« はやぶさの「生きた証」を仕分けチームは唾棄するか | トップページ | DUNLOP DSV-01/雪道のFR »

2010年11月17日 (水)

イコールコンディション

今週末イタリアで行なわれる、ROTAX MAX GRAND FINAL 2010ですが、エンジンどころかシャシーまで同じメーカのもので統一され、完全ワンメイクになっているってことを新東京のブログ読んで初めて知りました(^^;

新東京サーキットのブログ
http://newtokyo.exblog.jp/15464669/

全日本ジュニア選手権やARTAのレースはエンジンが主催者側用意のイコールコンディションですが、シャシーまでとなるとこれはもうレンタルカートと一緒ですね(^^;
フレームのアドバンテージなんてものは考えなくていいと思いますが、ドライバーがそのフレームに慣れているか・いないかが結構影響するんじゃないかなーという気もします。

日本代表選手団の1人に元チームメイトの関岡選手が居ますが、関岡選手のクラスはシャシーがCRGです。
今まで乗ったことあるのかな?(^^;まぁ関岡選手のことですから問題無く乗り回せるでしょう。

がんばれトシキ!(^o^)/~~~~

下世話な話ですが、レースが終わった後、フレームを供出した各フレームメーカはレース後のフレームをどう処分する気なんでしょうね?
捨てるわけは無いと思うので、1レース使用の格安フレームってことで売りに出すのかな〜?でも、それにしても100本以上のフレームを中古売り出しっていうのは……?
もしくはレース参加者の中で希望者にあげちゃうとか。それは太っ腹過ぎるか(^^;

|

« はやぶさの「生きた証」を仕分けチームは唾棄するか | トップページ | DUNLOP DSV-01/雪道のFR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イコールコンディション:

« はやぶさの「生きた証」を仕分けチームは唾棄するか | トップページ | DUNLOP DSV-01/雪道のFR »