« オランダ2−2日本 | トップページ | DIA-COMPE BL07 »

2013年11月18日 (月)

レーシングカート練習@新東京サーキット

予定通り、昨日は新東京サーキットで息子のレーシングカート練習に付き添いました。
五週振りの練習です。高校に入ってから学校行事やら部活やらで全然練習出来ず、オヤジとしてはもどかしいですが、仕方無いですね(^^;

家からの出発は普通通りでしたが、アクアトンネル手前の情報板で1km程度の渋滞が発生していると表示され、進入してみると「トンネル内で事故発生」のアナウンスが……。デミオにフィットシャトルが追突した感じでしたね。この事故のせいで新東京サーキットへの到着が5分程遅れました(^^;

天気は良く、多分時間が経つと厚着だと少し暑く感じるんじゃないかなーといった感じです。私は午前中の途中からTシャツになりました(笑)

クラス分けは4クラスで15分交代になります。息子は125cc枠で走行です。

Session AM1 : 重量をどうするか息子と相談し、チャレンジカップの160kgに合わせる。ブレーキをテーマに練習開始。38.3s/周がベストタイム。

Session AM2 : 気温が上がって路面のグリップも良くなって来た様で、38.1s/周をずっと刻む。しかし昨年のLEOチャンプは37.8s/周で刻んでいるのでその差が大きい(^^;

Session AM3 : ブレーキ練習継続中。38.1s/周がずっと出てタイムが向上しないのは多分タイヤのせいかも。ハタから見ていてブレーキ開始の位置が他車より手前なのが気になる。

昼休み : 昼寝。実はオヤジが一昨日昨日未明の地震のせいで十分眠れず体調がイマイチ。

Session PM1 : 7周目で38.1s/周が出て以降0.2〜0.4s/周でのラップタイム落ちが発生。DLのSL6はNTCを107周するといきなりグリップダウンするらしい。F1のピレリタイヤみたいだ(笑)次のセッション前にタイヤの左右を交換する。

Session PM2 : 前半で38.2s/周が出てからは前のセッションと同じ状況。もうこのタイヤはダメでしょうってことで次のセッションでは40LAP済タイヤを入れる。

Session PM3 : タイヤが温まったところで38.0s/周を記録、その後も38.0〜.1近傍でラップ。タイヤ効果は絶大だ(笑)。一応お題はクリアかなってことで最後のセッションはキャンセル。

ブレーキ練習はブレーキの効きが悪くなる時間がどんどん遅くなって来た様だと息子も言っていたので、成果は出ているみたいです。それがタイムに反映されれば言う事無いのですが、状態のいいタイヤを気温が下がり始めたPM3ではなく前のPM2に入れておけばもう少し良い練習になったかなとちょっと反省しています。ケチっちゃだめですね。タイヤは消耗品(約30k円/組)と思って割り切らないと、です。

息子の走りとは全然関係ありませんが、3.11以降どうしても地震に体が反応して、軽い地震でも体が揺さぶられると終わった後もまだ揺れている感じが抜けずに眠れなくなります。ナーバスで情けないですな orz

次はいつ走れるんだろう?もし仮にNTCCUPに参加するとなると前日まで練習出来ないので超ぶっつけ本番になるのですが、何の準備も無しに走れるレースではないのでNTCCUPも参加は無理でしょう。
……年内のレースは10月のチャレンジカップで終了かな〜?(^^;

|

« オランダ2−2日本 | トップページ | DIA-COMPE BL07 »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーシングカート練習@新東京サーキット:

« オランダ2−2日本 | トップページ | DIA-COMPE BL07 »