« イイ走りっぷりと思います | トップページ | iPhone4S来ましたが »

2012年5月30日 (水)

ななつ星in九州を牽引する機関車は?

JR九州から、来年から走らせる「ななつ星in九州」なる新型リゾート列車のアナウンスが出ています。

http://www.jrkyushu.co.jp/cruisetrain/

プレスリリースによると来年の秋頃から九州を半周〜一周する、展望台付きの客車で運行する様です。

私が興味を持ったのは、牽引する機関車です。
コース案内を見れば判る人は判るのですが「ななつ星in九州」は非電化区間も通るので、その区間は電気機関車以外の機関車が牽引すると思うのですが、イラストを見る限りでは専用色の機関車を用意する様です。またその形も、JR貨物DF200形を彷彿とさせるもので、JR九州でわざわざ新造するのかどうなのか気になります。

7stars

プレスリリース下部の別紙(PDF)イラストを観ていると、高級ホテルが線路の上を移動する様な感じです。
今や鉄道を使う旅は時間とお金がある裕福層に与えられた贅沢な感じですね〜。
貧乏旅行を信条?とする私には縁遠い存在な気がします(^^;

|

« イイ走りっぷりと思います | トップページ | iPhone4S来ましたが »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

イメージイラストなので、予定は未定かも(^^;。

というのも、DF200(をそのままに外観改良だけとしたもの)を想定すると、DF200は軸重が重く可変機構も無いので、九州島内で入線できるのは、鹿児島本線の八代以北と日豊本線の大分以北に限定されてしまいます。

DD51→重量84t 軸重14tまたは15t可変
DF200→重量96t 軸重16t


主な九州島内の機関車
ED76→重量87t 軸重14t〜16.8t (4段階可変)
EF81→重量100.8t 軸重16.8t (八代以南,大分以南入線不可)
8620形蒸機→重量84t 軸重13.5t (JR九州に58654号機があり)
DE10→重量65t 軸重13t


(参考)
B20形蒸機→重量20t 軸重10t (軽っ!)
C12形蒸機→重量50t 軸重10.9t (簡易線用)
ED75→重量67t 軸重16.8t (東北標準機)
EF65→重量96t 軸重16t (直流標準機)
EF63→重量108t 軸重19t(重っ!)


ということで、軸重13〜14tクラスの機関車ではないと島内では自由に使えませんので(その点、58654号機は最適)、DF200のままというのは無いでしょう。

こうなると、ワンオフものの軽軸重新形機の可能性もありそうです。

(あってもおかしくないでしょう。というのも、いずれ貨物会社もDD51に代る軽軸重機が必要になるでしょうから)

投稿: 大谷田橋 | 2012年5月31日 (木) 12時56分

→ 大谷田橋さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

機関車の軸重に関する情報、ありがとうございます。
本線なのに軸重16t以上の機関車は入線できない区間が有るだなんて....かなり意外でした。
軸重が軽くて可変するDD51形があまりにも優秀過ぎて、生産終了して34年経った今でも重宝されているのがなんとなく解ります。

DF200形はBo-Bo-Bo配置なので96t÷6輪=16tという計算だと思うのですけど、じゃあ軸重を軽くするために1Bo-Bo-Bo1なんて考えてみましたが(今日びこの配置はありえないですけど)、96t÷8輪=12tになっちゃって今度は軸重軽くなり過ぎて線路にトラクションが伝えられない気がします。そもそもホイールベースが長くなりすぎてヨーイングの性能が落ちてしまいそう(^^;
(すみません、ホイールベースとヨーイングの鉄的表現が判りません(^_^;))

富裕層にゴージャスな旅のカタチを提案し、環境負荷低減によるエコも打ち出すためにも新形式の牽引車は導入すると思うんですよね、イメージイラスト通り。
世の中の解りやすいエコな乗り物はハイブリッドなので、ハイブリッドディーゼル機関車が最適なんじゃないかと考えます。
躯体はDF200、軸重はDD51、パワートレインはHE300....これはキメラか魔改造か(^^;

投稿: いぶき | 2012年5月31日 (木) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ななつ星in九州を牽引する機関車は?:

« イイ走りっぷりと思います | トップページ | iPhone4S来ましたが »