« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

NTCCUPのエントリーリスト

今週末の、NTCCUPのエントリーリストが早くも発表されています。

http://www.n-tokyo.co.jp/2011.9.4driver.pdf

Sクラス、台数減ったな〜(^^;
Jr.MAXクラスにステップアップしたのだと思いますが、そのJr.MAXクラスも14台しかエントリが無いんですよね。
みんな、夏バテで一息ついちゃった?(^^;

逆にSSクラスが多くなりました。人気ですねSSクラスは。

観戦へは行けませんが、どのクラスも熱戦になるので楽しみです。
人のレースは気楽に観られるのがイイです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

RよりZ

先週発売された週刊オートスポーツを今よんでいます(^_^;)。
購入した切っ掛けは特集「GT名車列伝」にザナヴィ・ニスモZ(2004年)が載っていたからです。

R34スカイラインが生産終了になるのでその後を受けてGT500を走ったのがZ33なのですが、パーツの大半がスカイラインからの流用であること、市販車の短いホイールベースを克服するためにタイプEの特製バンパーを装着して車体の前後を延長して空力特性を改善したこと、が記載されています。

うーん、車種が替わったからと言っても実際は前年のR34のパーツをそのまま引き継いだのだから、2004年のZはRとZの間の子みたいなものだったんですか……。
また、ZのタイプEは一種のホモロゲみたいなものだったのですね、当時は全然知らなかった……(^_^;)

GT-Rファンの私ではありますが、GT500車両に関してはGT-RよりもZの方が、造形が美しいので好きです。
スーパーGTを観ていると、時々「Zもう一度走らないかな~」なんて思ってみたりします(^_^;)

GT500といえば、レクサス今年は全然勝てませんね。
ドライバーとかエンジンとかより、ベースになるSC430がもう改良を受け入れる余地が無くなっているんじゃないでしょうか?
……LFAを投入してくれないかな~(^_^;)>レクサス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

一攫千金を夢見る人が多いのか

先月あたりから、私の携帯電話でウェブを見ると、バナーにやたらtotoが出てくる様になりました。

http://big.toto.auone.jp/

自分で勝敗を予想するものではなく、コンピューターがランダムに予想する、いわゆる「BIG」の類いを購入可能です。

買うと後から携帯電話の引き落とし口座から買った分携帯電話の利用料に含まれて引かれる様です。

totoの携帯電話による購入は通信事業者に最近解禁になったのかな?後でちょっと調べてみます。

便利なのはイイのですが買い過ぎ注意ですね(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

AM練習@新東京

予定通り、今日の午前中、息子のレーシングカート練習に付き添いました。

練習の途中からウエイトを7kg程度積み増ししてSSクラスと同じ重量にしてコースに出したのですが、そしたらタイヤ1つ分各コーナーのラインを外しているらしくて、タイヤカスをバシバシ拾ってピットに帰ってきました(^^;
クルマが重くなった分どうもインに寄せられないらしい.....。
タイヤが減らないのはイイコトですが、そんなこっちゃ困るんだよね~(^^; 頭痛いです。
さては夏休み中、私が不在なのをいいことに体力造りをサボっていたか?(-_-;

今日3セット走った内、最後の1セットはニュータイヤで走らせたのですが、多分このタイヤセットは今年に入って3セット目じゃなかったかな? 練習の回数が減っているというのもありますが、昨年買っていたセット数のことを考えると今年は本当に経済的です(^^;

来月のNTCウィークエンドレースのSSクラスに出場したいと考えていますが、レースウィークまでの3週間はもう練習は有りません。
一昨日と今日の練習で得たデータを使って、レース時に機能するセットを編み出したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

コソ練@新東京

予告通り、昨日は新東京サーキットへこっそり練習しに行きました(←予告した時点でコッソリでは無いだろ)。

着いた先には、Kame Garageさんが居ましたので、もう完全にコッソリでは無くなりました(^^;

練習の方は、

・フロントハブの交換
・フロントの幅変更
・リアのハブ交換
・リアの幅変更
・ノイズボックスの変更

という感じで結構いろいろ試すことが出来ました。有意義なデータが取れて良かったです。

しかし、好事魔多し。午後3本目はスプロケットの変更をしようと考えていたら、エンジンが掛からなくなりました。
練習に使っているエンジンがダメになったのかと思い、レース用のエンジンを載せ替えたらレース用のエンジンも掛からなくなり、いったい何が起こったんだと悩んでいたら、Kameさんが「セルのバッテリーじゃないの?」とアドバイスしてくれたので、KameさんのROTAXのバッテリを借りてエンジンを掛けてみたら……掛かった!!

