« 100km走ってみた | トップページ | 下部組織育成の意味とか色々 »

2013年11月22日 (金)

WYSIWYG for bicycles?

タイトルの「WYSIWYG」ですが、昔からMacintoshを持っている人には馴染みの深い言葉ですよね。
What You See Is What You Get ……和訳すると「見たままが得られる」です。

特に20年くらい前……もっとかな?23〜4年前は専用のDTP専用機かMacじゃないと製品のデータシートをこさえるのが結構大変な時代でした。DTPにおいてモニタに表示されていたものがそのままサイズもフォントも変わらずプリンタに出力されるというのは結構大事で、私なんかは数年経って導入されたWINDOWS PCでMacと同じ様なことが出来る様調整するのが大変だった記憶があります。
最近は目を吊り上げてDTPとかWebデザインとか叫ぶ人もいないでしょうから、そんな時代もあったんだなーって程度の話ですけどね。

さて、この「WYSIWYG」ですが、イタリアの自転車ブランドの一つ・チネリでもそのロゴを見掛ける事が出来ます。

20111028202131
20111028202133

http://d.hatena.ne.jp/dinosaur_blog/20131022/p1

自転車のWYSIWYGって何だろう?見たままが得られる、ってことは見ての通りでございますってことだから、見た目通りめっさ迅いですよって解釈すればいいでしょうか?(^^;
個人的には「モビルスーツ自転車の性能の違いが戦力の決定的差ではない」と思っているので、この自転車を見掛けたら猛追しちゃうカモですね〜(^^;

ンじゃ乗り味試してみましょうか、って思ってもフレーム単体で273,000円ってばちょっと手が出ないですね〜。最新のカンパのコンポと組み合わせると80万円コースとかですかね(^^;
まあ、プロやハイアマチュア向けの本格トライアスロンバイクですから私の様なビンボー人には羨望の眼差しを送るだけで精一杯です(^^;

さて、この週末は息子が部活で相模原へ行くのでカートオフです。
鈴鹿では先月流れてしまった全日本選手権の東西統一戦、新東京サーキットでは今年のチャレンジカップの最終戦が有ります。
参加する皆様、頑張って下さい(^o^)/
私は家でFUJIスプリントCUPをTV観戦しています(^_^;)

|

« 100km走ってみた | トップページ | 下部組織育成の意味とか色々 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WYSIWYG for bicycles?:

« 100km走ってみた | トップページ | 下部組織育成の意味とか色々 »