« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

OMP SLASH

レーシングスーツを物色していたらOMPの緑色のスーツを見つけました。

緑色のスーツってスパルコ製トニーカートワークススーツを真っ先にイメージするのですが、このOMPのモノもなかなかイイ感じですね。

ドライバーの身長、どんどん伸びているので、もう少ししたら大人サイズにも届くかなーとも思うのですが、私に似たらチビッ子だろうからそれは当分先かな……?(^_^;)

OMP SLASH(スラッシュ) レーシングカートスーツ ホワイト/ブラック/グリーン CIK LEVEL-2公認 本国取り寄せ品 OMP SLASH(スラッシュ) レーシングカートスーツ ホワイト/ブラック/グリーン CIK LEVEL-2公認 本国取り寄せ品

販売元:モノコレ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

壊れたピストン

St330043日曜日にナラシに行った時、チームのメカさんから引き取りました(^_^;)。
うーん、ものの見事にピストンの下部がもげています。これじゃ全然回らなくなりますよね(^_^;)。
とりあえず、ピストンの破片がピストンの頭に来てピストンを粉砕……なんてことにならなくて良かったです。そしたらヘッドから何から全部交換っていう事態に……(^_^;)。

新しいピストンに関しては、以下の通達が出ています。

ヤマハモーターパワープロダクツ(株)通達書

リブの補強が記載されているので、やっぱり今のピストンは問題があるのかな〜?
来年のレースから全面的に新ピストンで統一する様なので、……昔からのダイレクトモデルを使っている人達は今度どうするんだろ?(^_^;)オーバーホールする時にでも取り換えるのかな?

St330044

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

高速0円はいいんだけど

日本の高速道路の、37路線・50区間で走行料金を無料にする「社会実験」がスタートしました。

http://www.asahi.com/national/update/0628/TKY201006280374.html?ref=rss

綺麗事を言う気は無いですが、高速道路を頻繁に利用する身としてこの社会実験は有り難いものの、受益者負担の原則に則ると高速道路を無料で開放するっていうのは違和感があります。
最終的に、開放した区間を一般国道化・国土交通省に移管して、一般道路の整備費で保守をまかなう……というのはアリなんでしょうけど。

八王子バイパスが無料になっているので、八王子市内の南北交通の流れがどうなるか、興味があります。
西湘パイバスは……前にも書いたとおり、週末の渋滞に拍車が掛からないでしょうか?

かなり大規模な社会実験なので、実験終了の暁には、政府にしっかりと実験結果を振り返って貰い、高速道路の延ばし方の展望をはっきりさせて欲しいものです。
ただのバラマキ政策の一環でした、なんて口が裂けても言わない様に(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

ナラシ走行@新東京

エンジンのオーバーホールが終わった様なので、ナラシを行いました。
小雨気味の天気だったのでどうしようか迷いましたが、9時に近づくにつれて雨足が穏やかになり、ついには止んだので(^_^;)、決行することに決めました。

午前中を掛けて低速→中速→高速→キャブ濃い目での走行、とじっくりナラしました。ドライバーはフラストレーションが溜まっていましたが、午後から普通に走れるということでガマンしていた様です(笑)。

ナラシの時もそうでしたが、小雨が降ったり止んだりだったので路面の状況はあまり良く無かったと思います。午後になってもそれは顕著で、タイムはあまり期待できる感じでは無かったです。
しかし、コースに出ている各ドライバーのタイムが同じ所に揃っちゃうので、随所にバトル練習が展開されました。特にSクラスは、我々の様にハタから見ている分には面白かったです。

路面がスリッピーな上に前後に常にクルマが居る状況で湿度も高く体力を奪われる、となる息子はセッションが終わるたびにヘロヘロになっていました。体力も気力も消耗する練習っていうのはイイことです(笑)。

カートの清掃が終わる頃には薄日も差して、すっかり良い天気になりました。
帰路も渋滞など無く、アクアラインもスイスイでしたので、そんなに私は疲れずに帰って来られたかな?

