« 四人リーチ | トップページ | ASR/EVO »

2010年5月27日 (木)

アップル 株式時価総額マイクロソフト抜く

うーん、これも趨勢でしょうか?

<米アップル>株式時価総額マイクロソフト抜く- Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100527-00000041-mai-brf

>株価に発行済み株式数を掛け合わせたアップルの時価総額は2221億
>2000万ドル(約19兆9900億円)となり、MSの2191億
>8000万ドルを抜き、情報通信(IT)関連企業としての時価総額で世
>界一に躍り出た。

21世紀に入ってこんな時代が来るなんて、夢にも思っていませんでしたけどね〜。
Apple社の本業(?)の、コンピュータのハードウェアの売り上げがどうなのかはココでは書いていませんが、多分に今のApple社の業績はiPodから続くデジタル音楽プレイヤーの系譜が支えているんでしょうね。

>アップルは90年代、パソコンのOS(基本ソフト)をめぐる競争でMS
>のウィンドウズに敗れ、90年代初頭に約10%だったパソコン「マッキン
>トッシュ」の市場シェアが97年には3%台まで低下。2年連続で大幅赤字
>を計上するなど経営危機に陥った時期もあった。

私の知るところのApple(その頃はApple Computer社か)のイメージってまさに上記の頃で、丁度Macintoshの筐体が微妙に成り出したあたりです。
自身も半年に一度Macを買い換えてみたり、伝道師よろしく人に勧めてみたり、とひたすらMacに染まり、そして今に至っております(笑)。

OS戦争の勝負がつき、Macなんて使いたい人が使えばいいんじゃんというスタンスになった頃にはMacとWintelとの比較に意味を見いだせなくなり、そうこうしているうちに自身をとりまく環境が変わって短いスパンでの買い換えが出来なくなるなど、私のパソコン関係への関心は実生活の中でかなり希釈されたと思っていましたが、このニュースに反応したってコトはまだ私の心のどっかにMac vs Wintelっていう意識があるってことなんでしょうかね〜(^_^;)

Applelogoウチの会社の、ボーナス支給の時期が判りましたが、はたして我が家は新Macを購入できるくらい貰えるでしょうか?それともレース用ニュータイヤで消えてしまうのか?

そして、今時のお子様は、左側のマークを見て「iPodのマークだ」と思うでしょうけど、昭和生まれのオジサンはiPodのマークと言われることに未だに違和感を払拭できないでおります(笑)

|

« 四人リーチ | トップページ | ASR/EVO »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップル 株式時価総額マイクロソフト抜く:

« 四人リーチ | トップページ | ASR/EVO »