« 今週のネギま! 321時間目……と行きたいところですが | トップページ | 週末の予定は »

2011年3月17日 (木)

自宅待機3日目

……とか書きながら、会社から日中呼び出され、ちょっと仕事しました。
こんな時にこんな事を書くのもアレですが、(誰かに)必要とされるって有難いことです。

その前の、朝の時間帯に軽油の補給をしに出掛けました。1時間並んで何とか完了。
一応横浜まで片道の軽油はギリギリあったのですが、いつものルートが地震の影響で使えないことが判り、迂回を考えるともう数リッター必要となるため、不本意ですが列に並びましたです。

軽油は30LまでOKでしたがそんなに要らないと自ら断りました。

レギュラー・ハイオクが悲惨です。単価をレギュラーは160円/Lに引き上げられた上、1000円/台の制約を受けたため、本当に「その辺を走る程度」しか給油出来なかった様でした。

海江田経産相が被災地支援のための大規模な燃料物流支援策をさっきTVで発表していました。
東北方面への、関西瀬戸内方面から大量ローリー投入&北海道からの貨物列車での搬入で、壊滅した太平洋沿岸の製油施設分をカバーする様です。

東北のGSから拠点SSを100ヵ所選び、そこを中心に燃料を補充して緊急車両や被災地支援車両へ回すんだとか。

海江田さんの発表は素晴らしいものです。ストラテジはOK。後はタクティクス。
末端の被災地の避難所までの道の確保ですが、交通が寸断されて孤立している被災地にどうやって燃料を届けるか、ルート開拓or復旧は引き続き必要です。そして、太いルートは確保出来ても多分避難所まで「あと1マイル」が瓦礫だったり橋が落ちていたり水没していたり土砂崩れだったりしているはずなので、そこをクリアしてほしい。

「自主的に指定避難所以外に避難した」人達の把握も急務です。指定避難所には有る非常用の色々な物資や燃料が、おそらくそこには有りません。指定避難所より状況が大変と思います。
地元の、指定避難所以外に避難した方々がTVで写し出されていましたが、支援が届かない中、ばーさまじーさま方が凍ったオニギリと僅かな燃料で温めた沢水で雑炊を作って皆で分けあっている姿を見て、私は声を出して泣きました。

TVの取材が入ったということは、そこは「入って行ける」場所なので、早く助けて欲しい。そして、そうじゃない場所がまだ残っているはず。
一刻も早く指定避難所以外に避難した人達を把握し、燃料や物資を届けてくれと思います。


明日で地震後1週間になります。厳しいです。

|

« 今週のネギま! 321時間目……と行きたいところですが | トップページ | 週末の予定は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自宅待機ご苦労様です。

あえて言わせてください。
必要な給油を受けるのは全く問題ないです。
普段、週末に買い物程度しか使ってない人がまだ20L以上も残ってるのに給油にくるのが問題であり、状況を悪化させてるのですから。

身内にGS勤務者がいます。
そのGSでは制限せず満タンに給油してます。在庫が切れたらそこでストップしますが。
そこの経営者の考えは
「制限をかけるから皆不安になる。だから買い占めが起こる。
ちゃんと給油出来るとわかれば、無駄な買い占めにはならない」
との事。
地震翌日こそタンクローリが遅れて営業出来なかったが、その後は毎日充填されてます。
地域差もあるので一概には言えませんが、モラルを守ってくれれば無理な我慢をしなくてもいいのです。
「不要な買い占め」と「必要な買い物」は別物です。

話を最初に戻しますが、給油を最低限で断るのは皆に行き渡るようにとの思いからだとわかります。
ただ、上記のように補充はされています。
気を使って断ったけど、いずれ給油が必要になればまた並ぶハメになりますよね。もし断らずに入れておいたら当面給油不要で無駄な渋滞も減ります。
「タンク容量50Lで一ヶ月に10Lしか使わない。まだ45L残ってるけど給油にくる」
コレは論外として