来週はもう1機のエンジンの、ナラシ走行の予定です。息子には頑張って貰わないと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

今週のネギま! 293時間目

やっと週末になりました。
今日(土曜日)は整骨院へ通院、日曜日はエンジン修理が終わっていればナラシ@NTCになります。

さて今週のネギま!ですが、月読をネギ君が捕まえたところから始まります。
ネギ君雷化で斬れない腕を膝で押し上げて脱出を謀る月読は、本屋を人質に取ってネギ君の本気を引き出そうとしますが、ロケットパンチを食らってしまいます(^_^;)。
降伏を呼びかけるネギ君に対して、月読はトリップし掛かる様ですが……本来の役割は創造主の掟を使った悪魔の召喚によるネギ・パーティの足止めって感じですね。
コレット達を斬ろうとしたりネギ君とバトッたのは、彼女にとって余興の範疇なんでしょうかねぇ……?

月読サン……身体が無茶苦茶柔らかくないですか?特に股関節(^_^;)月読の姿勢を参考にして私も動きを真似てみましたが無理でした(^_^;)。

おそらく誰にも言われるまでも無く、身体が柔軟っていうことはアスリートには大切なことで、それは格闘技などの武術でも一緒だと思います。
関節が柔らかいことは、例えば身体に無理な姿勢を強いる状態に陥ったとしても、身体を痛めずに済みます。身近なところでは捻挫の予防ですね。また、可動範囲が広がるので、捩力を使った攻撃力アップも期待できます。ピッチャーの肩や肘、バッターの腰なんかがその類です。
加えて筋肉も柔らかいと疲労が少なくなります。多少の外的ストレスは筋肉が吸収しちゃうんですよね。

腰痛持ちとしては、月読サンの柔軟性にあやかりたいです(^_^;)

さてその月読ですが……戦うコトかでしか彼女は自身の奥底を満たせない類の人種って言うこと彼女のセリフで改めて解ります。
あるコトを成すに当たって、戦うことも辞さない……というのであれば戦闘は目的達成の手段の一つです。しかし月読はフェイトの成そうとしていうことにはあまり興味無く(一応「あんたはんの目的は?」とフェイトに尋ねてはいますが)、「血と戦があれば十分」らしいです。
手段の目的化、と言えばいいのでしょうか?もうちょっと書くと「手段のためには目的を選ばない」ってことになるのかな?
こういう類の人には、目的や信念を持って動いている人(ネギ君やフェイト)の「譲れない部分」なんてどうでもよく、むしろ「つまらない制約で自身を縛る人」と蔑んでいるかもしれません(勝手な憶測)。

ネギ君は、そういう「手段を目的にしている人」は当分理解出来ないと思います。彼にとって戦闘はもっとも回避したい行動であることは間違いなく、また行ってもそれを最小限に留めたいでしょう。戦うことが目的であろう月読とは戦闘に見いだす意味に大きな隔たりがあるからです。

ネギ君が将来月読を理解できれば、……彼はおそらく醒めた大人になっているんでしょうね〜「まぁ世の中そんな痛い人も居るよね」みたいな感じで(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月22日 (火)

ちょっと忙しくなるので

更新をお休みします。
再開は土曜日から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

2010年NTCCUP第3戦

前日まで雨という予報だったのに、日曜日になってみると傘マークが取れていました。雨レースの準備を土曜日に行っていただけに、ちょっと肩すかしな感じ?
そしてリザルトの方は既に新東京サーキットのHPに出ているのでソレを見ていただくとして、さっぱり感満載のレースになっちゃいました_| ̄|○

続きを読む "2010年NTCCUP第3戦"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

疲れちゃったので

更新は明日以降に行います。
ストレスが溜まるレースだったなー(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

今週のネギま! 292時間目

2週間ぶりのネギま!です。
ありていに言って世界の危機、ですか……。フェイトの、みんなが幸せになる?大作戦が発動した様ですね。
アーニャを回収するルートにフェイト達が立ちはだかる絵になっているので、ストーリーは非常に合理的に流れる感じですね〜。

