« 解体ショー? | トップページ | 「若者に車が売れないわけ」 »

2012年2月17日 (金)

Mountain Lion = Puma?

Mac OS Xのversion 10.8がシードデベロッパに向けてリリースされた様です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120216-00000082-zdn_pc-sci

Wikipedia(仕事早いな)によれば、

2012年2月16日にAppleのサイトで突如発表され、いくつかの新機能が紹介された。同日、開発者(デベロッパープログラム登録者)へデベロッパープレビュー版も配布され、一般向けには夏の終わりごろにリリースされることが明らかとなった。前OS発売から約7か月で発表されたこととなる。新機能は100個以上で、OS X Lionよりは新機能の追加は少ない。サイト上の掲載 写真によると、GUIもLionからそのまま引き継がれている。また、引き続きアップルのモバイルOSのiOSに由来するアプリや新機能が中心となる。アップルのCEO、ティム・クック氏は、iPhoneと一体感のある製品にしていくと述べている。

とのこと。

要するにMacintoshで提供されるOSのインタフェースはどんどんiOSに接近していく……ということですか、ね?
私はiPhoneもiPadも持っていないのでiOSがどんなモンだかよく判りませんが。

iTunes風のファインダーになった時も結構戸惑いましたが、慣れたと思ったらもうコレですか。
メジャーアップデートは勘弁してほしいです。あと、重くなるのも。

ところで新バージョンは「Mountain Lion」というコードネームです。Mountain LionってMac OS 10.1のコードネームであるPumaと生物としては一緒のものなんですけど、もうネコ科動物のネタが尽きてきた?(^^;

10.7がLion、10.8がMountain Lionだったら、10.9は是非とも金曜日のライオン (Take it to the Lucky)にしてほしいです。

Img3_lps01_3

はい、ただコレが言いたかっただけです(^^;

|

« 解体ショー? | トップページ | 「若者に車が売れないわけ」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mountain Lion = Puma?:

« 解体ショー? | トップページ | 「若者に車が売れないわけ」 »