« 練習走行@新東京 | トップページ | 今月の子竜物語 第15話 »

2010年12月 7日 (火)

来年のOPEN MASTERS KART SERIES 開催概要

KRP/ARTAも、来年のOPEN MASTERS KART SERIES 開催概要を、暫定版ですが公開していました。
先々週でしたね。全然気が付きませんでした(^^;

http://www.krp-ms.com/pdf_2010/2011gaiyou_6_arta.pdf

4クラスの5戦開催、は昨年と同様なのですが、エンジンが変わりました。
息子に関係有るところだとARTA Juniorになるのですが、Rok GP Jr なるものが使用エンジンとして記載されています。また、エントリーできる学年について、今年は小学生も参加できたものが来年は中学1年生~中学3年生のみになります。

その下のクラスはヤマハの4ストロークエンジン「MZ」を使ったものらしいですが、エントリーできる学年からいくとジュニアカートのフレームを用いたクラスになりそうです。

どういう意図でこうした構成にしたのか何とも言えませんが、各エンジンメーカの協力を得ようとした結果がコレ、ってことでしょうか?
例えばARTA JuniorはステップアップにRokグランドファイナルに参加できる特典を付けてステップアップの目玉にする、とか。ヤマハのMZもスポーツカートによる耐久レースだけでなくスプリントカートにも使って欲しい、とか。

パワーの有るRokエンジンを10~12歳のドライバーを押さえ込めるかという心配と、4ストエンジンでレーシングスピードを得る為には体重の軽い小学生が向いていると期待から、KRPは来年のカテゴリを中学生と小学生で参加できるクラスを分けた……なんて、少々無粋な想像をしちゃう私が居ます。

そうなると、既に50Φのリアシャフト装備カートで競技している小学4~6年生の参加カテゴリはありませんね。
なんだかなぁ~(-_-;)

まだ暫定版の開催概要なので今後変更はあると思いますが、使用するエンジンや参加出来る学年を去年からわざわざ変更しなくてもいいのにな~なんて思いました。
ただ、イコールコンディションを謳う競技なので、常に何かを変化させないと、継続性から来るアドバンテージを持つ競技者が出てイコールコンディションを保てなくなる側面もあるかもしれないので、一概にヘンとも言えないのかも……(^^;

|

« 練習走行@新東京 | トップページ | 今月の子竜物語 第15話 »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年のOPEN MASTERS KART SERIES 開催概要:

« 練習走行@新東京 | トップページ | 今月の子竜物語 第15話 »