« 週末の予定は | トップページ | 東西同時開催!?@つま恋 »

2011年9月10日 (土)

今週のネギま! 337時間目

茶々丸の話とゆえ吉の話ですね~。

不眠不休で働く(?)ネギ君にとっては、確かに一日一度ゼンマイを回せば眠らずに活動できる茶々丸はうってつけのパートナーです。

私の勝手な思いですが、ネギ君くらいのスーパーマンになっちゃうと、普通の人のレベルではネギ君の行動やそれにともなうネギ君の悩みを聞いて支えることって難しいのではないか、と考えます。
彼には親はしばらくの間居なかったので、楽しみや苦しみを享受する存在が長らく欠如していて、すべて自分で自身の内外のことに関して決着を付ける必要があったのではないかと感じます。が、そこで判断の失敗は無かったのか?反省を糧として経験にするとき、その過程で得た情報の取捨は出来ていたのか?
ひょっとしたら、ネギ君がスーパーマンでいられたのは、結果的にそうだったっていうだけであって、たまたまだったのかもしれません。

ナギが生きていれば、もうちょっとネギ君は年齢相応の思考や振る舞いが出来ていたのかもしれませんが、周りに頼れない生き方をしていたゆえに自身が周囲を克服するためにどんどん高まって「超人的な思考能力を手に入れた孤高の存在」となってしまい、そうなると「人の考えをする人」が彼をサポートするのは本当に難しい様な気がします。

そう考えると、前の時間でフェイトがまき絵達に「彼と同じものを見て彼と同じ場所に立てる……それができない者が今彼の隣にいるのは許されない」と語ったのは、フェイトのネギ君独占宣言(をい)ってだけではなく、普通の人が今彼を支えようとするとそれはもう大変なコトになるんだよ、その覚悟はあるのかい、という忠告にも聞こえます。

茶々丸、フェイト、コタ君、アスナ、などなど、ネギ君を支える人達は何かアレなキャラばっかりなので、そういう方向に私の頭の中はまとまりましたですw
いいんちょやちづ姉は....普通じゃピンと来ない程なお金持ちの家ってことで(^^;

望んでそうなったので、ネギ君を止めることは誰も出来ないし、そして周囲の誰もそれを望まないでしょう。
ただ、……疲れるけど光る生き方を選んだね、と毎日をのんべんだらりと41年生きてきた中年の私にはまぶしく見えます。

ゆえ吉のエピソードは、魔法世界のいいんちょとの友情の深さを確かめ合った、コレもイイ話だと思います。
ただ、まぁ……のっけから悶絶している茶々丸のインパクトには負けますよねw

|

« 週末の予定は | トップページ | 東西同時開催!?@つま恋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のネギま! 337時間目:

» ネギま!関連サイト巡回(09/11) [ネギま!部屋(楊さんのページ別館)]
■「雨の日はドライブ、晴れててもドライブ」さん「今週のネギま! 337時間目」 今週のネギま! 337時間目: 雨の日はドライブ、晴れててもドライブ >ゆえ吉のエピソードは、魔法世界のいいんちょとの >友...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 06時38分

« 週末の予定は | トップページ | 東西同時開催!?@つま恋 »