« 週末の予定は | トップページ | 峠アタック開始 »

2010年10月23日 (土)

今週のネギま! 306時間目

闇の魔法に由来する負のパワー(多分に自己防衛モードでしょうか?)で立ち上がったネギ君は、圧倒的な力で以ってデュナミスをねじ伏せます。

何て言うのでしょうね。

野獣の様な圧倒的な「パワー」とクレバーかつ効率的な「攻撃センス」が見事に高い次元で融合した状態です。人間兵器の域に達したと言ってもいいんじゃないでしょうか?
ただし、見ての通り「理性のタガが外れた」状態になっています。

龍宮隊長をはじめとして皆が「闇に堕ちるぞ」と心配しますが、確かにこのままデュナミスのタマを殺ってしまうと、ネギ君のことですから、それが自分の目的を達成する過程における避けられない戦いの結果であるとしても、自分のしでかしたことに自ら呪いフォールアウトすること間違い無しでしょう(笑)←笑い事じゃない
そこでネギ君が一歩踏みとどまる為に、栞が犠牲(?)になる、ということですね。本当にそうなるかは次回で判りますが、栞には死なないで欲しいです(^_^;)

栞がアスナの姿を解除してまでネギ君とデュナミスの間に割って入ったのは、ネギ君への想いが自らの術を解いたと考えて間違い無いでしょう。慕われてるな〜ネギ君。
そして栞がアスナに化けていたことを知らなかったメンツ、特に運動部組がどういう反応するか見ものですが、案外この事実をすんなり受け入れるんじゃないかと。ンで本物のアスナを助けに行くぞーとさらに気勢を上げるんでしょうね〜(^^;

デュナミスの口ぶりからすると、闇パワーのネギ君をそのままフェイトや創造主にぶつけてもまだ勝てない様な気がします。何が足りないとかじゃなく、同じ質の者同士の戦いになるから、でしょうか?

|

« 週末の予定は | トップページ | 峠アタック開始 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のネギま! 306時間目:

« 週末の予定は | トップページ | 峠アタック開始 »