« 割と混戦だった様で | トップページ | 今一番入手したいフィギュア »

2012年7月12日 (木)

マンガ世界の偉人 スティーブ・ジョブズ

Stive妻が買って来てくれました。
昔からのApple社製品のファンであればおなじみのストーリーについて、ジョブズを物語の中心に据えて、極力、ジョブズ氏が行った社内の粛正とかプロジェクトの乗っ取りとか確執劇を排除し、子供にも理解し易くマンガになったもです。
こういう感じで平易に描かれると、各々の出来事に説明を付け加えたくなるトコですが、そこは一部のコア層にだけ読んでもらうワケではないので、しょうがないっちゃーしょうがないです。

スティーブ・ジョブズ氏の名セリフは「One more thing!」でも「Why join the navy if you can be a pirate?」でもなく、ジョン・スカリー氏を招聘するために口説いた「Do you want to sell sugar water for the rest of your life, or do you want to change the world?」でしょう。
いろんな方面からパロられているので、説明不要ですよね。

G66qrr

それはさておき、

Img_0158

こんな機種出していた時は誌面の通り本当にMacが売れず、ハイエンド機が辛うじてプロユーザに売れていたので死に体の一歩手前で踏みとどまっていたのですが、それ以外は全然ぱっとしませんでした。パフォーマシリーズを出して家電屋さんに流通チャネルを開拓してみたりもしましたが、これもさっぱり。
そんな時期にMacを買い支えていたファンは本当にコアだと思います。

iMacから続くジョブズ氏復帰後の製品は、ヒットを飛ばし、パーソナルコンピュータの枠を飛び越え、ユーザの手に渡っています。あの会社をここまで立て直したことは、まさに偉業と思います。

息子の友人がリンゴマークを見て「あ、iPodのマークだ」と口にした時には本当に愕然としましたが(^^; 今のApple社の認識なんて、そんなモンです(^^;

|

« 割と混戦だった様で | トップページ | 今一番入手したいフィギュア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ジョブズが無くなったときにアップルストアにAPPLEIIを献花ならぬ献機したとき、ナニコレでした。
「こんな古い奴動かんから持ってきてるんだろーとか」
いえいえ、完全動態保存してますからっ!
とはいえ、8bit時代からのファンはjobsよりもWozが死んだときどうしようと思ってます。

日本のアップルシーンはもっと謀略があって、米アップルが大変だったApple3の不遇時代からiMacが出るまでの不遇時代を支えてきたのが日本で、日本マーケットでのジョブズのえげつない話は、アメリカ中心の自伝にもないくらいどす黒いです。

投稿: あまの | 2012年7月13日 (金) 13時14分

→ あまのさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
完全動態保存のApple IIをお持ちというのはまた凄いですね。筋金入っていると思いました(^^;

Woz氏は完全なエンジニアさんだったのでドロドロのApple愛憎劇(??)にはあまり参加していないのでしょうけど、Woz氏がいなければApple社もまた無かったんですよね。

iMacが出る以前、身売り寸前だった頃のMacを買い支えたのは日本のユーザだったという話は過去のMac系雑誌を見れば何かしら記事が転がっているのを確認出来るとは思うのですが、日本マーケットでのジョブズ氏のえげつない話というのは……?
まさかApple社ヘッドクォーターを日本へ遷都させるプランが有ったとか(ないない(^^;))今度会ったら教えて下さい(^^;

投稿: いぶき | 2012年7月13日 (金) 13時42分

えーと、その昔本郷に化学機器の会社がありました。
ここの会社の社長さんがAPPLEを気にいってジョブズを口説き落として、日本総代理店になりました。社長が気にいっただけあって、ユーザーズマガジンやユーザーグループの音頭をとって日本でのマーケットを育てていきました。(並行輸入業者はいくつかありましたが、総代理店のサポートレベルは今のアップル以上でした。そのためか総代理店の会社はたくさんのアップル2、アップル3、マックを売りました。多分あのアメリカの売り上げの半分くらいにせまる世界第2位の市場でした。
さて、とある繊維業者(今ではK國の悪影響が色濃いと悪名をはせているようですが)がジョブズをたぶらかし、日本総代理店を奪い取りました。
そして、日本でアップルのユーザーを育てた会社に向かって「お前らはアップルを売ってはならない」とジョブズは言い放ちました。これは恩を仇で返す行為ですね。

まあ、こんなこともあったわけですが

投稿: あまの | 2012年7月14日 (土) 00時11分

→ あまのさん

おはようございます。コメントありがとうございます。
いやー「恩仇」を地で行っていますね~当時のApple社は。契約の世界の話とはいえ、ひどい仕打ちと思いました。
そういえば、Mac互換機を廃止したのもジョブズ氏がApple社に復帰してからなんですよね。あれはショックだったなー互換機を2機持っていた身としては。
iMacがどのお店でも売れるわけではなかったのもサプライチェーン制をApple社が引いたからでしたっけ。販売するお店には常に高いハードルを用意していた様ですね。
そんだけ虐げられてもMac買い続けた日本人って....ドM?(^^;

投稿: いぶき | 2012年7月14日 (土) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガ世界の偉人 スティーブ・ジョブズ:

« 割と混戦だった様で | トップページ | 今一番入手したいフィギュア »