ウチのバッテリの具合ですが、本来12V有るべき電圧が、セルのスタート時に6V程度に電圧低下を起こし、セルに十分電圧を加えられなかった様でした。
まぁ……4年前に購入した大人シャシーの中で最後まで残った周辺機器だったので、寿命は当然ですが5年目に差し掛かった今日までよくぞ性能を保ったな、と。

バッテリはそのままKameさんからお借りし続け、練習のメニューをこなしました。そのセッションではこの日のベストタイムが出て、セットの傾向も見えました。
同時に、レース用エンジンと練習用エンジンの比較も得られたので、練習用エンジンからレース用エンジンに載せ替えた際に期待できるタイムアップ時間が掌握出来ましたです。もうKameさんには感謝感謝の雨あられです(^^;

練習を終え、新東京サーキットから横浜へ戻る際、かなり雨に降られました。
そしたら、羽田空港が水没するくらいの集中豪雨になっていたんだとか。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/photos/110826/dst11082620100017-p2.htm

ありえないッスね(^^;

ダメになってしまったウチのバッテリーは諦めて、新しいヤツを買うしかありません。
それにしても……このバッテリーって高いです。
GS YUASA GT7B-4 ですけど、定価が24k円/個するんですよね~。
うーん、何とかならないかな? でもこれが無いとKT100SECはエンジン掛からないし……どうしよう(^^;
同じ規格の別メーカ品とか探すべき?

Gt7b4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

新東名高速、来年GW前に部分開業へ

現在建設中の新東名高速が、静岡県内で来年部分開通を迎える様です。

http://www.asahi.com/national/update/0826/NGY201108260012.html

東名全体のスループットを上げる為には、部分開通は良いことだと思いますが、やはり神奈川県内、特に横浜〜大井松田間をぶ厚くしないと、東名の根本的な渋滞解消にはならないんですよね〜。
上り線なら、例えば、海老名の圏央道南北ジャンクションでもって神奈川県内の南北に車を逃がすとかして横浜へ向かう車を減らすという方策は取れそうですけど、逆に下り線は横浜以東と圏央道からの流入車で厚木以西が凄く込みそうな気がします。

新東名の神奈川区間は、圏央道から西はプランがある様ですが、東側……というか圏央道より内側はノープランだという理解です。

ところで、横浜市道路局のホームページを見ると、横浜環状西線(調査中区間)から「武相幹線」という枝線が伸びています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/jigyochosei/

位置的に、この武相幹線が西に伸びると、圏央道を介して新東名に繋がる感じがします。
この構想は「アリ」だと思うんですけど、どうでしょう?横浜市内から西に移動する交通を横浜環状西線+武相幹線で新東名に繋げる、みたいな。

ここまで来ると、武相幹線も横浜環状西線の内側を東側に伸ばして横浜新道にくっつけて、第三京浜→横浜新道→武相幹線→新東名という、東京都から新東名へ繋がるルートをやって欲しいですね。

妄想は広がりますが、実現するまで何兆円使うんだろ?(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

週末の予定は

8/26(金):コソ練@新東京
8/27(土):未定
8/28(日):レーシングカート練習@新東京(AMのみ)→PMは休養&息子の宿題の追い込み

秋口に向けて色々セットを試す予定。
ウエイトをSとSSのどちらに合わすかは検討中。

とりあえず息子の体力の付き具合がチェックポイントかな~?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

GC8カッコいい

110824_174501インプレッサも4代目がいつリリースされるのか、車雑誌はスクープに躍起になっていますが、でもやっぱインプレッサはGC8ですよね。

私が乗っていたのはNAテンロクのリトナGC4でしたが、もしチャンスがあるならリトナにSRXの2Lエンジン載せてブイブイとイワせたかったです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

OMP DUEL

円高なので舶来モノが安いハズ円高なので輸入商品が安くなっているんだろうな~と思っていましたが、通販は既に円高差益還元を謳っていましたね。全然気が付かなかった(^^;

OMPのレーシングスーツが安くなっていますね。
http://www.andare.jp/catalog/omp/racingsuits/suits2010Kart.html

OMPはSPARCOよりも布地が薄手で、夏場はしのぎやすい……と思います(^^;

DUELのガラがいいですよね。ジュニアサイズもあります。
でもそろそろ息子は大人のSサイズもOKかな~?

