« 鹿島2−1清水 | トップページ | 走り初め@新東京 »

2011年1月 2日 (日)

昨年のネギま! 312時間目

しばらくネギま!を読めていませんでしたが、やっと昨年最後のエピソードを読むことが出来ました(^_^;)。

炎のアーウェルンクスvs茶々丸組、風のアーウェルンクスvsコタ君組の戦闘になります。

残酷というか容赦無いですね〜炎のアーウェルンクス。セリフの端々から弱ェヤツは消えても仕方無ェんだよ的な無慈悲さが伝わってきます。
グレートパル様号全力バックダッシュも炎のアーウェルンクスを振り切ることが出来ません。しかし、燃え盛る炎の神剣を食らう刹那にジョニーのおっちゃんの身を挺したカバーにより、おっちゃんが犠牲になるものの何とかこの場は凌ぎます。
しかし……まともな戦力になるのが茶々丸と脱げ女くらいしか居ず、茶々丸は全壊となると次回でとどめを刺されてしまいそうです。誰か援軍でも来ないと……。

風のアーウェルンクスvsコタ君組は楓が風のアーウェルンクスに相対します。
彼の方がネギ君や土のアーウェルンクスに近い雰囲気を醸し出すのは、風の属性だからでしょうか?両目を見開いて戦う楓でも雷化した(!)アーウェルンクスには敵わず、敗れ去ってしまいます。が、スキを付いて最後の鍵を奪取し、望みを繋ぎます。

コタ君組は最後の鍵を得たことによって、風のアーウェルンクスから逃げ延び、のどかの目が覚めて最後の鍵を起動できればリライトでアーウェルンクスらを一掃できるかもしれません。……が、本当に実行するでしょうか?

どんな手法であれ、復活したアーウェルンクスらは魔法世界の住人と同じ方法で生命を維持している可能性があるので、魔法世界の住人が消されることにためらいを持つネギ・パーティがいくら自分らの身を守るとはいえアーウェルンクス排除の方法をリライトに頼るのは……ちょっと考え辛いです。
リライトを行うとすれば、アーウェルンクスの攻撃を無効化する何かかなと勝手に思っていますが……。

もう明後日には週刊少年マガジンの新刊が出ますね。仕事がまだ休みなので、コンビニに行って買ってきます(^_^;)

|

« 鹿島2−1清水 | トップページ | 走り初め@新東京 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年のネギま! 312時間目:

» ネギま!関連サイト巡回(01/02) [ネギま!部屋(楊さんのページ別館)]
■「雨の日はドライブ、晴れててもドライブ」さん「昨年のネギま! 312時間目」 昨年のネギま! 312時間目: 雨の日はドライブ、晴れててもドライブ >残酷というか容赦無いですね炎のアーウェルン...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 2日 (日) 19時07分

« 鹿島2−1清水 | トップページ | 走り初め@新東京 »