ヘンタイ総督様とタカミチの決着は……多分付いていないんでしょうね。バトルの途中で魔力のイヤな流れを二人とも感じ取ったでしょうから、争っている場合じゃないからネギ・パーティに連絡を取ろう、と。

アスナがすっかり電波娘になっています(笑)。栞とコミュニケーションを取りながらいつまでバランスを保ってられるか心配ですが、今のところはアスナが表面に出ておけばOKでしょう。それにしても、このアスナは栞がコピーした人格のハズですが、すっかり本当のアスナですね(^_^;)。コピーした人格が「変わりなさいよ」と言って本体(栞)と入れ替わる事が出来るっていうのは、器用以外のなにものでもありません(^_^;)。ただ、コピーした人格に押されちゃう栞には、栞の性格が感じられないというか何というか……。こういう術だから仕方無いのかな?

アーニャを回収するときに、おそらく本当のアスナと栞コピーのアスナがばったり出くわすのでしょうけど、ドッペルゲンガーみたいなものですよね。普通はオリジナルに命の危機が発生するのですが、このケースは栞のコピー術なので術が解ける、なんて展開と見ました。
その辺をどう処理するかはお楽しみですね(^_^;)。

月読がグレートパル様号に斬り込んで来ましたが……意図が見えませんでした。刹那と戦う前に無駄な殺生をしておこうってハラでしょうか?ネギ君がとりあえず捕まえましたが、このまま刹那とサシで戦ってもらいたいですね。

私はお腹が弱いので、ゆえ吉の「麻帆良名物・珍奇なジュース巡り」には同行できません……(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月18日 (金)

Night Line / Yasuko Agawa

私には、どうしても耳から離れない、幼い頃に聴いた曲がいくつかあります。

朝のホットラインの天気情報BGMだった「Alcatraz」
ポンキッキのEDだった「かもめが空を」(←正式な曲名では無いらしい)
ミル・マスカラスの入場曲の「Sky High」
そして、三田工業(現・京セラミタ)のCMで流れた「Night Line」です。

このCMは……多分にゴールデンタイムの番組に入ったものだと思いますが、ビル群をバックに空母が入ってくるというアンマッチな映像と、リズミカルな曲のギャップが強く印象に残っています。
当時まだ子どもだった私は阿川泰子氏のことなど知らず、ただコピー機のCMのあの曲は何だろうという想いを抱えていました。

Night LineのフルバージョンはYoutubeのこちらで聴けます。

いい曲だと今でも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

アルゼンチン4−1韓国

仕事から帰ってきたらTVで放送していました。

韓国も前半終了間際に1点取ったのですが、それがアルゼンチンに火を付けちゃったかな?
メッシ凄かったです。0.2秒でボールを2回タッチする(って読売新聞に書いてあった)って本当なのかも。

ところで、後半にマラドーナ監督が観客席から拍手を受けたシーンがありました。

http://www.asahi.com/sports/update/0617/TKY201006170646.html?ref=rss

うーん、太ってもオジサンになってもマラドーナはマラドーナなんですね〜(^_^;)

さて、明日で今週も終わりです。
週末のNTCCUPに向けて頭を切り換えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

どうやらフルグリッド

週末のNTCCUPですが、息子がエントリーしているSクラスは34台エントリー。新東京サーキットのフルグリッドとなる様です。

http://newtokyo.exblog.jp/14599295/#14599295_1

息子の世代、本当にライバルが多いです。
でも、競争相手が沢山いるっていうのは、実はとっても有り難いのです。
みんなが居るからこそ、レースが成立し、競えるのですから。

