« Simple! 雀 Plus for Intel Mac | トップページ | トイレでメシとか、何だそれ »

2013年6月13日 (木)

フレーム選びは継続中

次のフレームですが、妻は年内買い替えの可能性もあるからリサーチしとけと私に言うものの、試乗出来る機会なんてシーズン中ほとんど無いのに一体私にどうしろと(笑)。

とはいうものの、リサーチしないとジャンボ鶴田ばりのジャンピングニーパッドが飛んで来るので……

Tsuruta

真面目に考えないと。

(1) 無難にトニー系

新東京サーキットでは最大勢力のフレーム。他のサーキットへ行けばフレームの百花繚乱なのにココだけはトニー系しか走っていないんじゃないのってくらいいっぱい。今息子が乗っているEXPRITもトニー系。
乗ればすぐ結果が出るフレームだけどちょっとのストレスでフレームが曲がっちゃうくらいヤワな感有り。

Tony

(2) 王道のビレル系

スプリントカートといったらコレでしょう、的な存在。各地のサーキットで一番台数の多いフレームというのが私の認識。ヨーロッパでの戦いで培われた赤いフレームと日本独自の進化をしたSLフレームがある。
このフレームで各地のSLレースを頑張るとスカラシップが付いて来る。

Birel

(3) コスパ最高のSodi

2011年モデルは30万円台半ばの売値で、しかも全日本選手権のチャンピオンになったので間違いなくコスパのいいフレームの一つ。2013年の価格設定はAskになっているのでどうかわからないけど日本に持って来てすぐに実績作ったという意味では買いなのかも。

Sodi

(4) 新興勢力のGP

去年から日本に再輸入。各地のサーキットで熟成が進められ、今年の大井松田では隼矢選手が駆りSSクラスで連勝中。今、手に入れてサーキットへ持って行くと唯一無二な存在になれる。

Gp11

(5) 本命のSWISSCORSE

息子のチームが日本の代理店業務を行う、スイス製フレーム。元々LEOの様な125ccエンジンに合わせてフレーム開発が行われているので、125ccエンジンに乗っている今こそ性能を引き出す機会となる……はず。セッティングのノウハウはチームに蓄積されているので一番安心して観ていられる。

20130414cc21275

さあ、我々の明日はどっちでしょうか?

他にも色々レーシングカートはありますが、いわゆるCRG系だけはちょっと選び辛いです。
ホイールのPCDが違ったりフレームのエンジンマウントの規格が違ったり、と今持っているパーツ関係を活かせずかなりの点数を買い替える必要が有るからです。流石にそれはちょっとツラい……(^^;
CRGにはとっても興味が有るのだけど。

|

« Simple! 雀 Plus for Intel Mac | トップページ | トイレでメシとか、何だそれ »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

GP乗ってる人間が言うのもアレですが、ビレルがいいんじゃないかと思います。
フレームに「ハリ」があるから蹴り出すし、上手く使いこなせば09年モデルの青ビ(32φ)なんかはコーナーでの踏ん張りがものすごいです。
個人的に柔らかいフレームは嫌いなので09年のビレルを例として出しましたが(笑)
あと、スイス製品はつくりがしっかりしてるので、CORSEも悪くないと思いますよ

投稿: 隼矢 | 2013年6月14日 (金) 23時22分

→ 隼矢さん

GP推しの立場のところ本音?をいただきありがとうございます(^^;
ウチのチームでも2007年の32φフレームがCORSEで一番良かったと言われているので、フレームが持つハリはかなりチームに良い印象をもたらした様です。

今は、どこも皆28φから30φを基幹商品にしているので、堅いフレームを好むドライバーには物足りない状況だろうなと思います。

投稿: いぶき | 2013年6月15日 (土) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレーム選びは継続中:

« Simple! 雀 Plus for Intel Mac | トップページ | トイレでメシとか、何だそれ »