« 只今南下中 | トップページ | 58mヘディングゴール?(^_^;) »

2011年10月29日 (土)

今週のネギま! 342時間目

久々に週刊少年マガジンを読みました。イイですね〜マンガは。今週は特に一歩が良かったです。
スポーツの本質は、やっぱりスピードなんだなと思います。アウトボクサー同士の噛み合った戦いが期待出来そうですね。
あ、ネギまの感想書かないと(^^;

ネギ君の払った代償が「不老不死」というのは....やっぱり大きいものだと思います。
劇中307時間目で、竜ですら治癒させるはずのこのかのアーティフェクトがネギ君に対して機能しないというのは、ネギ君はこの段階で「精神的な『死』」を迎え、精神的な死は肉体に影響したんだということでしょう。辛うじて仮死の様な状態を維持できるのは闇の魔法というバイアスのおかげだった、と。

ストーリー的には必然の流れですが、ラカンがネギ君に提案した「光と闇のどっちを取る?」で、闇を選んだことが「結果的に良かった」ということになるんだと思います。

で、不老不死ですけど、ゲーデルが言うとおり、指導者としては最高のコンディションだと思います。暗殺やクーデターの心配が皆無になるので、長く時間の掛かるプロジェクトを進めるには、今のネギ君は本当にうってつけだろう、と。

ネギ君が人並みの幸せを得られるかどうかというのはネギ君以外の人たちの余計な心配であって、別にネギ君がそれでいいと思うならそれでいいのでしょう。多分に使命に燃えているネギ君はそんなことすら頭に無いかもしれません。
ネギ君10歳児なんだからもうちょっとバカやって遊んでいてもいいんじゃないのーそれが10歳児の幸せなんでないのーとは私も思いますが、ピアノやゴルフ、もしくはレーシングカートで4歳くらいから英才教育を受けてジュニア競技の世界で戦う児童等も居るので、将来のためにその年齢から勝負を掛けるのはアリなんだろうな、と感じます。たまたま彼の場合はスポーツとかコンテストではなく「世界を救う」という大それたものではあるのですが。

ところで、100年後とかに魔法世界を丸々温存する国家プロジェクトを成し遂げた後もネギ君が不老不死のままでいたら、どうなるんでしょう?
考えられるストーリーは、コトを成した後に世界各国から逐われる羽目になって、捕まって、永遠に幽閉される、ってところでしょうか。ネギ君が生きていたら、次の「プロジェクト」として、いくつかの現実世界の国家再建に着手するかもしれません。何てったって「立派な魔法使い」ですから。そうなるとその国の指導者らは立場を失うので、そうなる前にネギ君を捕まえて、各国の指導者達は安穏を得る、みたいな。

405ページ目のゲーデルのセリフを読んで、ネギ君は既得権益の破壊者になり得る危険な存在だなー、なんてそんなコトを考える私が居ます。

そうやって逐われて世界がイヤになると、エヴァ師匠みたく世捨て人になるんだろうな〜。
でもそんなネギ君はイメージしづらいです(笑)。

|

« 只今南下中 | トップページ | 58mヘディングゴール?(^_^;) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のネギま! 342時間目:

» ネギま!関連サイト巡回(10/30) [ネギま!部屋(楊さんのページ別館)]
■「雨の日はドライブ、晴れててもドライブ」さん「今週のネギま! 342時間目」 今週のネギま! 342時間目: 雨の日はドライブ、晴れててもドライブ >100年後とかに魔法世界を丸々温存する国家プロジェクト...... [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 08時22分

« 只今南下中 | トップページ | 58mヘディングゴール?(^_^;) »