レース参加の皆様、お手柔らかにお願いします(_ _)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

今朝のスポーツ新聞の1面トップは

こんなんだったらしいです。写真はサポティスタから。

Up1

本番直前まで全然勝てなかった日本代表だけに、この勝利はインパクトが大きかったのか、店頭売りのスポーツ新聞は6紙で日本代表の勝利を伝えています。
版数が若い紙面が届く地域は大相撲の野球賭博がトップだった様ですが……(^_^;)

カメルーン側がボールを持った時にあまり怖さを感じなかったのが不思議でしたが、それは日本側の「無理に仕掛けずカメルーン側にボールを持たせたまま焦らす」作戦だった様で、結果的にツボにはまったみたいです。エトー選手に大した仕事をさせなかったのも効いたかな?
とりあえず、勝てて良かったというのが率直な感想です。

次の試合はオランダ戦で、6/19(土)20:30キックオフです。
NTCCUPの前日か〜。観ておこう(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

ここ最近で一番感動したかも

小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏突入を今朝TVニュースで観ました。

さまざまなトラブルも「こんなこともあろうかと」で乗り越え、地球に帰還し、そして役目を終えた探査機は大気圏で燃え尽きて……と。

これ観て今朝は体が震えました。凄い。一言では書けませんよ、映像を観た時の身震いは。そンくらい感動しました。そのヘンのドラマのヌルいハッピーエンドよりインパクト大。

事業廃止や切り詰めを指導する仕分け人の方々は、科学分野にも切り込んで、今すぐ成果の出ないモノなぞ無駄無駄無駄ァーッと叫んでいました(様な気がしていました)が、彼らにはやぶさの功績(石を持ち帰ったとかの成果ではなく、はやぶさを制御する技術力と開発力)とコストを是非天秤に掛けて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

蒸着!

レーシングカートのヘルメットのバイザー部ですが、みんな鏡みたくキラキラしたものを使っています。ミラーコートのバイザーですね。

Minekawa_2

バイザーのキラキラした部分は「光学薄膜」というらしいです。二酸化珪素やジルコニアを気化させてバイザーなどの樹脂に蒸着させます。
色の違いは何を蒸着させたか、その金属元素で現れる様です。それにより、紫外線をどれくらい吸収するとか、可視性が変わってくるとか色々あります。

ただ、一般的にミラーコートのバイザーは高いです。普通のスモークのバイザーと比較すると、約2倍でしょうか?その分、晴天下では高機能を発揮します。真空の環境下で金属を気化させて吹き付けるのですから手間も掛かるのでしょう。

ところで「蒸着」と言えば、我々の世代はやっぱり彼を思い起こすでしょう。

250102

少し昔の番組になりますが、忍風戦隊ハリケンジャーに出てくる「ニンジャ オブ ニンジャ」シュリケンジャーは変装体が過去のスーパー戦隊に出てきた戦士達で、シノビチェンジのアクションは俳優さんがその当時所属していた戦隊のポーズを取るのですが、大葉健二氏がシュリケンジャーの変装体を演じたときは、シノビチェンジのアクションがまんま「宇宙刑事ギャバン」でした。
放映当時は40歳台後半だったと思いますが、ギャバンの頃の素早いアクションポーズは健在で、ビックリを通り越して感動モンでしたです。5:55あたりからどうぞ。

今日のレーシングカート練習は……微妙でした。
NTCCUPが不安です(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

整骨院の方ですが

左足の付け根が痛かった問題は、治療のおかげで、普通にあぐらをかけるくらい足が開く様になりました。
よかったよかった。

あとは左腰の痛みだけですね〜。骨盤調整を行い、体の中からじっくりと治していく予定です。

Photo腰痛に手っ取り早く効くのはストレッチです。私の場合は左の写真の様なストレッチを左右何回か繰り返すと、とりあえず痛みが取れます。

あとは、仕事中にティーサーバーでお茶を入れている最中に、前屈体位を取るくらいでしょうか。仕事柄机に座りっぱなしになる日が多いので、立って歩く機会があるときに前屈体位を取ることにしています。腰痛予防ですね。

