« 週末の予定は | トップページ | コソ練@新東京 »

2011年8月26日 (金)

新東名高速、来年GW前に部分開業へ

現在建設中の新東名高速が、静岡県内で来年部分開通を迎える様です。

http://www.asahi.com/national/update/0826/NGY201108260012.html

東名全体のスループットを上げる為には、部分開通は良いことだと思いますが、やはり神奈川県内、特に横浜〜大井松田間をぶ厚くしないと、東名の根本的な渋滞解消にはならないんですよね〜。
上り線なら、例えば、海老名の圏央道南北ジャンクションでもって神奈川県内の南北に車を逃がすとかして横浜へ向かう車を減らすという方策は取れそうですけど、逆に下り線は横浜以東と圏央道からの流入車で厚木以西が凄く込みそうな気がします。

新東名の神奈川区間は、圏央道から西はプランがある様ですが、東側……というか圏央道より内側はノープランだという理解です。

ところで、横浜市道路局のホームページを見ると、横浜環状西線(調査中区間)から「武相幹線」という枝線が伸びています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/jigyochosei/

位置的に、この武相幹線が西に伸びると、圏央道を介して新東名に繋がる感じがします。
この構想は「アリ」だと思うんですけど、どうでしょう?横浜市内から西に移動する交通を横浜環状西線+武相幹線で新東名に繋げる、みたいな。

ここまで来ると、武相幹線も横浜環状西線の内側を東側に伸ばして横浜新道にくっつけて、第三京浜→横浜新道→武相幹線→新東名という、東京都から新東名へ繋がるルートをやって欲しいですね。

妄想は広がりますが、実現するまで何兆円使うんだろ?(^^;

|

« 週末の予定は | トップページ | コソ練@新東京 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

仰っている武相幹線は新東名高速そのものですよ。
新東名の法定路線名は「横浜名古屋線」で、
起点は海老名ではなく横浜環状の横浜泉jctです。

おそらく「新東名」と言ってしまうと横浜環状南線の反対派を刺激するので、別名で呼んでいるのだと思いますが、横浜環状南の完成に目途がたてば横浜泉~海老名南の建設計画もでてくると思います。

その先の玉川~横浜泉は「東京横浜道路」という名前ですが、こちらは法律で定められていないですし代替路がありますので、建設は難しそうです。

投稿: | 2012年1月28日 (土) 18時48分

→ ?さん

こんばんわ。半年近くも前の私の戯れ言にコメントを付けて下さり、ありがとうございます。大変恐縮です。

昨日のNEXCO中日本の発表で新東名の開通日時がハッキリしましたね。待ち遠しいです。

武相幹線が新東名の一部なんですね。でもソコに新東名を名乗れないのは何かしらの遠慮があるということで....複雑?な事情が見え隠れしている感じです。

武相幹線・横浜泉から東にも構想があるんですね。東京横浜道路ですか....。東京と横浜の間の動脈は太いに越した事は無いと思いますし、それが新東名へ続くのであれば素晴らしいと思います。

もしも、東京横浜道路をどこかに通せと言われたら、私なら東京側から玉川IC→目黒通り→多摩川に新しい橋→宮内新横浜線→新横浜から環状2号→新桜ヶ丘ICからゴルフ場の下にトンネル→横浜環状西線のどこかへ繋ぎ、なるべく半地下構造か、高架の下をトンネル、という構造にしたいなと思うのですが、どうでしょう?
センス無いですかね(^^;

投稿: いぶき | 2012年1月28日 (土) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新東名高速、来年GW前に部分開業へ:

« 週末の予定は | トップページ | コソ練@新東京 »