« 謹賀新年2011 | トップページ | 昨年のネギま! 312時間目 »

2011年1月 1日 (土)

鹿島2−1清水

元日のスポーツ中継といえば、実業団駅伝とサッカー天皇杯の決勝です。
午後から息子と一緒に天皇杯の決勝戦・鹿島vs清水をTV観戦しました。

息子は中学校のサッカー部に所属しているのですが、顧問の先生から、天皇杯の決勝はちゃんと観ておく様にと言われていたらしく、まぁ試合の流れが止まったら解説でもしてやろうかということで私も傍らに付いていました。

試合そのものは両チームとも立ち上がりが遅かったのですが、タテへの意識が強いものの前線へそんなに人を割かない清水に対して鹿島がボールのキープ率を上げながらどんどん攻め上がり、清水を圧倒します。
そんな中で前半は鹿島・小笠原選手のコーナーキックからフェリペガブリエル選手のヘディングシュートで先制します。

清水も応戦はするのですが、自陣ゴール近くでボールを奪った後の、中盤や前線の間が伸びており、そこに鹿島の選手もボールを奪取しようと集中するのでどうしても単調な縦パスしか出ず、また小野選手や岡崎選手などキープが出来る選手に対して誰か味方のフォローがあるワケでもなく、ボンクラな息子にも「顔出し(ボールを貰いに行くこと)出来てないよね〜」と言われる始末でした。
前半は点差以上の支配率の差を鹿島が清水に付けた感じです。

後半から気持ちを切り替えたのか清水が反撃に出ます。5分を過ぎたあたりから、ボールも人も動くサッカーを標榜していたとおり、選手がダイナミックに連動し始めます。
鹿島は1点のアドバンテージを活かしてゲームの流れを造ろうとしていた様にも見えましたが、足が止まったのかな?とも感じられました。それだけ清水の選手が前半とは違う動きをしていたのだと思います。
14分に清水・本田選手の縦パスに、鹿島の守備ラインを抜け出して裏を取ったヨンセン選手が長い足を活かしてすくいあげるように鹿島GK・曽ヶ端選手の頭を超すシュートを決め、同点に追い付きます。これで1−1の同点。

これで清水にも勢いが出て、五分五分になってきたか……といえばそうでもなく、後半20分あたりから鹿島は相変わらずボールを支配して人を割いてゴールに攻めます。
サイドを起点にして攻撃を清水は行いたい旨をTVでは解説していますが、この中継を視る限りでは全然攻撃の起点という感じが清水の両サイドからは感じられず、サイドに出しても寄せの早い鹿島の選手にケアされて、オーバーラップしたりサイドチェンジ可能なポジションに居る選手が見えていなかったりで、機能不全に陥った様にも見えました。

決勝ゴールは後半32分、ゴール正面のやや左の位置から、鹿島・野沢選手がカベを越えて曲がるシュートを直接決めたものでした。清水GK・山本選手もいったんは左手で触ってボールの軌道を変えたのの、枠の外へは至りませんでした。

清水もリスクを冒して攻め上がるものの、鹿島の早い寄せとルーズボールの奪取に最期まで苦しみ、何度か鹿島ゴール前には迫りますが得点には至らず、この記事のタイトルの通り鹿島2−1清水となりました。

この試合で何が明暗を分けたかと言えば、鹿島の寄せの早さに尽きると思います。
サッカーの守備では基本中の基本ですが、相手チームがボールを持ちそうになったら素早く複数人で寄って好きなプレー・意図のあるプレーをさせないことが、守備の第一です。そこをしっかり行ったので、清水はパスを出せず、出しても間延びするパスなので鹿島の選手はボールの出た先に対しても余裕を持てるほど寄せられた感じです。

清水の攻撃が光ったのはヨンセン選手が得点するところまでですが、そこは鹿島の選手の動きが清水の選手についていけず、寄せに人を割けなかったからでしょう。そのままパスに連動した動きを清水が続けられれば良かったですが、そうはならずに鹿島の選手にボールを絡め取られて鹿島のペースに戻った
様です。

清水は攻め手も少なかったです。鹿島のフォワードは大迫選手・興梠選手と解りますが、清水ってFW居たっけ?てな感じで、全然顔が見えなかったです。残念。

観戦後、私はGSに用があったので、家を出る際に息子には清水の得点がどうだったかをリプレイ見てメモしとけと言っておきましたが、中継中にリプレイが出なかったらしく、ガビーンΣ( ̄ロ ̄;となっていた様です(笑)

|

« 謹賀新年2011 | トップページ | 昨年のネギま! 312時間目 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島2−1清水:

« 謹賀新年2011 | トップページ | 昨年のネギま! 312時間目 »