それでも腰痛はガンコなもので、今も腰に鉛の板が1枚入っているかの様に感じます。
息子のカートをスタンドに上げる時にはどうしても負担が掛かる部分なので、……息子よ、もっと体重付けてくれ〜(でもオヤジの様なゼイ肉はダメ)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月11日 (金)

週末の予定は

6/12(土) : 整骨院に行った後、お仕事
6/13(日) : レーシングカート練習@新東京

今週1週間忙しかったですが、当分こんな感じで忙しい環境になりそうです。
仕事があるのは有り難いことですが……。

13日の天気予報は……雨?晴れ?わかりません(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

ハイエースで赤色が設定されていないのは

23781多分に、郵便集配車と勘違いされちゃうからじゃないのかなーと思う今日この頃です。
左は、アオシマ社で発売された「 赤い郵便車 ハイエース (200系)」なんだそうです。

そういえば、今のハイエースは8月にマイナーチェンジするらしいですね。ヘッドライトが大型化されてバンパーの形状が変更されるんだとか?

ここで変更部位の写真も載せています。

うーん、カッコイイかどうかは判断つきかねますね、現物見てみないと(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

アニメ声ってこういうヒトのこと言うのか

その芸が面白いかどうかはさておき、本業が声優さんじゃないのにアニメ声で話す人って初めて見た様な気がする……(^_^;)。普段はニュースかスポーツ番組くらいしか最近視てないので……

エヴァンゲリオンのことはよく知りませんが、こないだの日曜日、東名上りで綾波レーシングっていうステッカー貼ったマツダのプレマシーのヨコをしばらく走ってました.
仏頂面の綾波レイをデフォルメするとあんなデザインになるんだろうなーなんて妙に納得(^_^;)。

あー早く週末にならないかな(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

久々に6億円が出たみたい

toto BIGですが、久々に6億円当たりが出た様です。

http://www.asahi.com/sports/fb/TKY201006070004.html

そういや今年に入ってまだtoto買ってないな……。
次のtotoは明日で締め切りなので、急いで買いに行かないと(^_^;)。

6億円かぁ〜。F1だったら公式練習1回乗ってオシマイっていうシート料なんだろうな〜(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

横浜⇔大井松田を自転車で?

最近、大井松田カートランドは写真部を作ったり自転車部を作ったりとレーシングカートのみならず活動のフィールドを広げている様です。
スタッフの方で伊勢原から大井松田KLまで通っている方が居るらしく、結構な距離がある上に坂道を結構走るんだろうなと感心しました。

さて、横浜から大井松田KLに行こうとしたら……?
私の予想は片道3時間と見ました。

横浜から大磯まで2時間くらい(実績値)。なので大磯から二宮経由で大井松田までだらだらと坂を上がるともう1時間追加、ってことになるんじゃないかな〜?と。
中原街道から用田のあたりでr22に入って西進、伊勢原でR246に入ればそんなに時間掛からないかな?
まぁそのうち試してみます(^_^;)。

でも往復6時間だと1日掛かりの仕業になっちゃいますね〜。そんな時間出来るのかな?(^_^;)

Omklcc_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

成田エクスプレス253系が長野電鉄へ

鉄道コムの記事によると、成田エクスプレスの253系が引退して、長野電鉄へ譲渡されるんだそうです。

成田エクスプレス253系が長野電鉄へ - 鉄道コム

この電車には2度乗ったことがあります。
1度目は新婚旅行の帰りに。
2度目はお客さんへ出荷する物品を工場から成田の通関業者さんへ渡すときの交通手段として。
中の席はボックスシートだったのですが、すごく広いんですよね。日本人なら足を組んでお互い向き合っても足同士が触れるコトなんて無いんじゃないかな?

