« ルノー・メガーヌRS | トップページ | 週末の予定は »

2013年2月20日 (水)

算数はヒラメキとリフレッシュ

「7+7÷7+7×7-7=?」→ 92%の回答者が間違うらしいです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1302/19/news077.html

ぱっと見で、正解が出なくても1+49は判りそうなモンです。

「バットとボールはセットで1ドル10セントします。バットはボールより1ドル高い。ボールはいくらですか」→ 5割の学生が誤答するらしく、ボールを10セントと回答すると間違いです。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52047106.html

バットをx、ボールをyとして
バット+ボール=1.1USDだからx+y=1.1 --- (1)
バットはボールより1USD高いのだからx=y+1 ---(2)
(2)を(1)に代入すればy、つまりボールがいくらか解ります。

今日は胃痛でダウンしていたのですが、息子と上記の様な算数の話をして、少しリフレッシュできました。
回答そのものを当てるとかではなく、閃いた回答が正解なのはどうしてなのか、回答を導き出そうとするとどうして時間が掛かるのか、何で安易にボールは10セントと回答する人が出るのか、意見の交換が楽しかったです。

これで来週の胃カメラも我慢できると思います(^^;

|

« ルノー・メガーヌRS | トップページ | 週末の予定は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 昔、業務でデータベース用のマクロを結構組んでました…DOS時代は職場(自分の課だけだけど)のPC環境は一手に整備してました

 その際に、PC使いは魔法使いである…と、公称したモノです
 出来る事の組み合わせで『一見出来ない事』を出来る様にして見せる…と云う意味で使ってましたが、数学ってそういう事なんですよね

 一見出来ない事を『出来ない』と切り捨てるのではなく『どうやったら出来るように変形できるか』を考える学問なんで、実際パズルと同じです

 事実、私の母校(高校)の数学教員は四則計算を良く間違えました
 『単純な計算は算数の問題、数学はその考え方を考察する学問だ』と云うのがその教員の云い分でしたが、実際、そうなんだと思います

 私も職場で、10年以上年の離れた大先輩に以前『君の様な論理的に整理した思考の持ち主が居るなら、その職場は安心だ』と云われた事が有りますが、数学的思考を忘れなければ、そう難しい事ではない筈なんですがねぇ…

 ただ、最近は語学的思考(矛盾してる様ですが、語学…文学とかって結構、論理飛躍するんですよね)の人間が職場に多いのか、ソリが合わない場所が多いのが悩みですがwww

投稿: 毘沙門天松茸 | 2013年2月21日 (木) 10時44分

やってみた

100円均一の電卓で順に叩いて→ 56


次にunixシェルの expr コマンドで。
(注:"\*" は書式の都合上)

>$ expr 7 + 7 / 7 + 7 \* 7 - 7
50


PHPでも

print 7 + 7 / 7 + 7 * 7 - 7;

で、50 と。


なるほど〜。

投稿: 大谷田橋 | 2013年2月21日 (木) 16時03分

→ まったけちゃん

こんばんは。コメントありがとうございます。
『単純な計算は算数の問題、数学はその考え方を考察する学問だ』というのは、上手いコト言った感じですね〜。考え方の考察は、証明に至るまでにどの様なプロセスを踏むか、そこを議論するのが大事なんですよね。
だから息子には、大きい解答欄には解答者の意図を見たいという出題者の想いが込められているのだからマークシートでもない限り何か書いて埋めろと言っています。

投稿: いぶき | 2013年2月21日 (木) 22時14分

→ 大谷田橋さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
普通に素のまま電卓を叩くと56になりますね。会社で使っている普通の四則演算電卓だとそんな感じ。
関数電卓はちょっとしたプログラムみたいなものだから、キチンと50を示します。
[7+7/7+7*7-7]でググるとしっかり50が検索結果として出力されます。

投稿: いぶき | 2013年2月21日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数はヒラメキとリフレッシュ:

« ルノー・メガーヌRS | トップページ | 週末の予定は »