「容量50Lで、今10Lしか残ってない。必要なのは我慢してあと5L」
ならば、我慢せず入れられるだけ入れてもらったほうがGS側としては実は助かります。

普通の生活をしていればちゃんと物は回っています。
譲り合いの精神は日本人の誇りですが、余計な自己犠牲は逆に世の中をおかしくするだけです。

震災地以外の方が、ちゃんと普通の生活行動をしていれば、被災地への支援は出来ます。無駄遣いは慎むべきですが、日常生活を崩す必要は無いと私は考えます。
今、無駄な買い占めしてる人だって、いずれ許容量オーバーすれば買いに行かなくなるし、結果販売側の在庫も残ります。
(満タンにして、1Lだけの為に1時間並ぶを何度も繰り返すのは自爆行為だといずれ気が付きます)

強制はしないし、綺麗事言ってる偽善者と思われても構いません。
そういう考え方もあるよと言いたいだけです。

長文で失礼しました。

投稿: Macha | 2011年3月18日 (金) 18時45分

ローリー運転手の手配は大変だったそうです。大型・牽引の運転免許のほかに危険物取扱者も無いとダメなので。

19日正午から宇都宮以南の東北道が一般車も通れるようになるとのこと。

正規の高速バス(路線バス)については公共交通機関ということもあり緊急車両扱いが認められ、東京方面から福島・郡山,仙台,盛岡,秋田,弘前行き等が運行を開始しているとのことです。

都区内ではレギュラー147円/Lなんて看板も。うちの愛馬は未だ3/4程度残っているので、ケチケチ運転すれば表通りのGSが店開くまでは持ちそうです。
(裏通りのGSはボチボチ店開きしてるところもあり)

投稿: 大谷田橋 | 2011年3月19日 (土) 00時41分

→ Machaさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

Machaさんのコメントはごもっともだと思います。綺麗事というより真っ当な御意見です。

GSも色々な考えがあって制約を設けていると思うので、私はあまりGSに意見とかは無いです。
幸い、軽油はレギュラーガソリンみたく購入するのに不自由は無かったです。GSさえ見つけられれば制約に対し目くじらを立てる程でも無かったことから、ツイていたということもあります。

ボンゴにフル給油しなかったのは、
・後続で軽油の車(個人所有の商用トラック)が何台か並んでいるのを知っていた。待ち時間で缶コーヒーを買いに路上に出た際にチェックした
・既にボンゴに半分弱タンクに入っていたので30Lは入らない(ボンゴのタンクは50L)
・向こう(横浜)に車を置いて会津に帰るつもりだったので軽油は片道分あれば十分だった
という理由がありました。

今自宅でこのコメントを書いていますが、目算通り10L弱ボンゴのタンクに残っていると思います。これは、週末受ける車検のためにボンゴを動かす分+次に家の近くのGSまで走る分、です。
以降、当分の間ボンゴは動かしません。燃料高騰故に高速バスで会津〜横浜間を往復した方が安く着くからです。

次にボンゴを動かす時(4月、ひょっとしたらGW?)までにはGSの燃料供給の事情が回復していると思うので、その時にはすっきりフルタンクに給油します。

----

必要以上の譲り合いは供給サイドに誤った需要情報を伝える可能性がある、ということを心に留めておきます。アドバイスありがとうございます(_ _)

投稿: いぶき | 2011年3月19日 (土) 08時00分

→ 大谷田橋さん

おはようございます。コメントありがとうございます。
そうか、タンクローリーの運転にはそれが必要なんですね。今年中に取得するぞ(笑)

東北自動車道が宇都宮まで通ってくれると嬉しいですね。高速バスも少しでも早く目的地に着けるのは乗客にとって有難いでしょう。

147円/Lなんていい方ッスよ。会津若松は160円/Lでした。軽油も135円/L。緊急事態とはいえ少々ガヴィーンですよ。

早く首都圏も燃料補充が安定して行われる様になればいいですね。

投稿: いぶき | 2011年3月19日 (土) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅待機3日目:

« 今週のネギま! 321時間目……と行きたいところですが | トップページ | 週末の予定は »