« スタバの限定モカ? | トップページ | NV350のワイドボディ »

2012年12月 6日 (木)

~夢に向かって走れ~ : 観ました

先月11/27にオンエアされた、TOMORROW beyond 3.11ジェンソン・バトン(イギリス/F1ドライバー)~夢に向かって走れ~」を録画したものをようやく観ました。

TOMORROW beyond 3.11は「日本を愛する外国人が震災後の日本を旅して、明日の復興に向けて歩み始めた日本の姿を伝えるドキュメンタリー&紀行番組」(公式ホームページより)です。
例えばアーティストのクリスチャン・ラッセン氏であったり格闘家のアーネスト・ホースト氏が同番組で被災地を訪れています。

F1ドライバーのジェンソン・バトン選手は被災地として名取市の閖上地区へ行ったのですが、閖上の風景に大きな衝撃を受けた様です。小高い丘にある神社は海抜6メートルの場所に建っていましたが、それを上回る9メートルの津波が押し寄せ、神社や周辺の家屋をほぼ全て攫ってしまいました。F1開催中には見せた事の無いバトン選手の哀しげな表情が被害の大きさを物語っています。バトン選手は神社跡に建てられた慰霊塔に合掌しました。

一昨年・昨年と全日本Jr.選手権のSUGOラウンドでは絶対的な速さと強さを見せた、池田有杜選手のカートレース活動の一部も画面に流れました。池田選手の走りは昨年のSUGOで観ましたけど、雨の中をスイスイと走って、後続を寄せ付けない完璧なレース展開でした。今年のSUGOではRd.2で二位、Rd.5で優勝しているので、東北最強のJr.ドライバーの一人でしょう。
池田選手の自宅やトランポまで取材し放送していますが、これは多分にレーシングカートはファミリーで行うスポーツであることを視聴者へ解り易く示すための紹介の一つであり、被災後のレーシングカート活動を続ける難しさを伝える側面もあったと思います。

バトン選手はスポーツランドSUGOへ向かい、そこではジュニアドライバーやその家族の方々から熱烈歓迎を受けます。
ジュニアドライバー達の走りを見て、自分もカートに乗ってドライビングを披露して、そしてジュニアドライバー達とディスカッションを行って……という、ここだけ切り取って見ても物凄くゴージャスな内容です。

ディスカッションの中で、ジュニアドライバーの中からバトン選手へ「どうすればF1まで登り詰められるのか」という質問が出ました。バトン選手は努力を惜しみなく続ける事、結果を残し続ける事を例に挙げ、少し間を置いて、バトン選手のお父さんのことを語り出しました。
バトン選手のカート活動時の最大の理解者はご多分に漏れずお父さんであるジョン・バトン氏ですが、600km離れたサーキットへ行く途中にガソリンを買うお金が無くなってしまい、バトン氏は借金してガソリンを調達し、サーキットに辿り着いたそうです。そしてそのレースでバトン選手は優勝して帰路に就いた、とのこと。
賞金で帰って来たか(笑)という私のゲゼワな発想は置いておいて、君達のレーシングカート活動の最大の理解者である家族への感謝の気持ちを忘れない様にしよう、というバトン選手がジュニアドライバー達に一番伝えたかった言葉に、池田選手のパパも若干目がうるうるしていた様な……。気持ちはよく解ります。

最後に、バトン選手がジュニアドライバー達の寄せ書きを貰い「いつもはサインする方だから貰うのは嬉しい」と笑みを浮かべて、集合写真を撮るシーンを映してENDとなりました。

Sugobaton

(c)沼崎重信氏@http://www.ent-mabui.jp

この番組は基本的に海外発信が主なので、日本語は副音声扱いになります。始めのうちどうやって日本語で聴けばいいかわからずビデオのリモコンをあっちこっちいじってました(^^;

ところで、このイベントには、ウチのチームからNT選手が参加していたのですが、池田選手ほどでは無いにしても結構顔出ししていましたね〜。サインもいっぱい?貰えた様で、ワタクシ的にはチョー羨ましいです(^^;

ディスカッションの最後で質疑したジュニアドライバーが感想を述べていましたが、言葉のイントネーションに東北の懐かしさを感じました。特に女の子ドライバー(かな?)の話し方が、かぁいかったですヽ(´▽`)/

|

« スタバの限定モカ? | トップページ | NV350のワイドボディ »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

この番組、放送は30分くらいだったんですけど、
実際バトンはSUGOに2時間半くらい滞在してましたよ~
ディスカッションも20分くらいの予定が延びて延びて…結局1時間近くあったんじゃないかな。
子どもたち全員にサイン入りキャップを準備してきてくれたり、次々お願いされるサインもニコニコしながら応えてくれたりと、それはそれは夢のような時間でした。
17時ごろの新幹線に乗る予定だったようですが、ほんとに時間ぎりぎりまで子どもたちと過ごしてくれました。
NTはスーツとメットにサインしてもらいました

投稿: NT母 | 2012年12月 7日 (金) 22時01分

→ NT母さん

おはようございます。いつもお世話になっております(_ _)
F1ドライバーのスケジュールだからそんなに時間は割けていないと思っていたのですが、それでも2時間半滞在ですか……。夕方の新幹線にギリギリってことは、ほぼ一日宮城県内だったってことになりますねバトン選手。
ディスカッションの時間が伸び伸びになったってことはバトン選手が応答する時間が長かったと思うので、かなり質のいい質問が続いたってことですかね。侮れないな東北のジュニア達。
バトン選手のサインはNT選手に見せてもらいました。羨ましい限りですよ(笑)。
今週来週とNTC遠征でしょうか?頑張って下さい(^o^)/

投稿: いぶき | 2012年12月 8日 (土) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~夢に向かって走れ~ : 観ました:

« スタバの限定モカ? | トップページ | NV350のワイドボディ »