« SEの心得@ハートマン軍曹 | トップページ | そういや明日は成人の日ですが »

2013年1月12日 (土)

「妹」とは如何なる存在なのか謎です

先日Book-offで見つけた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のコミカライズ版を1〜2巻と読んでみました。

Img_0302

あらすじとか設定とかはWikipediaを見た方が手っ取り早いので省きますが、簡単に書くと「ハイレベルな妹は実は隠れヲタという秘密を知ってしまい、不仲だった妹に振り回される兄の奮闘っぷりが痛々しい」内容です。2巻の兄・京介は物理的に痛かったでしょうし(-_-;)。

率直に思った事は「こんなクソ生意気なメスガキを庇う義理なんてどこにある?」でした。私だったら2巻で桐乃がパパに叱られてるシーンで「うはwwwwwざまぁwwwww」、パパが桐乃の部屋をガサ入れしようとしたところで「どーぞどーぞww」とメシウマ状態になっちゃうでしょう。我ながらイヤな奴だな(笑)

でも、京介は自身がパパに殴られてでも桐乃のプライバシーを護りました。もんのすごーく今後家の中での立ち位置が微妙になりそうなのに、それでも。
多分にそれは桐乃が京介の「妹」だからなんだろうな、と。自身を蔑む嫌な存在ではあるけど妹である以上庇護せずにはいられなかったのでしょう。1巻冒頭での「拾ったDVD」以降の話の流れから、京介の取る行動が桐乃を庇うというストーリーの流れに不自然はありませんが「妹を護る兄」という構図がここではっきり読者向けにアピールされている感じを受けました。

ぼちぼち3巻以降も揃えたいと思います。

話は少し変わりまして。
父の生前の話になりますが、私の叔母(父の妹)の娘さんらの剣道の防具を、私の実家が活動場所である体育館に隣接しているからということで実家に常備させてほしいという叔母の要請を、父が母に相談せず勝手に受けてしまって少しモメたことがあります。
装具の運搬や手入れも武道の一環であり、便利だからと家に常備させるのは甘やかし以外の何でもなく、かつてラグビーで県下に鳴らした父にしては非常に安請け合いしたものだと強く指摘したら「それでも妹のお願いは断れなかった」と口にしました。
私は父に「スポーツマンシップを教える事は年長者の仕事だ」と意見し、母と父の間で意見の取り交わしもあったと思いますが、結局この話は無かった事になった様です。そのせいで母は叔母に相当恨まれていると思いますが、父の死を契機にもう父の親族とは精神的にも法律的にも縁を切っている(姻族関係終了届を提出済)ので母の勝ち逃げで決着しているでしょう。

生々しい話になっちゃって申し訳有りません(^^;
と、まあ……何なんでしょうね、この「妹」っていう存在は。世の諸「兄」を理屈無しに突き動かす何かが有るんでしょうかね?
2名の弟しかいない私にはとっても不思議です(^^;

|

« SEの心得@ハートマン軍曹 | トップページ | そういや明日は成人の日ですが »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「お兄ちゃん、だーいすき」と弟に懐かれたら、弟のために命がけで戦うかっこいい兄がいてもおかしくないでしょう?

まあ、リアル妹がいたり、自分がリアル妹だと「ああ、妹に幻想持ちすぎ」となるんでしょうが、世の中にはそうじゃない人が多いんでしょうねえ。

投稿: あまの | 2013年1月12日 (土) 13時19分

→ あまのさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
幸か不幸か私の弟2人は私より断然優秀なので小さい頃から私を頼って来ることはなかったのです(^^;
それでも何かのはずみで弟等が父母とモメるのは良い気がしませんで「アレはアレなりに頑張ってンだし」と口出ししたことは何度かありますが……京介のソレも似た感覚でしょうか?

ちなみに妻は「妹が居ても別に何も面白おかしい事とかは無い」だそうです(^^;

投稿: いぶき | 2013年1月12日 (土) 22時32分

 原作小説を実兄に進められて(アニメ化の話が出る前に)2巻まで読んで、京介の不遇に耐え切れずに読むのを止めた私が通りますよ…

 取り敢えず、アニメは一通り見て、第1期のEDは原作通りでは無い旨実兄(こっちは全巻読破)から聞いた上で、NET配信のTrueEND版12話以降を視聴して第2期待ち状態ではあります
(メディアは当然買ってません)

 私は二人兄弟の二男で下は居ないし上は兄だけですが…まぁ兄弟仲は悪くないかな
 妹は…リアル妹の居る知人・友人は全て「妹なんざ良いモンぢゃねぇ」と口を揃えて云いますので、現実はそんなモンなんだろぉなぁ…と漠然と思っています

 エロゲやエロ漫画では血の繋がりの有無に関係なく妹とデキる話は多く有りますが、現実には(やっぱり血の繋がりの有無に関係なく)かなり希少例でしょうしねぇ…
 まぁ、妹の友達を紹介して貰う…が、精一杯でしょうが、その場合も妹がその友達と喧嘩したら板挟みとか、面倒事は有るでしょうしね

 まぁ、居て「良い」モノで無いのならば、居なかった事の幸福を噛み締める事にします

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年1月15日 (火) 13時43分

→ まったけちゃん

こんばんは。コメントありがとうございます。
一つ屋根の下で生活するとはいえ取り巻く環境が男子と女子だとあまりにも違うものがあり、まして血縁だと(多分に本能的なものと思われる)拒絶反応が出るでしょうから、それらを乗り越えて成人向けゲームの様な状況とはなかなか成らないだろうなとは思いますが……。

友達の妹が自分に好感を持っているのを友達が気に食わない、というのは逆によくある話と思います。ハタから見ている分には面白いんでしょうけど、妹の兄貴は気が気じゃないでしょうね(笑)。

「妹」は憧れで留めておくに越した事は無いってことですね(^^;

投稿: いぶき | 2013年1月15日 (火) 21時20分

ども、目黒のさんまです。
「妹」と言うのは、幻想の世界か二次元の世界だけに留めておくべき存在でしょう。現実は、ロクなモノじゃないです。彼女でも酷いのに。orz
東南アジアに行けばまだ別でしょうけれど、今の日本ではわがまま放題に育った女しか現実にはいないので、スルー推奨です。とゆーか、女性とケコーンしたいぶきさんは、特殊能力者と考える自分が居ます。www

投稿: 目黒のさんま | 2013年1月17日 (木) 11時11分

→ さんまさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

妹とは不仲なのは実は兄の誤解で単に妹はツンデレだった……とかならまだ救いが有りそうですけど、それはバーチャルな世界でしか期待できないものなんですかね~(^^;

自分のワガママを通さずに日々過ごせる人はまずいないと思います。異性に限らず人と暮らすことは意見の衝突が避けられない前提で、考え方は色々あるかもしれませんが、価値観の共有がある程度図れればパートナーの性格や嗜好の違いは気にならない、と私は考えます。

結婚については、私はたまたま良いタイミングで妻に拾ってもらえたのだと思います。

私の特殊能力……無茶無謀・暴飲暴食・猪突猛進、でしょうか? ただのバカかもしれない(^^;

投稿: いぶき | 2013年1月17日 (木) 22時26分

海外直営店直接買い付け!
品数豊富、色々な選択があります。
世界一流の高品質
アルマーニ 服 スーパーコピー 2ch https://www.copyko.com/chanelbw-a50080-2_r2725.html

投稿: アルマーニ 服 スーパーコピー 2ch | 2024年5月26日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「妹」とは如何なる存在なのか謎です:

« SEの心得@ハートマン軍曹 | トップページ | そういや明日は成人の日ですが »