最近、微妙に馬面の新型NEXに置き換えが進んでいるのは知っていましたが、253系であればデザインや内装の秀逸さからいってどこでも引き取ってくれそうな気がします。

そうですか、また思い出の電車が首都圏近郊から去っていくのね……(;_;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

ケロロ爆走?@APG

先日行われたAPGのレースで、スーパーSSクラスがカートオンラインにて仮編集のままアップされています。

http://www.kartonline.jp/

目立って映っているのは、やっぱりケロロ号。ドライバーは彼の方です。
うーん、やっぱりカメラ映えするな〜。

こうなっらた、ケロロ小隊でエントラントを取得した方が楽しいのでわ……?(^_^;)>(ゆ)軍曹殿

K66_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

今週のネギま! 291時間目

ネギ君は、自分の身の振り方とフェイトをどう思っているのかを吐露しています。

カモ君は「そうなったら、そン時ァそン時だ(意訳)」と語るネギ君を「丸投げだ」と言って驚きますが、魔獣と化してしまうものを包括する術は今は無いってことをネギ君自身が悟ったってコトでしょう。
力を奮わないと相対する者には勝てない、しかし奮うとヒトでは無くなるという条件出しがあったとき、ネギ君は迷わずヒトであることを捨てるでしょうね。ただ、姿達が変わっても別に死ぬわけじゃなし、僕は僕なんだという強い意志が有れば、この先何とかやってけるんじゃないでしょうか?

もしもネギ君が元に戻れないであろうその場合、対応するのは二の太刀をマスターした刹那ってことになるんでしょうね。ネギ君はおそらく刹那の二の太刀で魔力をいっぺんに失うと思うので、そうなったらもう「魔法先生」って冠は無くなるでしょう(笑)。

ネギ君vs超を思い出しましたが、彼は超に対して最後まで敵とかではなく先生として接していたと思います。先生として、間違ったコトをする生徒を止める、という姿勢は一貫していたかと。
なので「友達になりたい」という発想は、ネギ君の超に対するアプローチを覚えていれば案外容易に思いつくキーワードだと思いました。
友達になりたいと思っているからこそ悪事を止めさせるのか、悪事を止めさせて手打ちの流れで友達になるか、フェイトもネギ君と闘いたいという気持ちがあるので、順番はさておき相思相愛になることは間違い無いでしょう(笑)。

話の流れはネギ君vsフェイトのガチンコバトルでネギ君が勝利し、フェイトがリライト推進を止める……というシナリオがしっくり来るのですが、それだとストーリーとして在り来りだし、リライトが止まったとしても魔法世界の消滅回避の解とはならないんですよね〜。

とりあえず1週お休みになるので、消滅回避策に想像を巡らそうと思います。

コタロ・ネギ君・フェイトの3人がツルむと結構面白いと思います。昔ながらの三羽烏ですよね。

(1) コタロは行動第一の直情型
(2) ネギ君はコタロに振り回されるアワアワ系
(3) フェイトは上の二人(特に(1))を傍観して最後にオイシイとこを持っていく

だいたいトラブルを引っ張ってくるのは(1)ポジションで、くそまじめな(2)ポジションが真に受けて振り回され、(1)を馬鹿馬鹿しい奴と思いつつ面白いのでくっついている(3)ポジションが最後まとめる、なんていうので一話読み切りのエピソードが何個が作れちゃいそうです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月 3日 (木)

コソ練@新東京

昨日、6/2(水)はヨコハマ市内の公立校が「開港記念日」ってことでお休みでした。東京都の「都民の日」と一緒ですね。息子も本日は休校。
ってことで、新東京サーキットにこっそり練習しに行きました(^_^;)。

着いてみるとSクラスのクルマが1台、あとはSSクラス数台とミッションカートで6台くらいかな〜?誰もいないってことは無いと思っていましたが、2〜3台程度とかじゃなくて少しほっとしました(^_^;)。

練習の方は……手を変え品を変えタイヤも換え、とあれこれ試しましたが40.5s/周で頭打ちになりました。
流石にドライバーも立腹したのか渾身?のアタックを練習時間最期の数周で試みましたが40.4s/周に到達せず、カートから降りた後は凹んでか疲れてか眠ってしまいました(^_^;)。

タイム向上が期待できる様な路面ではなかったですが、あと0.1s/周削るために何をしよう?と色々ドライバーとオヤジメカで考えたことが良かった事かな?