背はかなり低い方ですが、それでもそれなりに育っている様です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

昨日のレースを観て

池田選手の、地元の利を活かした圧巻の走り。

小高選手の、隙を見逃さない洞察と突き放す凄味。

八田選手の、セオリー無視でもポジションを下げない意地の走り。

感じるところがいっぱい有ったFP-Jr.の決勝でした。

ウチらも、そんなシビレるレースをしてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

雨です@菅生

雨です@菅生
結局来ちゃいました(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

ドゥカかハーレーかビーエムか

昨日の夜のふくしまFM・DJナイクのe-トークはバイクにまつわる話で特集を組んでいました。

ナイク氏は大のハーレー好きで、郡山のハーレー専門店CMのMCをやるくらいハーレーを愛している方です。

で、コーナーが進んで、「バイク好きな奴がバイクを乗り続けて行き着くメーカーはどこか」という話になり、「ハーレーかBMWか、あとドゥカティね。国産という選択肢もあるけど、乗っている奴がバイクに何を望むかでこの3社のどれかになると思うんだよね~」という結びになった様です。

多分に、バイクに乗り続けるということはバイクと共に旅に出る機会もあるわけで、グランドツーリングでどのバイクと一緒に在りたいか、その選択と私は理解しました。

私だったらドゥカかな~。何となくですが。
ツーリングとは言いながらドゥカはレーシーだな~と勝手に思っていたりします(^_^;)

もし国産も選択肢に入れるとしたらホンダのゴールドウイングが加わるでしょうね。同僚がゴールドウイングのチームを率いていますが、半端無いッスよ~ゴールドウイング。
お金余っている年輩さんがたっぷり金掛けてゴージャスにしていますから;゚Д゚)

そいえば、ホンダがちょっと前に発表したコンセプトバイクのチョッパーって、アキラの金田バイクに似ていますよね。

ドゥカかハーレーかビーエムか

しかし、某所にも書きましたが、チョッパーを造る技術が有るならメガゾーン23のガーランドを造って欲しいです。

ドゥカかハーレーかビーエムか
ドゥカかハーレーかビーエムか

アシモこさえてる、今のホンダだったら楽勝だしょ(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

週末の予定は

8/20(土) : 会津に残留
8/21(日) : 会津に残留

一昨日の晩に、自転車のタイヤに空気を入れていたら、前輪をパンクさせてしまいました(^^;
スペアのチューブは有るので、それと交換すればいいのですが、そうするともうスペアがありません。
会津は700×23Cに適用可能なチューブを扱っているお店が無いので、来週、横浜に戻ってから購入する予定です。

遠乗りはキケンなので、自転車での移動は近場オンリーになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

今日も暑かった

今日も暑かったです。本当に参ります。

http://news.mobile.yahoo.co.jp/news/view/20110818-00000057-maim_a-soci.html

私は日中会津若松市内に居ましたが、日陰に立っているだけで滝の様に汗が(^_^;)。たまらず本屋に逃げ込みましたです。

それでも夕方雨になったので、そこから少しは涼しくなりました。

原発事故の影響で節電が叫ばれていますが、暑かったら無理せずエアコンのスイッチを入れてください、特にご年配の方々。
命を大事にしましょう(_ _)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

car magazine No.398

51h35jbntel「地上に舞い降りた戦闘機たち」の特集でBMW M3、ベンツ190Eエボ2、ランチアデルタEVO2、フォードエスコートRSの4台を取りあげているのですが、見開きのアオリが「憧れのホモロゲーションモデルに昂ぶる!」と、いうことで、レースに出るために(わざわざ)生産されたホモロゲ取得モデルにスポットライトを当てています。

あまり、こういった立派な雑誌は手にしないのですが、190Eエボ2が載っているのでついつい手が伸びましたです(^^;

同じ時代にライバルとしてヨーロッパやドイツで戦った、190Eエボ2とM3が、上段下段に別れて特集され、比較の記事になっています。
製造から20年近くなった両車を乗ってみてインプレッションし、今時のクルマとココが違うというのを解り易く記事にしている感じです。

