« USTREAMで観戦 | トップページ | ルノー・メガーヌRS »

2013年2月18日 (月)

10年前のヨルダン vs. 日本

来月25日にアンマンで開催されるヨルダン戦に勝利すれば、サッカー日本代表は2014年のワールドカップの本大会に進出します。

今からほぼ10年前のアジアカップでは、日本はそのヨルダンとアジアカップの準決勝進出を掛けて中国の重慶で激突しています。

PK戦中、もの凄いブーイングが巻き起こっていますが、このブーイングの主のほとんどは中国の観客です。重慶で開催しているので当然と言えば当然ですが、この準々決勝のヨルダン戦はWikipediaの記述を見る限りだと本当に日本への風当たりが凄かった様です。

そんな「完全アウェー」の中、日本はPK戦で2本外しますが、この試合の日本のGK・川口選手には本当にGKの神様が降臨したんじゃないかっていうくらいよく当たっていました。

PK結果        
日  本 ××○○○|×○ 4
ヨルダン ○○○××|×× 3

PK戦での2本失ってからの逆転勝利なんてもう今後私が生きているうちはお目に掛かる機会が無いんじゃないかと思います。

その後日本は準決勝でバーレーンを、決勝で開催国・中国を破って優勝しました。前回のレバノン大会に続いて、連覇となります。
大会最優秀選手は(ヨルダン戦でのPKを外しておりますが)日本の中村俊輔選手でした。

そんな過去の熱い戦いを振り返って、来月のヨルダン戦への想いを馳せてみたりします。

でもまあ代表なんかよりJリーグ。
早く開幕してくれ〜(^^;
今年は、2試合くらいはスタジアムで観戦するぞー!川崎と横浜FC……かな?(^^;
あとJFLの福島ユナイテッドの試合も神奈川へアウェー遠征に来るなら観に行きたいです。

|

« USTREAMで観戦 | トップページ | ルノー・メガーヌRS »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

セルフコメでアレですが(笑)、そういえばこの試合は三都主選手がPKを外した後に宮本選手がレフェリーへエンドの変更を交渉して、結果エンドが変わるんですよね。そこから川口選手大活躍って流れになっていくワケで。

投稿: いぶき | 2013年2月18日 (月) 22時50分

バランスを取るためにもう一度セルフコメ。
この動画を観ただけでも当時の緊迫感はある程度伝わってきますが、中国開催ということで日本戦が行われる都度、日本代表選手・日本人サポーターに現地サポーターから罵声が浴びせられ、モノが投げつけるられ、決勝戦では試合終了後に日本代表選手のバスが現地サポーター・観客に取り囲まれるという非常事態もあった様です。
ここまでくると最早この大会はサッカーを媒介したナショナリズムの戦い……と言っても過言ではないでしょう。多分に「絶対に負けられない」と日本でTV観戦していた日本人は結構いたんじゃないでしょうか?だからこそヨルダン戦勝利は溜飲が下がり、勝利をたぐり寄せた川口選手の土壇場での驚異的な集中力に「サッカー選手はかくあるべき」と私は関心を寄せる次第なのです。

投稿: いぶき | 2013年2月18日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年前のヨルダン vs. 日本:

« USTREAMで観戦 | トップページ | ルノー・メガーヌRS »