« ホームネットワークの最適化 | トップページ | 週末の予定は »

2011年12月21日 (水)

カマロのGT3カー

2011年のポルシェカレラカップ・アジアでチャンピオンを獲得した澤圭太選手が、イタリアでシボレー・カマロGT3をテストした、という記事がAS-Webに載っていました。

01

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=6&no=38299

ご多分に漏れず私もスーパーカー・ブームの頃に車種を色々覚えた者ですが、フェラーリやポルシェなどのヨーロピアン・スーパーカーが流麗と感じたのに対し、シボレー・カマロは同コルベット、フォード・マスタングやポンティアック・トランザムなどと並んで「アメリカン・クーペ=力強さ」を私に強く印象付けた車の一つです。

サーキットの狼では、作者の池沢さとし先生があまりアメ車が好きではないという理由で、そんなに劇中で活躍したという感じはしませんが……

ところで、カマロやマスタングは原点回帰を狙ってか、現代的なデザインでありながら、それぞれの初代の意匠を踏襲したフォルムになっています。特にカマロはかなり初代のソレに近いものを持っていますが、更にGT3仕様に仕立てるだなんて……。この見栄えと力強さは正しくアメリカン・マッスルカーです。なかなか欧州GTカーではこの味を出せないでしょうね〜。

メルセデス・ベンツやアウディ、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、などなど来年のFIA-GT3規格のツーリングカーが今年の秋頃からどんどんリリースされていますので、JAF-GTとFIA-GT3にクルマを絞る予定でいる来年のGT300クラスは今年以上にスーパーカー対決が見モノだと期待しています。

実際のところは、こんな車がレースに出たら面白いだろうな〜という外野の考えとは裏腹に「買える」「勝てる」車を参加チーム側は考慮すると思うので、世界のGT3カー勢揃いということは無いでしょうけど、カマロのGT3なんかの写真がWebに載ったりすると……サーキットの狼を読んで心を躍らせた頃のスーパーカー・バトルをやっぱり期待しちゃいますね〜。

で、澤選手はこのカマロでどっかの選手権を来年戦うのかな?どうも澤選手=ポルシェってイメージが強くて(^^;

|

« ホームネットワークの最適化 | トップページ | 週末の予定は »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カマロのGT3カー:

« ホームネットワークの最適化 | トップページ | 週末の予定は »