« 私も貴賎は無いと思いますが | トップページ | R246支線に行ってみた »

2010年5月19日 (水)

ジャパンカート6月号

310jk_hyoushi_2そういえば、GW中に購入してて読むのをすっかり忘れていました(^_^;)。
……とは言いつつ、あまり読みどころも無い様な気がします(をゐをゐ)。

まだK-TAIとか間があるのでスポーツカートと全日本ネタで引っ張っている感じですが、そんな中興味を引いているのは前月に引き続いてやっぱりカート工学情報ですね〜。

リアのたわみ量が数式で示されていますが、これにハブが入った場合の模式図も有り、実際にカートで走った場合の設定に近づいた感じです。
ハブの剛性や長さも加えるとまだまだ計算が必要になると思いますが、先月の後輪キャンバーという考え方が目に見えると結構気付きが出てきます。

コーナリングの刹那にリアシャフトやハブがどんな仕事をしているのか、記事を読みながらイメージを馳せますね〜。
ソレをどうやって息子の走りにつなげるか、はオヤジの理解力次第なのですが……(^_^;)。

|

« 私も貴賎は無いと思いますが | トップページ | R246支線に行ってみた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカート6月号:

« 私も貴賎は無いと思いますが | トップページ | R246支線に行ってみた »