今週末もレーシングカート練習に行くはずでしたが、急遽息子が学校の将棋大会に駆り出されることになってしまいまして(^_^;)、次の練習は6/13(日)になっちゃいました(^_^;)。

NTCCUPは6/20(日)なのですが前日土曜日も学校行事で走れないため、実質6/13が最期の練習になります。
あーどうしよう?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

今月の子竜物語 第9話

のっけから、タータvsクルヤです(笑)。
そりゃ自分の竜術士を追い出そうなんて口走った人とは合わせたくないでしょう、タータの気持ちは判ります(笑)。

リンテッテの家へ、マシェルの子竜6人(居ないのは勿論ナータ(笑))と一緒にクルヤが向かう際に、クルヤは「竜術士の将来」について語っています。

コーセルテルに来る人間ってどんな人達なのか、クルヤはすごく解り易く説明しています。おそらく読者がイメージしていた様な、そういう事情を背負った人達です。
少し違和感を覚えたのは、クルヤが竜術士の一生を竜の視点で見ているので、竜術士の本音はどうなんだろうということでした。

クルヤの言うとおり、コーセルテルに来る人間は色々な難しい事情を抱えています。家族を失ったマシェルやランバルス、亡国の王女のエレ、塔に閉じこめられたモーリンなど。病弱だったコゼリィは竜伝説を頼った父親に連れられて来た様です。
劇中クルヤはそれを「行くあてもなく帰る場所もない」「そしてほとんどが自分の将来については何も考えていない」と語っています。

でもコーセルテルに来たことによって、今を生きる希望を竜術士(その段階ではまだ候補でしょうけど)が見い出せたのであれば、それでOKなんじゃないでしょうか?
その上で、竜術士の将来は竜術士が決めることなので、コゼリィが一生をコーセルテルで終えたのも、マシェルが将来はコーセルテルを離れることを考えているのも、それらは竜術士の判断なのだから何も問題は無いと思います。
言い方が悪いですが、クルヤの発想は「余計なお世話」なんじゃないだろうか、と(^_^;)

クルヤの考えることと竜術士の心理が果たして一致するのかどうかの検証が無いことが私の持った違和感でした。
でもそれは最後から2ページ目のコゼリィの一言で払拭された感じです。

最後から3ページ目の、クルヤとタータの掛け合いは、笑顔の下の怖い心理が背景の子竜達を通して読みとれます。
「マシェルがコーセルテルに居られなくなるとすれば、それは君たちがトリガになるんだよ」というクルヤと「立派な補佐竜になるから、アンタの杞憂なんざお呼びじゃないっつの」というタータの声が聞こえてきそうです(^_^;)

暗竜の卵ちゃん、なかなか姿を現しませんね。新しい暗竜術士が見つかるまで劇中には描写される機会が無かったりして(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

コレで黄金聖闘士だ(違)

Drivinglicenceあ、一応昨日は運転免許も更新しましたです。
誕生日はもっと前だったのですが、なかなか更新しに行くヒマが無くて……。
朝9時に受付して、10時10分には更新された免許をゲットしました。講習は30分程度で済みました。

色々と個人情報とか入るので右の写真は何カ所か修正していますが、本籍の部分には本当に何も書いてありません。ICが内蔵されており、本籍の情報などはそこの中にでも入っているんでしょうね。
顔の方は、あまりにも写真映えが悪いので、代理としてネギま!のゆえ吉に出張って貰いました(^_^;)。

有効期間の欄がゴールドになりました。これで私も黄金聖闘士でございます(←違うだろ)。
個人的には牡羊座の黄金聖衣が好きですが、私の星座は牡牛座です(^_^;)。
今後とも、交通ルールを守り、マナーを心掛けて運転し続ける所存でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »