« 今日も会津は平和です | トップページ | 先週のネギま! 315時間目 »

2011年1月30日 (日)

居酒屋の解説者みたいな

未明に行われたアジアカップ決勝・オーストラリアvs日本を観戦して、今朝は遅起きだったという方も結構居たと思います(^_^;)。
私も試合後寝付けなくて、吉野家に夜食食べに行きました(^_^;)。

こないだの日本vs韓国が意地と意地のぶつかり合いというか、技術を越えたところの勝負になったのに対してこの試合は技術に裏打ちされた戦略・戦術の勝負になったと思います。

オーストラリアは高さが有るだけでなく、パスのタイミングを見て日本のDFの裏だって取ってきます。
日本は早いパス回しを基盤にサイドからオーストラリアDFの崩すことも中央から突破することも考えられます。

決定的なチャンスはオーストラリアの方が多かったと思いますが、GK川島選手がよく当たりました。韓国戦のあたりから神が降りてますね。

日本は一瞬のチャンスメークでオーストラリアを仕留めました。
長友選手のクロスボールはもちろん素晴らしく、得点となった李選手のボレーシュートも鮮やかでしたが、ナゼにあの瞬間だけ李選手がどフリーになっていたのか、そのことの方が私はオドロキだったです。
オーストラリアDF陣の一瞬のエアポケットだったんでしょうか?
しかしそれをモノにした日本の勝利でした。

地上波の中継、解説は元ヴェルディ監督の松木氏とセルジオ越後氏、元ジュビロの名波氏でしたが、松木氏の突っ走りぶりがもう凄かった(^_^;)公共の電波に載せているのに、解説というよりサポーターの声出しみたいでした(^_^;)。もちろん要所要所はオーストラリア・日本の選手の特長や、あれっと思ったプレーの意図を解説して押さえてくれました。が、気持ちが入り過ぎて、解説者には不要(と私が勝手に思う)なメッセージも時折混ざりました(^_^;)。

ただ、松木氏の様な人が、例えば居酒屋で私が(もしくは私達が)この試合を観戦していて、隣に居合わせたら、これは物凄く幸運だと思います。一緒になって自チームを応援しつつ、プレーの要所やキーになる戦術などの解説をヨコでやって貰えるワケなので、皆が観戦に前のめりになりながらも半歩引いたインテリジェンスな見方が出来て、尚も気持ちを入れて貰って盛り上がれるから、これほどオイシイ観戦スタイルは無いと感じますが、いかがでしょうか?(^_^;)

オーストラリアがアジア地区に移籍してから、東アジアや中東諸国はアジア地域内の大会を勝ち上がるのが難しくなった様な気がします。しかし、サッカーというより魂のぶつかり合いとなる東アジアやカウンター主体の中東に加えて、洗練された技術と戦略を持って戦う準備が要る豪が加わるのは、観戦する側からしたらいろんな戦い方を想い巡らす重要なエッセンスと考える次第です。

さ、週末のレースに向けて準備準備。三週間ぶりにサーキットに戻ります(^o^)/

|

« 今日も会津は平和です | トップページ | 先週のネギま! 315時間目 »

コメント

ゴール前が急にガラ空きになったのは、センタリング上げる時、目線でフェイント入れてたみたいですね。それでオーストラリアのディフェンダーが一全然違う場所に走っていったんだそうです。

投稿: やさそぱちょん | 2011年1月30日 (日) 22時59分

→ やさそぱちょんさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。
目で入れるフェイントですか……長友選手の目がどこ向いていたのか気になりますが、オーストラリア数選手を謀って李選手の居場所を造り出すくらいなので、相当な目ヂカラですね~(^_^;)

投稿: いぶき | 2011年1月30日 (日) 23時09分

テレビの解説は松木氏でしたか(^^;.

地デジ切替えに伴い地域共聴システムから我が家(マンション)が先日切り離された関係で見れなかったのが残念です。
選手も解説も(笑)。

サッカー中継の解説は各局契約の関係で特定の人になりがちなのは仕方無いところですが、FIFAワールドカップだけはラジオ中継もあるので、音だけはラジオで聴く事にしています(特にNHKラジオで)。
これは、特に民放のアナウンサーや解説者に喧しいのが多いので、その対策です。

昨年の南アフリカ大会の決勝ではNHKラジオ中継で、解説では定評のある元代表GK・小島伸幸氏が充てられていました。
小島氏の解説は落ち着いていて、特にラジオには向いてるんですよね(個人的な感想として)。

余談ですが、TV中継の音では邪魔だったブブゼラのあの音も、何故かAMラジオの中継ではそうでもなく、むしろ臨場感を演出していた感がありました。

投稿: 大谷田橋 | 2011年1月31日 (月) 00時50分

→ 大谷田橋さん

こんにちわ。コメントありがとうございます。

ウチの独身寮はいまだにアナログなので、デジタルは横浜に戻らないとダメです(^^;
そういえば「Jリーグをテレビで観戦するときは、映像はNHK-BSで、音声はラジオで、という組み合わせをしている」という書き込みを某巨大掲示板で見掛けた事があります。おおそれはいい、と関心したものです。

何で民放の中継は実況も解説もゲストも、ヘタにアオッてみたり盛り上げようとしてみたり、アジろうとするのか解りません。
実況は淡々と流れと真実を、解説は望まれた時に望まれた情報を、ゲストはピンポイントで率直な感想を、伝えれば十分だと思います。しかしこれはラジオの流れですね。
やっぱりTVの音声オフでラジオのスイッチ入れるしか無いか(^^;

2006年のドイツワールドカップ時、高速道路走行中に日本×クロアチアの中継をラジオで聴きながら横浜から会津へ帰ったのを思い出します。そのときはクロアチアのPKをGK川口がセーブして、運転しながら両腕でガッツポーズしたものです(危)

投稿: いぶき | 2011年1月31日 (月) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋の解説者みたいな:

« 今日も会津は平和です | トップページ | 先週のネギま! 315時間目 »