筆者はどちらかといえばBMW寄りなのか、M3に好感を持った内容に見えました、私感ですが(^^;
190Eエボ2も悪くは書いていないのですが、もうちょっとドライバーに訴える何かが有ってもいいだろ、という物足りなさがあった感じがします。それでもコスワースチューンの2.5Lエンジンは評価されていました。
レースカーに反映させるためのスポイラーやオーバーフェンダーの造り込みによる「コスプレ度」は190Eエボ2に軍配が上がった様です(笑)。

この特集の導入部で書かれていたことですが「現代の車両は、特集に組まれていたクルマ達よりも高性能でありながら、最新の電子制御により誰が運転してもその性能を引き出せる様に仕上がっている」らしいです。
しかしこの特集で紹介されたクルマは、性能を引き出すことを電子制御ではなくドライバーの手に委ねることで、よりドライバーの意図と技量が要求される、まさしく人車一体が望まれる乗り物の様ですね。

うーん、やっぱりいつかは190Eエボ2だなぁ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

菅生のエントリーリスト

今週末の、全日本カート選手権@菅生のエントリーリストがアップされてます。

http://www.sportsland-sugo.co.jp/race/20110821_alljpn-kart/no2.pdf

息子の所属するチームでは、FP-Jr.で2台、FP-Jr.カデットで3台の、大挙5台エントリー! びっくりです(笑)

おじさん連中も新東京のLEOクラスやパンサークラスでイケイケだし、ジュニアは全日本に何台も行くくらい元気だし、ホント勢いあるなーウチのチームと思います(^^;
ウチの息子がその流れの中に乗れていないのは残念ですが、今はガマンの時期なので仕方無いです。

レースの方は観にいけるかどうか、今妻と調整中です。
自分が単独で、自転車で行くのが一番楽しいんですけど....峠越え3連発(土湯峠、福島宮城県境、菅生の山の中)だと菅生にたどり着くのに2日欲しいですね(^^;

FP-Jr.にエントリしているスピリットチームは、いつもながらメンバーが豪華だなーと思います。
ジュニアカート界の黄金聖闘士ですよね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

エルグランドのジャンボタクシー

いまだにハイエース欲しいな~と思っている私ですが、任意保険に掛かる費用を聞いて超びっくり!!
ウチの今の経済力だととてもそんな金額払えない!!といった感じです。

ハイエースの様なラゲッジスペースがほしい、でもハイエースは高いし盗まれる。
じゃあどうしよう?

あるじゃないですか。

エルグランドのジャンボタクシー仕様が。
U00006134330_001l

※諸元はコチラ

ディーゼルAWDは文句無し。内装も元々がタクシーなので素敵。荷室幅も1400mm以上あるので大人サイズのレーシングカートが丸々載るし、何てったってハイエースじゃないので盗まれる可能性が低くなる(笑)

こいつを、シート取っ払って1ナンバーにしちゃえば、かなり安上がりな、ハイエースよりもゴーヂャスなトランポが出来上がるんじゃないかなー、なんて考えてみました。
ただし取り回しはハイエースで一番デカいワイド・スーパーロングよりも更に面倒になります。

……さて、どうやって実行しよう?(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

週刊新マンガ日本史 39号「白虎隊」

61vmzknz2dl_sl500_aa300_今回、新マンガ日本史で取り上げられた人物・団体は「白虎隊」です。描き手は森山大輔氏です。
個人ではなく団体がクローズアップされたのは、ひめゆり学徒隊(マンガ日本史49号)以来じゃないかな?

白虎隊が飯盛山へ辿り着いてから、落城までを戦う山本八重子(後の新島八重)を描いています。

ティーンエイジャーである彼らの組織力と士気の高さと会津藩士として誇りを持って自ら命を絶ったことが美談となり、白虎隊は戊辰戦役の中で、会津戦争の悲劇の象徴となった……と私は理解しています。

一方で私が思うのは「どうして白虎隊は自刃したのか」という疑問です。
鶴ヶ城の城下町が燃えているのを本丸の延焼と誤認したが故の悲劇、とされていますが、お城に一人でも隊士を出して確認することは行わなかったのか、状況把握の甘さが引っ掛かるからです。

彼らには、旧幕府軍が劣勢であるという情報から始まり、母成峠の戦いを突破した新政府軍と相対した場でも劣勢時に投入されたことから、潰走しながらも飯盛山へたどり着いた時に城下町の火災を見て本丸陥落と見誤るバイアスが出来上がっていたんじゃないかと考えます。

少年ばかりであった白虎隊が終始一貫して組織的な行動を取れていたことは素晴らしいのですが、会津の志士として命を絶つ前にもう一つ何かアクションが欲しかったです。この作品中では飯盛山まで辿り着いた隊員達もケガや披露で疲弊し、もう動けないと悟ったことが自刃のトリガとして描かれています。
白虎隊隊員の思考が劣勢であるというバイアスに囚われ、屈したのを残念に感じます。

2008年のブログにも書きましたが、旧会津藩に代表される「賊軍」のレッテルを貼られた人たちの名誉回復は、戊辰戦争終結48年後の戊辰戦争殉難者50年祭(盛岡で開催)で、原敬の「戊辰戦役は政見の異同のみ」の一文を含む祭文にて成されています。

しかし、名誉回復が図られても会津藩が新政府側から受けた仕打ちは消せるワケが無く、資料に目を通すと外様の私でさえ目を背けたくなる様な、昏い気持ちになることもあります。
「戊辰戦役は政見の異同のみ」とはいえ、戊辰戦役後の会津藩士らの辿った生き様を読むと「政見の異同」という言葉程度で片づけられるにはあまりに厳しい末路が待っており、心が揺らぎます。

作品中の、篠田儀三郎の「我々が賊軍なら貴様等は何だ!?」という叫びが胸に刺さりました。

少し話は変わりますが、先の東日本大震災を受けて、萩市は会津若松市に義援金を手渡しています。

http://www.asahi.com/national/update/0402/TKY201104020272.html

地震がキッカケで、両者の歩み寄りは始まっています。
会津VS長州という対立はもう過去のもの、と言い切ることは今はまだ出来ないとは思いますが、それを遺恨の根元とせず、アングルとして維持していけば、例えばサッカーなら「絶対にあいつらには負けられない」というクラシコの様な関係は築いていけるんじゃないかな〜なんて勝手に思ってみたりします。お互いの街にプロサッカーチームが出来る頃には、そういう仲になっていればな〜、と。
……もう100年くらい掛かるかな?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

今月の子竜物語 第23話

イフロフが燃やした手紙の中身はイフロフの引退後の居住の妥協案という私の予想は当たりましたが、その内容は里からイフロフへの最大のリスペクトでした。良かった良かった(^^;
しかし、メオの葛藤は私が考えていたものより悩ましいものでした。

「子竜を一人だけ連れて行ってもいい」なんてこと書かれても一人だけなんて選べるか!なんてのはイフロフに限らず竜術士としては当然の感情でしょう。メオと同じ様に、選んで貰えなかった子竜達がさみしい思いをしてしまうし、里からイフロフへのリスペクトとはいえメオの言う様にイフロフは一人になる決断をもう一度しなくてはならなかったのは、何でなのかなー、と。

この嬉しい(?)ハプニングは、過去に例の無い措置だったんじゃないでしょうか?
もしも過去に「一人だけなら連れて行ってもいいよ」という前例があるなら、子竜を全て補佐竜にしたことがあるか事例を調べていたマシェルが気づき、それ以前にランバルスあたりが察知するはずです。

それだけ、イフロフが火竜とその里に与えた功労は大きかったのでしょう。

イフロフの子竜達が話し合いで以て誰をイフロフに付けるかを考える、という話の流れが一番良くて、それがマシェルのアドバイスによってメオが導き出したと、いうのがいかにも子竜物語って感じです。

マシェルは、子竜達と年齢が近いことと、特定の竜種の竜術士ではないので、すっかりみんなのお兄さんになった感じですね。物語が始まった当初よりも技術的なところよりメンタル面での強さが出てきました。

もう、今回のエピソードに関しては書けることはありません。書くだけ野暮です。

567ページ目、が全てです。

アグリナには高い壁かもしれませんが、オヤジを越えられる様に我々読者も見守っていくこととしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

軽自動車 初の「二世帯に一台」

軽自動車の普及が加速しています。


軽自動車 初の「二世帯に一台」
(Yahoo! ニュースから)

どこへ移動するにもとにかく足が無いと生活出来ない地方は、車やバイクの所有が必須になります。一家に一台、ではなく一人一台。生活の足です。
パパが運転するのが白ナンバーで、ママや子供が運転するのが黄色ナンバー、という構成が多いんじゃないでしょうか?割と最近造成されたニュータウンではどの家にも2台車が停めてあります。

燃費は白ナンバーよりも良い方だし、税金が全然白ナンバーよりも安い軽自動車は、今日び収入がどんどん頭打ちになるか落ち込むなどして家計が厳しくなる経済的な背景もあるので、普及に拍車が掛かっているのはある意味必然とも見られます。

ただ……経済的な部分が重要視されちゃって、「所有する悦び」「運転する愉しみ」よりも「安くてそれなり」みたいな軽自動車が増えていかないか、余計なお世話かもしれませんがそっちの方が心配だったりします。
「ただの足」と割り切るあまり、何のケレン味も無く、運転していてもワクワク感が無く、維持費が安いだけの乗り物。
同じような没個性な車が街の中に溢れたら、ちょっと寂しいなーと思う次第です。

そんな中で、ホンダからビートの後継車種が出る話がクルマ雑誌で挙がっています。
ミッドシップ2シーターの軽自動車なんていうユーティリティのカケラも無い構成は、一台のクルマに多様性を求める今の経済状況でとても売り出せるシロモノではないだけに、ビート発売時のバブル経済は本当に凄かったんだなー、と改めて感じます。

まんま同じ構成のクルマがリリースされるとは思いませんが、それでも「タダの乗り物」ではないものをホンダに期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

週末の有明ですが

今年は(今年も?)不参加にしました。
色々と会津脱出の手立てを考えましたが、段々面倒になってきちゃって(^_^;)

なので、この週末の私は会津に残留です。

会場へ行く皆様は熱中症対策を万全に。ビッグサイトを墓標にしてはいけません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

痛車グラフィックス Vol.11

痛車グラフィックス Vol.11
久し振りに発刊されましたね。Vol.10からどれくらい経ったんだろ?

今回の特集は「痛車のお作法」ということらしく、主にまとまったデザインに見せるためのレイアウトやメッセージ・ロゴの置き方など、ただ可愛いオネーチャンを車に貼ッ付けるだけじゃ無いテクニックが披露されています。

車をCG画面に見立てた時、オーナーの自己主張がどこに有って、それをどうやって見る側に伝えるのかはオーナーのセンスに依るところが大きいのですが、今回の特集は、センスの足りない部分を埋めるための定番的手法の紹介と言えなくも無いですね。見映えのいい絵の造り込みと一緒ですね。

表紙を開けてスグの見開きには、こないだのセパンでGT300クラス優勝した初音ミクBMWが2ページ使って優勝報告&応援御礼を打っていました。感じイイですね〜グッドスマイルレーシング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

リバウンド?

ご存知の通り、私はデブです。
会津若松へ昨年赴任する際には、167cm/80kgありました。

先ずはターゲット体重ってことで、63kgまで落とすことを考えました。
レーシングカートのヤマハSSクラスの最低重量が145kgなので、もしそれに乗りたいと思ったら(実際に乗ることは無いと思いますが)63kgがギリギリの体重になります。

会津若松残留中は散歩とチャリで何とか69kgまで落としました。
しかし、今朝、風呂上がりに体重計に乗ってみたら、....73kgまで戻っている!?
何度乗っても結果は一緒。

....リバウンド?Σ( ̄□ ̄;
確かに、横浜に滞在した夏休みの4日間はたくさん食べたけど...._| ̄|○

今日から散歩と自転車を再開します。

うーん、なんてこった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

昨日のまとめ

昨日は、朝早くに横浜を出発してツインリンクもてぎでフォーミュラニッポンを観戦し、20時過ぎに家に着き、風呂に入って21時半には会津へ向けてまた出発していました。
一日で520kmは走ったみたいで....。もっとかな?

