« ドリキャス背負った…… | トップページ | ラ・セーヌ? »

2013年4月 6日 (土)

心配するのは浦和よりも磐田?

ジュビロ磐田・前田選手に、ついに2013年シーズンのゴールが生まれました。対戦相手は浦和レッズです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130406-00000126-spnannex-socc

ご存知の方も多いと思われますが、前田選手にシーズン初ゴールをキメられたチームはJ2へ降格するというジンクス、いわゆる「デスゴール」が注目されています。
でもさすがに、今シーズンの浦和がJ1からJ2へ降格する事態は起きないのではないか、と私は勝手に考えています。

と、いうのも、浦和は5試合消化して勝点13。2012年シーズンにJ2降格が決まったチームの勝点は最終節で39でした。仮に同じ勝点が降格ラインとすると、この後浦和は勝点26しか得ないということになり、それは残り29試合で……例えば8勝2分19敗という極端な不調に陥るもの、となります。
今の浦和のノリからするとそれはかなり考えづらいです。

また、前田選手のデスゴールを皆がカウントし始めたのは2007年から。ちなみに変遷はこんな感じ。

2007年:甲府
2008年:東京V
2009年:千葉
2010年:京都
2011年:山形
2012年:G大阪

2006年以前の前田選手のシーズン初ゴールデータはどうか、というと、
2006年:甲府 ……15位
2005年:浦和 …… 2位
2004年:G大阪 …… 3位
2003年:横浜M ……優勝
(2002年以前は省略)

浦和が入っているんですよね(笑)2005年に前田選手のシーズン最初のゴールを与えていますが、残留争いとは無縁の成績でした。
2007年シーズンに降格した甲府は2006年も残留争いを行っていたので戦力的に前田選手のゴールとは関係無くチーム力が苦しかったものと推測します。

ただ、2004年に前田選手へシーズン初ゴールを献上しているG大阪は2012年シーズンでJ2降格が決まったので、2006年以前の初ゴールはノーカンとも言えます(笑)

浦和よりも、前田選手を擁する磐田の方が心配です。
5試合消化して勝点2っていうのは残留争いに巻き込まれるペースです。某巨大掲示板では呪詛返しで磐田が降格とか書かれていましたが……?

さて、どうなることでしょうか。

|

« ドリキャス背負った…… | トップページ | ラ・セーヌ? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心配するのは浦和よりも磐田?:

« ドリキャス背負った…… | トップページ | ラ・セーヌ? »