« 動画うpのテスト その7 | トップページ | スタバの限定モカ? »

2012年12月 4日 (火)

Ninja 250の2013年モデル

"カワサキモータースジャパンはこのほど、フルモデルチェンジしたフルフェアリングスポーツ「Ninja 250」の2013年モデルと、ライムグリーン×エボニーの特別色を施した「Ninja 250 Special Edition」を2013年2月1日に発売すると発表した。"(マイナビニュースより)

http://news.mynavi.jp/news/2012/12/03/160/index.html

005l

……何か物凄くカッチョイイ( ゚д゚)オオー
このまんま、仮面ライダーが乗れちゃいそうですね。
でも50万円オーバーの価格は250ccクラスのバイクにしてはお高めな気がします(^^;

ウィザードとか乗ってくンないかな(^^;

そういえば、ウィザードとフォースが組んで週末から映画やるんですよね。

ライダーはどうでもいいけどポワトリンって……?あれって私が高校生の時の番組だったので、20年以上も経った今ご本人が出演されることは無い様ですが……40歳くらいの方が美少女仮面と名乗るのは……ムズい?ムズいか(^^;

映画のライダーってちょっと微妙だけど、アクマイザーが出るなら観てみたいかもです

001l

|

« 動画うpのテスト その7 | トップページ | スタバの限定モカ? »

」カテゴリの記事

コメント

 なんか、カラーデザインだけ見るとホンダとヤマハを足して2で割ったような感じですね。 ホイールの造型と前に突んのめった所はカワサキらしいですが.....

 並列2気筒ということで、その辺りで少々お高めになっているようです。 ホンダのように思い切って単気筒にすると更にコストダウンできるのですが、そこはカワサキの意地なのかもしれません。

 ところで、お尻が短いデザインは最近のハヤリなんですかねぇ。 個人的にはちゃんとリアタイヤのエンドの部分まで延ばしたデザインが好きなんですが.....

投稿: 味噌田楽 | 2012年12月 5日 (水) 21時42分

→ みそでんさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
前掛かりになったスタイルはカワサキの意匠っぽいですよね。400ccクラスのNinjaもこんな感じですし。
ホンダのCBR250Rが50万円を切っていますが、エンジン構造が数万円の差、くらいに考えた方がいいでしょうか?
言われてみるとリアエンドがリアタイヤの後ろまで全部は掛かっていませんね……。2ケツすると後ろが狭そうです(^^;

投稿: いぶき | 2012年12月 6日 (木) 04時38分

 所有バイクは川崎派の私が通りますよ…
 現行使用しているZZ-R250を乗り潰したらninja250になるのかな…と漠然と考えてますが、馴染みの整備工が云うには「ZZ-Rより格段に性能が上がってる」そうですので、まぁ上記の通りとなるでしょう…
 ZZ-R乗り潰すのに10年程度掛かると思うので、あと5年弱乗る予定ですがwww

 さて、カラーリングは私は赤が好きなので真っ赤か今回紹介されたカラーリングが有れば買うと思いますが…最近、赤いバイクって無いんだよね…
 前に乗ってたZZ-R400は赤だったけど「小豆色」ってか黒ずんでて…もっと「赤!」って感じ(「紅」ぢゃなくて)のが良いなぁ

 元々GPZ-R→ZZ-R(途中、GPXとかZXとかZX-Rとか有ったけど)の系等はツーラーって感じでリアシートも結構ゆったり座れる構造だったのにねぇ…
 ninjaはレーサー寄りになっちゃったのかなぁ…寂しい限りです

投稿: 毘沙門天松茸 | 2012年12月 6日 (木) 18時05分

→ まったけちゃん

退院おめ!冬の有明には間に合いそうですね〜。えがったえがった。
GPZ900Rの写真とか検索してみると、デビュー時はしっかりとリアタイヤの後端までシートが伸びていますが(特攻の拓に出て来る龍也のなんかがソレですね)、年を追う毎に後ろがどんどん短くなって行く気がします(^^;。
まったけ号の移行の流れからするとNinja 250が後継ってことになりますが、ZZ-Rにしばらく乗るなら乗り潰した頃に新型の色定めをすればいいですね。
ninjaはレーサー寄りになったかもしれませんけど、前掛かりのスタイルとリアのショートデッキ化は見た目にスピード感が際立って映るので私は好きです(^^;

投稿: いぶき | 2012年12月 6日 (木) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ninja 250の2013年モデル:

» ドライブ [遊びと仕事とアレコレと]
紅葉でも見がてら、毎年恒例の和歌山県 田辺市 中辺路町 福定の大銀杏へ紀伊民報でもボチボチ見ごろと載ってたので、昼ご飯にお手製簡単カルボナーラもどきを食べて出発福定の大銀杏は宝泉寺という小さなお寺の境内にそびえ立ち、推定樹齢400年で幹の周囲5.3m、高さ22m。根元から4mの高さで幹から枝が林立している事から鐔∪號楸箘撫州とも呼ばれ町の天然記念物に指定されています。何年前からか忘れましたが幹の周りにロープが設置され触�... [続きを読む]

受信: 2012年12月 5日 (水) 17時49分

« 動画うpのテスト その7 | トップページ | スタバの限定モカ? »