もてぎを後にしてから、水戸で妻子を降ろして、彼女らは電車で家へ帰ってもらって私は車で会津へ向かう、という手段を元々考えていたのですが……

非効率だなとは思いますが今にも雨が降りそうな天気なのにそこで彼女らを置いて自分だけ車、なんてコトは出来ませんでした。

開催レースが2&4なのでバイクレースと四輪レースの両方を堪能可能な昨日のもてぎてしたが、私は一応四輪オンリーで観ていました(^^;
シビックのワンメイクレース決勝とフォーミュラニッポンの決勝をスタンドで観戦、F3決勝は空調の有る建物の中でモニタ観戦でした。

でも一番面白かったのは、フォーミュラ・モテラで監督同士が争うエキシビジョンレースでした(^^;
現役を離れてもレーサーはレーサーなんだなー、と。先輩後輩はあるでしょうけど、余興とはいえ仁義無き戦いでしたね~(^^;
現役ドライバーのレースは当然面白いのですが、レジェンドドライバーが走る方がワタクシ的にはぐっと来ますね。野球もペナントレースよりマスターズ戦が面白いと思うので(^_^;)

今週も暑くなりそうですが、水分取って乗り切りましょう(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

Fポン観戦@もてぎ

Fポン観戦@もてぎ
もうすぐ?スタート。
暑い〜(´△`;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

AM練習@新東京

午前中で練習を切り上げて、ヨカッタと思います(^_^;)
あんまり速くは走っていません。シートが変わって色々と細かくセットを替えたりして、それで終わった感じです。

今月は月末まで走らない予定。ドライバーの体力を上げるのが先の様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

週末の予定は

8/6(土) : レーシングカート練習@新東京(AMのみ)
8/7(日) : フォーミュラニッポン観戦@もてぎ→そのまま会津へ戻る予定

土曜日は、チャレンジカップ練習組に混ぜてもらいます(^^;
日曜日のもてぎは丁度北コースでARTAやっているところとなので、合間を見て観てみようかな、と思います(^^;

久々に会津へ車で戻ることができます。ちょっと嬉しい(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

只今改修中

只今改修中
シート外してブレーキのオーバーホール中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

アルビ萌えT?

なでしこジャパンでW杯優勝に貢献した、アルビレックス新潟レディース所属の上尾野辺めぐみ選手と阪口夢穂選手をモデルにしたイラストTシャツを6日のホームゲームにて数量限定で販売するそうです。

Jpg004Jpg006_2


アルビレックス新潟ホームページ
http://www.albirex.co.jp/

女子サッカー選手ってMs.Gentlemenなイメージがあるのですが(失礼)、こうやって二次元化されるとカワイイですね~。
会場限定の販売で、今は通販を考えてはいない様です。欲しい人は新潟まで行って試合を観てTシャツで萌えて下さい(^_^;)

残念なのは、売り出されるTシャツのサイズ。
S/M/Lは有るのですがLLが無いらしく、私はLLなので、着るとびよ~んと横に伸びちゃうんですよね(^_^;)

さて、明日から、世間様には申し訳ありませんが4連休とさせていただきます。
カート改修がメインになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

バスグラフィック Vol.11

バスグラフィック Vol.11

東急バスの特集だったので手にしてみました。

内容は、東急バスの歴史、特徴の有る車両と一風変わった路線の紹介です。

東急バスは、就職して神奈川に出てきて一番乗っているバスと思います。今でも家と駅の間が離れているので東急バスの利用は続いています。

営業所紹介を読んで、そこで初めて川崎営業所が廃止になったことを知りました(^_^;)。
下野毛の寮に住んで居た頃や武蔵小杉駅から川崎フロンターレの試合を観に行く時なんかに、川崎営業所管轄の溝02系統によく世話になってましたです。

路線紹介では、新横浜駅と溝ノ口駅を第三京浜経由で結ぶ急行バスが取り上げられていました。
以前一度溝ノ口駅から新横浜駅まで通しで乗ったことがあります。普段一般道を走る路線バスが高速道路を疾走し、そこで見える景色に違和感を覚えて、それがとっても新鮮でした。
なお、その時の車種は新羽営業所のワンロマ車でした。シートベルト付き。

でも東急バスったら日吉に営業所があった頃の、北村ボデー製(なのかな?)の丸っこいリアがズラリと線路側に向けて並んでいる、あのユーモラスな景色が一番「あー何か東急だなあ」という感じにさせてくれます(^_^;)。
古き良き時代ですね。

ほぼ毎日使っていたバスの、ちょっとしたいくつかの発見をこの雑誌で知ることが出来ました。ワタクシ的には読み応え有りましたです(^o^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

選挙に行こう

Sigisityoukeihatu8/7は会津若松市の市長と市議会議員を決める選挙の日です。

なので、福島未来さんポスターもこのバージョンです。

でも、福島市の方の選挙ではこの類のポスターにしていないみたいなんですよね。
会津若松には萌え文化は無いはずなんだけど....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »