« 判りやすい東アジア | トップページ | レースングカートテクニック Vol.10 »

2012年9月17日 (月)

レーシングカート練習@新東京サーキット

予定通り、昨日は新東京サーキットへレーシングカート練習に行きました。
前回の練習が8/19だったので、4週間ぶりになります。

前日(土曜日)夜に天気予報をチェックしたら雨マークが消えていたので、雨練習はまたオアズケかなと思っていたのですが、いざ昨朝自宅から出発してアクアトンネルを抜けたら千葉上空にはどんより雲が掛かっていました。
新東京サーキットへ近づくとどんどん雨足が強くなり、パドックに収まってからは結構な降りになりましたです。

午前中は15分/Sessionの3クラス分け(100ccと125ccクラスと、ジュニアカートを含めたその他のクラス)、午前の途中から15分/Sessionの4クラス分け(S&SS/MAX&125cc/シニアMAX/ジュニアカート)でした。MAXフェスティバルも近いので、MAXエンジン車両がどんどん増えてきました。皆さん気合い入っていますね~。

ウチの練習はこんな流れでした。

Session AM1 : 雨はほぼ止んだが、路面はウェット。走行直前にアルファノが起動せず、急遽ポンターをサーキットから借りることに。49.7s/周。

Session AM2 : 走る頃には雨は止んでいたが、路面はウェットのまま。なんかどーも雨の走り方を忘れているっぽいのだけど……?50.3s/周。

Session AM3 : 雨は止んでところどころ路面が乾くも大部分がウェット。セッション中にさらに乾き、セッション後半にはスリックタイヤ装着車に抜かれる。レインタイヤはブローして寿命全う。45.8s/周。

Session AM4 : スリックタイヤ装着。155周走行のタイヤ+OTK_MXCホイールで走行もイマイチ速くない。ドライバーは立ち上がりに力強さが無いと言っている。路面に食われている?この日ベストの41.0s/周はこのセッションで記録。

Session PM1 : ホイールをOTKのMXPへ変更も全然速さが無い。立ち上がりが悪いのは相変わらず。次はスプロケットを1番上げる。41.6s/周。

Session PM2 : スプロケット変更で立ち上がりは改善もストレートが伸びず。バトルは必死にくらいつくもどうしてもインフィールドで苦しい。41.1s/周。

Session PM3 : キャブレターのL開度を細かく調整してやっと41.0s/周が出てくるが午前中には及ばず。なんかもうスピンするくらいドライバーが攻め込んでもどうしようもなくなってきた。

Session PM4 : 10分間走行。セッション終了後、戻ってきた息子のカートのクラッチから煙が……。と、プラグを外すとエンジンからも煙。「立ち上がらない」の原因はクラッチ?

練習走行中に、同じセッションを走った皆様から「どうしちゃったの?」とお声掛けいただきましたが、こういうことです。お騒がせ致しました(^^;>皆様

練習走行終了後、エンジンをお店に預けました。クラッチを診てもらう予定です。
それにしても、練習が不完全燃焼のまま週末のNTCCUPに参加するのは若干心配だな~と思っています。調整不足が否めません。大丈夫かな……。

雨が上がって路面のコンディションがgdgdだったのは本当に悩ましかったですが、それでもKTではSSクラスの方が活き活き走っていましたね。
MAXはJr.MAXで普段の1.5~2秒落ちだったらしく、ピットやクラブハウスでは誰もがみんな「タイム出ねー」をボヤいていた様です(^^;

息子はというと色々と創意工夫をしていた様で、前述のとおりスピンを喫しましたがなるべくコーナリングスピードを高く保とうとガンバっていました。
タイムが出ない現実にどう対応するか、ドライバーなりに判断させてセッティングするというのはこういう時に良い勉強となるはずです。

来週末のレースに向けて、まずはエンジンが不調だった原因を早く突き止めて、不安を払拭したいです。
特に成果が出なかった練習ですが、帰りのセブンで買って食べたガリガリ君が1本当たりました(^^;

と、いうことで、来週は皆様宜しくお願いします(_ _)

|

« 判りやすい東アジア | トップページ | レースングカートテクニック Vol.10 »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーシングカート練習@新東京サーキット:

« 判りやすい東アジア | トップページ | レースングカートテクニック Vol.10 »