで塞ぐことにしました(^_^;)

◆ 予選ヒート : 10周

初めの1周は隊列が整わなかったので、2周目でスタート。そんなに悪いスタートではなく、順位はキープ。TT4位のクルマがアクシデントか何かで後退したため、息子は繰り上がって4位に上がりました。
前走車とはじりじりと距離が詰まり、残り3周で後ろに付き、残り2周の3コーナーで差して一度前に出るのですが、その後の6コーナーの処理がマズくて抜き返され、失速します。
残り1周で後ろに2台背負いましたが、何とか抑え切り、4位/16台で予選ヒート終了。
順番を落とさず、表彰台が見える順位で終わったのは、同じくらいのレベルのドライバーが走るレースでは初めてなはず。
PPはMari選手。

◆ 決勝ヒート : 20周

滅多にないポジションで予選ヒートを終えた息子ですが、緊張がピークに達したのか腹が痛いとか言い出しました;´Д`)
加えて、コマー60クラス決勝のアクシデントを目の当たりにしてしまい、ナーバスだったところに更に外圧が掛かった様です。
何となくイヤな予感はしていたのですが、ローリングスタートに失敗し、2コーナーに入るときには完全に後続に飲み込まれてしまいましたorz 

一度10位くらいまで順位を下げ、何とか何台か抜くのですが、普段のペースを維持できないばかりか、抜けそうで抜けないライン取りばかり繰り返していたので、焦りで走りが雑になっているのが外から見ていても判ります。
同じペースで走るクルマを抜きあぐんでいるうちに息子自身が後続にも迫られ4台のグループを形成、そしてペースが落ちた前走車をグループで唯一抜きあぐね、抜いていった後続車とも水を空けられることに。
その後はもう1台にも抜かれ、結局8位/16台でチェッカーとなりました。悔しい結果です。
優勝はShin vs Mariでもモツにモツれ、最終ラップのモナコヘアピンで勝負あり。Mari選手の優勝です。おめでとうございます。

◆ まとめ

予選ヒートまでは堅調だったのですが、決勝ヒートのスタートがこのレースの全てでした。
スタートで失敗したのは、緊張で前走車のダッシュが見えなかったのか、キャブの調節に失敗したからと思います。
こういうプレッシャーは慣れしか無いのでしょうから、私は迅いクルマに仕上げ、息子は迅く走って上位を目指し、こういう舞台をどんどん経験していこうと思います。

息子は決勝ヒートが終わったとき、ストレートの伸びが足りなかったと口にしていました。レース後のタイヤの空気圧は狙ったポイント通りで、リアの剛性に変化を求めなかったので、足りない伸びの原因はアレかなーと。決勝ヒートで数周に渡ってモツれ結局抜けなかったクルマに対して、今思えばストレートでもうちょっと伸びれば、抜くまでの組み立てが出来たかなという感じです。

午前中でペストタイムが出た後、午後に向かってどんどんタイムが伸びなくなる経験を今回初めてしました。ウチだけでなく、どのクルマもTT3周目から伸び悩むといった具合。
前日練習していた他車はこの状況を気候から読んで対策を打てたでしょうけど、ウチはそれが無かったので、セッティングで他車に半歩後れを取ったかもしれません。

いずれにしても、ウチらの準備不足でした。猛省です。

息子の応援に来て下さった方々、競争相手でありながらお声掛け下さったレース参加者の方々、そして一緒に練習してくれたMari選手とサポートして下さったチームスタッフに心から感謝したいと思います。

息子のカートは、フレームにクラックが入り、ベアリングも交換を要する状況となったため、ドック入りです。
週末までに治る様であれば、5/9のNTCで練習します。

|

« 疲れちゃったので | トップページ | 5月5日はやっぱり暑かった »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
Sクラスってお子様のクラスなんだからいつもの人数揃うのかなぁって思ってたんですが、そうでもないんですね。

で、シニアカートフェスティバルはやってくれないのかなぁ(^^;
やるんなら…敬老の日か(^^;;;

投稿: ★ゆのじ★ | 2010年5月 7日 (金) 01時21分

→ ゆのじさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。
今回は、どのレースにも「昨年のシリーズ戦で年間3位以内のドライバーは出場不可」というお達しがあったのと、来週末にチャレンジカップを控えているのでタイヤ等費用の関係で今回見送ったりしたトコもあった様です。
本当は13〜14台程度の参加だったのですが、Sクラスのドライバー達が関西や中京からの遠征組に声を掛けて16台に増やしました(^_^;)

シニアカートフェスタ……敬老の日ですかね〜(^_^;)。カートやるくらいだから参加ドライバーは老いてないはずですけど……(^_^;)

投稿: いぶき | 2010年5月 7日 (金) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JUNIOR KART FESTIVAL@新東京:

« 疲れちゃったので | トップページ | 5月5日はやっぱり暑かった »