« 週末の予定は | トップページ | FMV-S8235 »

2012年11月22日 (木)

ステアリングが大きくなるのは時代の流れ?

今月のアタマにトニーカート系の2013年モデルがリリースされましたが、ビレルもホームページ上で2013年モデルをリリースしています。

http://www.birel.jp/newparts/index.php

赤ビレルの方(PDF)に仕様のダイジェストが書いてありますが、ステアリングが340mmサイズに変更されてフロントのトレッドも広げる方向なんだとか。あとホイールも栗色から黒に変更されています。

こないだのNTCCUPではジュニアカデットの上位4名はビレルのジュニアシャシーでしたね〜。
アレ見ていると「ビレル (・∀・)イイ!!」とか思っちゃいますね(^^;

試乗会情報お待ちしております(_ _)

それにしても、ステアリングの直径が大きくなるのは時代の流れなんですかねー。
トニー系は2012年モデルから320mm→330mmになっていますけど、他のメーカーは標準装備が320mmのごく一般的なサイズだったという認識です。
ビレルの340mm化で、他フレームベンダーのステアリング大型化の普及が加速するのかな?

|

« 週末の予定は | トップページ | FMV-S8235 »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステアリングが大きくなるのは時代の流れ?:

« 週末の予定は | トップページ | FMV-S8235 »