« 2011NTCウィークエンドレース 第5回 | トップページ | 今日観たテレビは »

2011年9月18日 (日)

今月の子竜物語 第24話

子竜物語を読むのに随分時間が掛かりました。今月号が出る直前に会津へ発ったので……(^^;
待望のコミックス第3巻は10/25発売の様ですね。楽しみです。

冒頭からアグリナが登場します。マシェルの子竜達から「竜術士みたいだー」と言われていますが、これは多分にアグリナのポジションが笑点の回答者から司会者に転向した桂歌丸の様な違和感から発せられるものでしょうか?(笑)

メオは里に既に帰っていて、成竜になるために山にこもっているみたいですね。ってことは、卵を抱いてコーセルテルに来る時は青年然となっているのかー。やんちゃ少年が大人になったっていうのが絵に描いたような姿になるんだろうなー(^^;

久々に暗竜の卵ちゃんが登場です。しかしいきなり重篤な状況なのか何なのか、眠りが深くてキケン(?)な状況に....。

いざとなったらマシェルがこの卵ちゃんの竜術士になると決意表明(?)していますが、そしたらマシェルの負担がより厳しくなるっていうのが目に見えて判ってしまうので、ナータはとんでもなく心配するワケですが....。

今は魂のみの存在となった、竜の都が存在していた時代の竜王の竜術士・フェルリですけど、竜の都が栄えていた時代に寿命間近な卵をどうしていたのか、ナータに問われます。孵せない卵なんて一つも無かった、いや一つだけ……と、以前ランバルスに弔われた地竜の卵を思い出します。

最後の竜王……アゼットって名だったっけ?暗竜があんな表情出来るなんて思ってもみなかったです。ナータみたいな仏頂面なのが暗竜の普通の表情ってワケではなかったのね(^^;

どうやら、暗竜の竜術士は既に候補が決まっていて、あとはコーセルテルに来てくれるかどうかってところまでツメられている様です。
スカウティングはやっぱりミリュウのオカン?
ンでコーセルテルに暗竜術士候補の人が来たら、コーセルテルのシキタリを色々と他の竜術士が教え込むエピソードも描いて欲しいなと思います(^^;

最後は「とりあえずマシェルが卵ちゃんの竜術士にならずに済みそう」ってことで結びになっていますが、他のマシェルの子竜達から「自分ホントに卵の心配しとったん?マシェルの心配しとったやろ」と心のツッコミを入れられているナータが何かアレでした(笑)

8人しか居ないコーセルテルの竜術士ですけど、竜や竜術士がいっぱい居た頃のノウハウが、資料無しでもフェルリのおかげで引き出せるというのは大きいです。
フェルリの存在はまさに生き字引ですよね〜。死んでいますが(笑)。

|

« 2011NTCウィークエンドレース 第5回 | トップページ | 今日観たテレビは »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の子竜物語 第24話:

« 2011NTCウィークエンドレース 第5回 | トップページ | 今日観たテレビは »